| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2010年04月24日

ミャンマーの“手作り自動車”

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : 陸海空ファンビークル ]


今朝(2010年4月24日付)の朝日新聞9面「週刊アジア」に衝撃:x:の記事が載っていた。

「手作りカー ポンコツ野郎 頼れるやつだ」と題された記事。
エンジンは、むき出し。車体は角張っていて、フロントガラスや屋根は、雨季だけ取り付ける。恐ろしくポンコツに見えるが、エンジン音はやけに力強い。
ミャンマー(ビルマ)東部シャン州の少数民族地域では、人や農産物を荷台に満載したトラックをよく見かける。そのトラック、世界各国からかき集めた中古部品を組み合わせた手作りカーだ。
州都タウンジー近郊の村にあるハンさん(47)の工房は開業して10年余り。近くの町にある国産車工場に通い詰めて車の仕組みを研究。見よう見まねで製作を始めた。中国車のエンジンと日本車のギヤボックスやダッシュボードを使い、車体は鉄板から自分で作る。1台の製作期間は約1カ月。値段は日本円で70万円ほどで、すでに100台以上は作った。
軍事政権下で規制が厳しく、中古車輸入は政権にコネでもない限り至難の業だ。日本製なら20年前の中古ワゴン車でも500万円する。そこに手作りカーの需要が生まれる。
「いい道路なら60キロは出せる。ただし、速度計を付けるかどうかはオプション」とハンさん。10年ほど前にハンさんのトラックを買ったタンさん(38)は、「特に故障はないし、外国の車より、こっちの方がミャンマーの田舎に合っている」。車検を通る車ではないから、あまり遠出はできないという。(武石英史郎)
すごい:heart:

最後のとこを読む限り、「違法」ということになるんだろうけど:ase:。やってることは自作バギーと同じだ。

※知らない人のために説明しとくと、自作バギーは、自分で設計・溶接したフレームに、車やバイクの中古部品を組み合わせて作ります。公道走行しない以外はこのミャンマーの手作りカーと何ら変わらない。見た目はずいぶん違うけど。

世界はやっぱり広い。久しぶりにすごくわくわくさせられた記事だった。ありがとう武石記者!全文無断転載を許してちょ!

⇒この記事をふくむカテゴリー [ 陸海空ファンビークル ] もどうぞ。
at 13:52:31 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/vehicles/item_1652.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

クルマいじり、バイクいじりは人生の縮図である。 - [ f ]原動機Blog
ミニマム移動ツール"UBA"プロジェクト始めます! - [ f ]原動機Blog
春の陽射しと庭のGF250 - [ f ]原動機Blog
「ノリモノメイカー(ズ)」の時代が到来!? - [ f ]原動機Blog
ドイツ人が熱狂する自作の乗り物、エンジン付ビールケース(Motor Bierkisten, Beer Scooter) - [ f ]原動機Blog