| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2005年05月22日

スプレーパテは厚塗り厳禁!でした…

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : スタリオンの旅路 ]

きのう、前回の続きを。天候やら仕事やらで約2週間ぶり。午前10時より開始。

スプレーパテ、よく見ると表面に無数の細かいヒビが。厚塗りのせいか。とりあえず、#120で研ぐ。
↓軽く研いだあと。色の濃いところがペーパーが当たったとこ。ひどいムラになっているのがわかると思う。


さらに研ぎこんでいき、シリコンオフで研ぎ粉を拭きとってみると、細かい素穴(ピンホール)がたくさん。ヒビも各所に。

ある程度研いだところで、ヒビは局所的に削りおとし、ホルツの薄づけパテを。


それを研ぎ、もう一度、ホルツの薄づけパテを。


ピンホールをマクロで接写。ひどいもんだ。


午後2時。手元に置いた温度計を見ると気温は30度。暑い。

それを研ぎ、こんどはAGコンビネーションフィラーを。ピンホール多発地帯にも塗る。


それを研ぎあげたとこ。


パテにピンホールやら多数。スプレーパテで埋められなかった。


地金露出部分にはホルツ薄づけパテを、それ以外にはAGコンビネーションフィラーを。


時間は午後5時。今日はここまで。

ピンホールなどのひどいとこを接写。


次回はこれを研ぐ。ピンホールはうれしくないので、できるだけ研ぎこむつもり。今度はプラサフを使おう。スプレーパテは、厚塗りをしたせいだとはいえ、大失敗。
たしかに説明書きには、
やや薄めにまんべんなく2〜3回くらい塗り重ねて下さい。
と書いてある。
しかし、使いづらいというのが実感。塗装面との距離や缶スプレーを移動させるスピードは経験を重ねるうちにほぼ一定になっている。それを、「やや薄めに」と言われても、変えられない。プラサフとまったく同じように吹いたつもりで、仕上がりがこうだ。一日まるまる無駄な作業に費やしたような徒労感が残った。

素人レストアラーには、時間がないんだ。

⇒この記事をふくむカテゴリー [ スタリオンの旅路 ] もどうぞ。
at 10:53:33 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/vehicles/item_441.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

ニッチすぎる近頃のミニカー事情 - [ f ]原動機Blog
滅びゆく自動車… - [ f ]原動機Blog
思えば遠くへ来たもんだ… - [ f ]原動機Blog
電動スタリオン(動画) - [ f ]原動機Blog
愛車とともに老いる(ひさびさのスタリオンいじり) - [ f ]原動機Blog