| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2005年03月12日

バッテリー交換

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : スタリオンの旅路 ]

冬は寒いので、クルマいじりは進まない。ここ埼玉県央エリアは、冬は都心より気温が低い。最高気温が10度を割ると塗装系は辛い。そのうえ、このあたりはピューピュー風が吹き荒れたりしてモノが飛ぶ。そんな言い訳をしつつ、気がついたら3ヶ月もほったらかしでゴメンよスタちゃん。

1ヶ月前の2月12日には、カルディナのブレーキパット交換をするために、スタちゃんを動かした。最初エンジン始動せず、ブースターケーブルをつないでかけた。

で、近所のビバホームでバッテリーを買った。75D23Rで税込\9,240、安いと思う。土浦にあるBM LINKという会社が販売している、韓国製のバッテリーだ。以前にも使ったことがある。

きょうはまずバッテリー交換。ちなみにこれまで使ってたバッテリーはわずか4Vしかない。新品バッテリーは13Vある。

しかし。新品に換えても、ウンともスンとも言わない。ん?おおもとが切れてるみたいだ。で、ココ(写真で指差し)がゆるんでたので、締めたらあっさりエンジン始動。


スターターは勢いよく回るものの、最初はE/Gゴボゴボ単発咳きこみ(意味わかるかな)、やや回転上げたらじき直った。

燃料タンクの内圧がかかってないのが相変わらず気になる。燃料キャップを外してもプシュなし。トランク内からポンプとかゲージとか見ても、下もぐってパイプ接続とか見ても、異状なし。E/Gルームもちゃんと配管ついてる。インジェクターへのパイプを外すと、プシュと軽くガソリン噴き出す。いちおうOKなのかな。

後日、タンクを下ろして接続とか中サビとか要確認。タンク内は以前にシーラー処理してあるけどちょっと心配。それと、インジェクターも再度バラしたほうがいいかな。Oリングが死んでてガソリンがジャジャ漏れだったのを、インジェクターごと交換してあるんだけど。

おまけ。
20050312-IMGP5648.mov(333.9KB)
スタちゃんのエンジン音ムービー。18秒。

エンジンルーム。


⇒この記事をふくむカテゴリー [ スタリオンの旅路 ] もどうぞ。
at 15:46:43 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/vehicles/item_400.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

クルマいじり、バイクいじりは人生の縮図である。 - [ f ]原動機Blog
ミニマム移動ツール"UBA"プロジェクト始めます! - [ f ]原動機Blog
春の陽射しと庭のGF250 - [ f ]原動機Blog
「ノリモノメイカー(ズ)」の時代が到来!? - [ f ]原動機Blog
ドイツ人が熱狂する自作の乗り物、エンジン付ビールケース(Motor Bierkisten, Beer Scooter) - [ f ]原動機Blog