| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2008年12月10日

一人乗りの水上自転車"Performance Water Cycle"

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : 陸海空ファンビークル ]



メタボ対策に水上サイクリングなんていかがでしょう。Hammacherの“Performance Water Cycle”が、それを可能にします。この水上自転車、普通の自転車のようにペダルを踏むことで、カヤックを漕ぐように進むことができます。最高速度は7mph(時速約11km)ですが、それはたいした問題ではありません。これは、退屈な日曜の午後に湖をのんびり渡るとか、あるいは日々の運動のために作られたものです。ちなみに止まるときにはペダルを逆向きに踏み、向きを変える時は舵につながったハンドルバーを回します。船体はファイバーグラス、自転車のフレームはアルミ。お値段は2999.95$ポッキリ(約27万円)です。(以上、意訳)

販売元のコチラのページには動画もあるのだけど、うーむ、波に弄ばれている感じもあり、なにも無理しなくてもという気がしないでもない。

↓これ。


なお、販売元の説明によれば、
・速度はオリンピックの水泳選手なみで、普通のパドルボート(手こぎ?足こぎ?)より速い。
・3フィート(約1メートル)の波でも安定した走行が可能。
・喫水(ドラフト)は17インチ(約43センチ)。
・対応体重は350ポンド(約158kg)、対応年齢は9歳以上。
・寸法:全長90インチ(約2.2m)、全幅45インチ(約1.1m)、高さ54インチ(約1.3m)
・重量:75ポンド(約34kg)

[via Born Rich]

⇒この記事をふくむカテゴリー [ 陸海空ファンビークル ] もどうぞ。
at 10:58:57 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/vehicles/item_1259.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

空飛ぶ車“トランジション(Transition)”が規制をクリア、来年発売へ - [ f ]原動機Blog
ミャンマーの“手作り自動車” - [ f ]原動機Blog
「電動スクーター」中国から日本へ - [ f ]原動機Blog
特集「ここまできた 時代をつかむ電気自動車」(NHKニュースおはよう日本、2009年11月19日) - [ f ]原動機Blog
電動バイクの時代がやってきた!(&未来予測) - [ f ]原動機Blog