| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2006年03月16日

路上復帰も間近?

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : スタリオンの旅路 ]

かれこれ3年がかりの愛車スタリオン路上復帰計画もいよいよ大詰め(?)。作業の大半を費やしてきたフロント右フェンダーの、念願の上塗りにたどりついたので記念に。

まず下地完成ショット。


ガンメタ塗りはじめ。


クリアまでとりあえず完了。


いい感じに吹けてると思う。


残念なのはコレ。


本来ならここはベースカラーから研ぎ直しとなるかもしれないけど、いまは先を急ぎたい。ボディに装着後も修正は可能だ。まずは1日も早い公道復帰を目指して。

■翌朝追記:改めて見たら、やっぱり、この不器用なボクがオール缶スプレーで吹いたとは思えない素晴らしい出来栄え。残念なトコは乾燥してもやっぱり残ってた。ガンメタのフレークの問題なのかなあ〜と思ったが、日光の反射を斜めに見てみると、ん、たんなるユズ肌かも、だったら研げば直るかも。ひととおりの作業が終わったら、「How to 青空板金塗装(仮題)」とでもまとめてTipsを公開したい。塗装ムービー撮ったのでのちに公開予定。

■追記2010-09-11 11:56
当時は↑に書いたとおりイイ感じで吹けたと思ったんだけど、去年あたりから、塗膜の剥げというか欠けというかがブチブチと散見されるようになってきた。メタリックのフレークがはがれてしまったような、小さな欠け。クリアの吹きが不充分だったのだろうか。あるいはスプレー缶の限界か。寿命としたら3年程度は早すぎる。さてどうしようか。ルーフとボンネットの剥げがひどいので、優先度としたらそちらが先だけど、こちらはいったん地金を出してしまっているので、地金への影響(サビ)が心配だ。

⇒この記事をふくむカテゴリー [ スタリオンの旅路 ] もどうぞ。
at 00:28:24 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/vehicles/item_690.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

なかなか綺麗に仕上がってそうだね。 さすが3年の歳月をかけて熟成させただけある、フェンダーも人も。 最初から純正塗装を剥離しなければ良かったのに・・・なんてコトは今さらもう言わないことにしましょう。 純正色が缶スプレーで入手できるのは羨ましいです。 路上復帰待ち遠しいですね。 肝心の機関系や排ガスで落ちないよう祈っています。
posted by koga at 2006-03-21 20:15:29

うん。缶スプレー塗装でここまで仕上げられるとは思ってなかった。
> 肝心の機関系や排ガスで落ちないよう祈っています。
うへー、厳しい!
今日は反対側のフェンダーをはがした。予想以上のサビにびっくりしたけど、でも、サビ取りって気持ちいいなあ。
posted by fratdrive at 2006-03-21 23:03:37

>純正色が缶スプレーで入手できるのは羨ましいです。

純正色の型番さえわかれば、今は調合して缶スプレーを作ってもらえますよ。
大手ショップ(オートバックスとかハローズとか)にマシンが備え付けてありますから。
純正色の型番は、たいていエンジンルームのプレートに書いてありますし。
一缶1500円程度です。
検索してみるといいですよ。
posted by yashi at 2006-03-26 18:35:41

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

ニッチすぎる近頃のミニカー事情 - [ f ]原動機Blog
滅びゆく自動車… - [ f ]原動機Blog
思えば遠くへ来たもんだ… - [ f ]原動機Blog
電動スタリオン(動画) - [ f ]原動機Blog
愛車とともに老いる(ひさびさのスタリオンいじり) - [ f ]原動機Blog