| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2005年09月11日

秋空(?)のもと、3ヶ月ぶりのスタいじりの日

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : スタリオンの旅路 ]

5月21日のあと、ここには書いてないけど6月7日にやって以来、ほぼ3ヶ月ぶりに、愛車スタリオンの板金塗装作業をば、昨日やりました。


相変わらずのパテ研ぎです。こんなことを、もう一年以上やってます。1回の研ぎに、だいたい1時間かかります。再びパテを塗り、そして研ぎます。昨日はそれを3回やりました。

研ぎの力の入れ方もそうですけど、パテ塗りもけっこう慣れてきました。以前は、ビミョーな段差とかピンホールとかはうすづけパテに頼ってましたけど、今では、厚づけパテでかなり薄く塗れるようになってきました。パテとしての性能は厚づけパテのほうがやっぱりいい感じなので、極力、厚づけパテで仕上げたほうがいいみたいです。

ただ、秋空とはいえ気温が30度オーバー、練ったパテがすぐ固まってしまうのには困りました。

それから、油圧計が死んでます。油圧自体は問題ないみたいなので、おそらく、センサーかメーターか、あるいはそれをつなぐ配線か、いずれにしても電気系統のどこかの接触不良ではないかと。こちらも対処しないと。

■後日追記: at 2005-11-26


作業開始前。10時。


作業終了後。17時。

・3ヶ月ぶりなのにエンジンがすんなりかかり、アイドリングも良好なのは何故?
・いまさら気づいたんだけど、「仕上げ用パテ」とか「拾いパテ」というのは、プラサフの上にやるもの、だったのか。てっきり、ふつーのパテ→拾いパテ→プラサフだと思っていた。でも実際にやってみると、ふつーのパテ(厚づけパテ)でほぼ整形できるっちゅーか、整形すべきだということがわかった。

⇒この記事をふくむカテゴリー [ スタリオンの旅路 ] もどうぞ。
at 22:41:42 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/vehicles/item_563.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

ニッチすぎる近頃のミニカー事情 - [ f ]原動機Blog
滅びゆく自動車… - [ f ]原動機Blog
思えば遠くへ来たもんだ… - [ f ]原動機Blog
電動スタリオン(動画) - [ f ]原動機Blog
愛車とともに老いる(ひさびさのスタリオンいじり) - [ f ]原動機Blog