| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2005年09月25日

[Podcast]自作飛行機「ウルトラクルーザー」取材記 (1/5)

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : 陸海空ファンビークル ]

※追記:動画復活&YouTube公開(2007/11/5)。

アメリカでは、ヒコーキを自分で作って自分で飛ばしてるヒトがけっこう大勢いて、彼らは「ホームビルダー」と呼ばれています。藤田恒治さん(東京都武蔵村山市、1949年生)もそんなホームビルダーのひとり。ここで紹介する「ウルトラクルーザー(UltraCruiser)」は、藤田さんの最新作です。
クリックで拡大
[クリックで拡大]

収録トークを17分半のMP3にしました。ポッドキャスティング対応です。約5MB。
トークを聴くには、下のファイル名をクリック。*22.05kHz/16ビット/ステレオでWAVE出力、午後のこ〜だから40kbpsでMP3出力。これでCD音質(128k)の1/3に落とせました。

ウルトラクルーザーは「ウルトラライトプレーン(ULP)」という免許不要のカテゴリーに属するものですが、オールメタルの美しい機体は、見た通り、小さいながらもホンマモンの飛行機そのもの。ガレージもない、決して恵まれた環境とは言えない中で、こんな素晴らしい機体を作り上げたなんて、にわかには信じられないほど。これは去年4月11日、藤田さんが会長をつとめる東京フライングクラブを訪れたときのレポートです。ウルトラクルーザーの飛行シーンはもちろん、藤田さんのホットな自作飛行機談義、そのほか関連情報などを満載してます。

クリックで拡大
[横に立っているのが製作者の藤田さん。後ろにあるのが機体を格納する特製のトレーラー。クリックで拡大]

まずはともあれ、飛行シーンをば。動画(4分弱)は↓をクリック。手がけのエンジン始動にはじまり、フライトから着陸まで、一連の様子が見られます。
フライト動画(ブロードバンド用)(127byte)
■追記:YouTubeに動画upしました(2007/11/5)。

キャプチャー静止画
[キャプチャー静止画]

続いて、収録トークを5分弱の動画にダイジェストでまとめてます。↓をクリック。
トーク動画(ブロードバンド用)(125byte)
■追記:YouTubeに動画upしました(2007/11/5)。


↓MP3音声やWMV動画に収録されてない内容もまじえて、写真&文章で誌面に再構成しました。

●小学生のときから"ヒコーキ大好き人生"

ホームビルダーの藤田さん
[飛行機に寄せるホットな思いを語る、ホームビルダーの藤田さん。何も知らないぼくでしたが、気さくにいろいろと教えてくれました]

「飛行機はクルマより簡単だよ、作るのは」と藤田さん。「ただ、命かかるからね(笑)。作るのも大変なんだけど、飛ぶのも大変なんだ。そんな危ないもの、テストしてくれって言ったって誰も飛んでくれないし、いきなり飛んだりできないからさ。おれだってステップアップ、ステップアップだもん。ウルトラクルーザーでもう6機目だもん」
そんなに作ってるんですか。
「人のまで入れるともう十何機作ってる。そのうち何機かは、まだ飛んでるよ」

これまで作った機体は手元には残ってないのだとか。
「金ないもん。作るでしょ、何年かでだいたい調整終わって、もうこの機体はいいってなると、誰か欲しい人がいれば売っちゃうんだ。作り始めて最初の頃、20年ぐらい前は、乗り換えて、材料を買うとおつりが来たんだけど、いまはもう、そんな時代じゃないから、処分できれば上等。前の機体を売って、次の機体の材料代が出ればいいほうだよね。そんなにやる人もいないし、置き場所のこともあるしね」

飛行機作りは飽きない、と言います。
「ずーっとやってるんだもん。小学生のときからずーっと、飛行機だけだもん。途中、クルマとかオートバイとか、あったけどさ」
そんな藤田さんが自作機作りを始めたのは、かれこれ30年前、ホンダエアポートのイベントを見に行き、そこで自作飛行機に出会ったのがきっかけだとか。ちなみにそこで出会ったのは、エクスペリメンタル航空機連盟の会長・濱尾豊さんの自作飛行機。濱尾さんは現在、図面から完全自作、実機の80%縮尺のゼロ戦を製作中です。

離陸した瞬間
[離陸した瞬間]

こちらのページによると、藤田さんはこれまで、ウルトラライトプレーンのフルキットを5機製作。その他、他人の製作手伝いは5機。今回、図面だけのキットからウルトラクルーザーを製作、図面から製作したウルトラクルーザーとしては世界で3機目(プロトタイプを含めて4機目)だとのこと。

こちらに続く

■関連記事:
自作飛行機「ウルトラクルーザー」取材記 (2/5)
自作飛行機「ウルトラクルーザー」取材記 (3/5)
自作飛行機「ウルトラクルーザー」取材記 (4/5)
自作飛行機「ウルトラクルーザー」取材記 (5/5)
自作の「空飛ぶ自動車」(津市香良洲町)
荒川、川幅日本一に。

⇒この記事をふくむカテゴリー [ 陸海空ファンビークル ] もどうぞ。
at 23:05:43 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/vehicles/item_569.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

空飛ぶ車“トランジション(Transition)”が規制をクリア、来年発売へ - [ f ]原動機Blog
ミャンマーの“手作り自動車” - [ f ]原動機Blog
「電動スクーター」中国から日本へ - [ f ]原動機Blog
特集「ここまできた 時代をつかむ電気自動車」(NHKニュースおはよう日本、2009年11月19日) - [ f ]原動機Blog
電動バイクの時代がやってきた!(&未来予測) - [ f ]原動機Blog