| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2007年11月06日

現代に甦ったプロペラ自動車:Helicron No. 1

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : 陸海空ファンビークル ]


1932 Helicron
Originally uploaded by blindranger
うおおおーこれにはシビれた:!:こんなのが作りたかったんだ:heart:



1900年代のフランスは飛行機開発に多額の費用を投じたんだとか。で、プロペラパワーが乗り物を動かすのに最も効率的な手段と信じて、アントレプレナーらがプロペラカーを造ったんだと。プロペラ駆動車のこのHelicron No. 1は1932年製。フランスの納屋で2000年に発見されたモノで、1930年代からオーナーによって放置されていたらしい。発見されたときにはフルレストアが必要な状態だったものの、オリジナルパーツの大半を使ってリビルド。後輪操舵を可能にするためにフレームを前後逆にしたが、シャーシ、サスペンション、そしてブレーキはオリジナル。車重1,000ポンド(453kg)のHelicronには1980年代シトロエンGSの4気筒エンジンが積まれ、巨大な木製プロペラによって75mph(時速120km!)のトップスピードにまで達するとのこと。

以前から、ユニークな原動機付き乗り物を自作しようと、あれこれ空想をふくらませていた。走るサマーベッドとか。で、モーターパラのエンジンユニットを触らせてもらったことがあって、びっくりするほどすごいパワーだったし、以来、プロペラ駆動には興味あったんですよ。

いやー、なんだか勇気わいてきたなあ:hahaha:

ぼくの考えるプロペラ駆動のメリットは、タイヤを駆動させないから砂地でもスタックしにくいことと、わだちができにくいからウミガメにもやさしいオフロードバギーにできるんじゃないかってこと(あくまで浜の移動用を想定)。ただ、砂地だと少なからずパワーを食われるだろうし、かなり軽く作らないと走らないかもしれないけど。

ではプロペラ自動車の大先輩に敬意を表しつつ、写真を転載。












[Concept Carz, via deputydog]

deputydogには、他にも歴史的なプロペラ駆動の乗り物が紹介されてます。

■関連記事:
パラモーターのエンジンユニットを背負って地上で遊んでる人たち
プロペラバギーのラジコンが意外と速い!
バギーづくりは、まず構想から。

⇒この記事をふくむカテゴリー [ 陸海空ファンビークル ] もどうぞ。
at 22:24:19 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/vehicles/item_1050.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

クルマいじり、バイクいじりは人生の縮図である。 - [ f ]原動機Blog
ミニマム移動ツール"UBA"プロジェクト始めます! - [ f ]原動機Blog
春の陽射しと庭のGF250 - [ f ]原動機Blog
「ノリモノメイカー(ズ)」の時代が到来!? - [ f ]原動機Blog
ドイツ人が熱狂する自作の乗り物、エンジン付ビールケース(Motor Bierkisten, Beer Scooter) - [ f ]原動機Blog