| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2010年07月11日

空飛ぶ車“トランジション(Transition)”が規制をクリア、来年発売へ

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : 陸海空ファンビークル ]

さっき「アッコにおまかせ」を見てたら空飛ぶ車“トランジション(Transition)”の話題を伝えていた。
・車であると同時に軽飛行機であるが、あくまでも車。
・価格は1台(1機?)1720万円。
・アメリカですでに70人が予約済み。
・来年、2011年秋に発売予定。

で、調べてみた。


下記サイトから情報を整理してみた↓。

開発したのは米マサチューセッツ州のテラフュージア(TERRAFUGIA)社。MIT(マサチューセッツ工科大学)出身の5名のパイロットが中心になって2006年に設立。
この「トランジション」もしくは「トランジション・ローダブル・エアクラフト」はガソリンエンジンを搭載。乗車定員は2名。機能的には自動車よりも航空機に近い。
車としては最高速104km/hもしくは約100~110km/h、燃費12.7km/リットル。駆動方式はFF。
飛行機としては約185km/hもしくは160km/hで飛び、航続距離は約740km。ただし離着陸には滑走路を使わなければならない。
変身にかかる時間は約30秒、「オープンカーの屋根を閉めるのとほぼ同じくらい」だという。コックピットに乗ったまま、電動で左右に跳ね上げられた翼をセットすれば完了。全幅は約2mでガレージに収まるサイズ。
プロトタイプの初フライトは2009年3月。
今回、市販へのネックとなっていた重量についてFAA(米連邦航空局)が特例措置を認めた。米国の法律では軽飛行機(「ライトスポーツ」カテゴリー))の重量は600kg以下に抑える必要があったが、トランジションはこれをオーバーしていたが、FAAは水陸両用飛行機と同じ約650kgでの離陸が認めることにした。
ライトスポーツカテゴリーは、20時間の訓練飛行で免許が取得できる。

■参考サイト:
道路も空路もOK「空飛ぶ車」米で販売へ 1700万円 - asahi.com
空飛ぶ車、市販へ前進…米連邦航空局が特例措置 - Response.jp
「空飛ぶ自動車」実用化へ前進、米航空局の規制をクリア - CNN.co.jp (動画あり)

私見。自作飛行機「ウルトラクルーザー」は実際に見てみるとけっこう簡単に離陸する。翼が短いと滑走に距離が必要だという話だけど、短ければ軽量化できるし、もっと小さな空飛ぶ車の開発も可能ではないだろうか。また、当たり前だけど、飛行機は自力で滑走路を走って離陸する。ということはプロペラの推進力というのはかなりのパワーがあるわけだから、陸上もプロペラ走行でいいのでは。そのほうがやっぱり軽量化できるし。
飛行機なみの高い高度で飛べて、かつ、地上も地面すれすれを滑走するような「空飛ぶ車」はできないもんだろうか。地上の場合、低速では走行、中速域から徐々に路面から浮き出し、高速では滑走。タイヤは常に地面と接していて、制動は接地するタイヤで。ハンドリングもたぶんタイヤ。制動面に問題があるかもしれないけど、機体を軽くできればその分制動エネルギーも少なくて済むはずだし、機体が軽いということは移動エネルギーも少なくできる。エコという視点では移動エネルギーのダイエットは必須で、そのためには徹底した軽量化と空気抵抗の軽減、つまり限りなく飛行機になるわけで、だったら車が飛行機に進化すればいいじゃん、と、エアロトレインもイメージしながら構想。
※そういえばイルカペイントってのが六田登の『F』に出てきた。あれは空気抵抗を制御するハイテク技術ってことだったと思うけど。

■関連記事(当サイト内):
エコな高速輸送システム「エアロトレイン(AeroTrain)」

⇒この記事をふくむカテゴリー [ 陸海空ファンビークル ] もどうぞ。
at 17:10:04 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/vehicles/item_1659.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

クルマいじり、バイクいじりは人生の縮図である。 - [ f ]原動機Blog
ミニマム移動ツール"UBA"プロジェクト始めます! - [ f ]原動機Blog
春の陽射しと庭のGF250 - [ f ]原動機Blog
「ノリモノメイカー(ズ)」の時代が到来!? - [ f ]原動機Blog
ドイツ人が熱狂する自作の乗り物、エンジン付ビールケース(Motor Bierkisten, Beer Scooter) - [ f ]原動機Blog