| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

[ f ]原動機Blog (新着順一覧)

2014年04月29日

クルマいじり、バイクいじりは人生の縮図である。

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : そのほか ]

(クルマいじり、バイクいじりとは、自分のクルマやバイクのメンテナンス、整備や修理のことを指すが、単に「直す」だけではなく、メンテナンスを通じたクルマやバイクとの触れ合い、といった時間を楽しむニュアンスを含む)

クルマやバイクをいじり始めてから、30年近くになる。最初はビンボーで修理に出すカネがなかったから自分で適当にやってた。途中からは、ディーラーの下手な修理や、バイク屋の横柄な対応に腹を立てたりして、なら自分でやる、と腹をくくったりした。今は、そこそこの経験値があるので、できることは自分でやるし、それもクルマ生活、バイク生活の大事な要素として、楽しんでやっている。

クルマやバイクを自分でいじると、その構造や状態をよく知ることになるから、業者まかせにしているよりも、ずっと安全な面があると思う。ただやはりそれは良し悪しで、充分なスキルや知識なしにいじるのはかえって危険だから、それを一般論として捉えるのはリスクがあるだろう。

いじってると、果たして自分がいまクルマやバイクを直しているのか、それとも壊しているのか、よくわからなくなることがある。わかりやすい例が、ネジの締め込みだ。正しく締めれば直していることになるが、砂を噛み込んだ状態だったり、斜めに締めこんだりすれば、ネジ山を壊すことになる。分解して再度組み付けるというのは正常な状態であればできるだけやらないほうが良く、分解組み立てのリスクを冒してでも異状に対処しなければならない時にだけにするべきだ。

人生、頑張れば必ず明るい未来が待っているとは限らない。時には、熱心に頑張った結果が、悪い未来を手繰り寄せてしまうことだってある。それはあくまで結果論。だからって何もしないのでは事態は打開できないのだから、最後はイチかバチかでトライしてみるのだ。失敗したら、当然、それまでに費やした努力は水の泡になるのだけど、まあ、それはそれで、しょうがないと思うしかない。

僕らは、そして人類は、前に進んでいるのかそれとも後ろに進んでいるのか、よくわからない。全ての努力が前向きに実るとは限らない。駄目な時もある。

頑張っても駄目な時もある、という一点において、クルマいじり、バイクいじりは人生によく似ている。
…というようなことを書きたくなっちゃたのは、多分歳をとったせいかな。

2014年03月15日

ミニマム移動ツール"UBA"プロジェクト始めます!

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : 自作の乗り物 ]


最初に発想(妄想?)したのは2011年7月、たしか湘南新宿ラインの渋谷駅でキャリーカートをガラガラ引っ張ってる人を見てたときだと思う。
キャリーカートが自走式だったら楽だなあと。

構想を温めながらも目の前の仕事に忙しく、というのは言い訳で、要は放置してたんだけど、ここのところ度々、そのイメージが脳裏に浮かんできて、ついに仮の名前も思いついたので、とりあえずイメージ図を描いてみました。

絵心ゼロだし描いてみてやや不気味でもあるんですが(だから気が進まなかったんですが)、だいたいこういう感じです:ase:
[ 記事全文 ]

2013年03月10日

春の陽射しと庭のGF250

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : GF250 ]


昨年10月に買ったGF250です。きょうはバッテリーを新調して、スターターが勢いよく回るようになりました。
こないだはオイルを新しくしましたし、少しづつ、普段乗りにできる実用のアシにしていきたいと思います。

ぼくが大学生だった頃に発売された「クォーターマルチ」、当時憧れのバイクでした。このカラーリング、この音!(1985年3月発売ですから、もう28年前。月日の経つのは早いものです)

低速のトルクがないのはアレなんですけど、実用速度域では充分気持ちよく走れます。

※背後に見えるのはスバル・ドミンゴと三菱・スタリオンです。

2012年11月13日

「ノリモノメイカー(ズ)」の時代が到来!?

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : 自作の乗り物 ]

ぼくのfront pageに、
次世代ノリモノの研究開発プロジェクト「ノリモノメイカー」を主宰
と書いた。これは、これまで続けてきた「自作バギー道楽」の発展構想。いまのところは構想どまりで、やったことといえば関連ドメインを確保したぐらい。内部メモ的にいろいろアイデアを温めたり情報を集めたりはしている。

「メイカー」というのは知ってる人は知っている、「Makerムーブメント」からとっている。ただ、Makerムーブメントのことをよく理解しているわけではないんだけど。

で、けさの朝日新聞。まずp8経済面の経済気象台では「多様なクルマを楽しむ」と題して、日本にも多様なクルマを楽しむ文化があれば、
個性の数だけ夢は膨らみ、夢を追う若い世代が将来の産業の担い手となる。
困難は多くても、夢を語り、多様で個性的なクルマをつくって楽しむ場の育成が、自動車産業大国の地位を発展させていくうえで必要だと思う。
と説く。



最後の「自動車産業大国の地位」なんてとってつけたようなものは要らないと思うけど、主旨には賛同。また、ノリモノをつくるという行為は、受験で満点をめざすのと同様、1つの完成形に限りなく近づければ近づけるほど「ヨクできました」となるのではなく、多様な着地点に向かって飛んだり跳ねたりするようなハチャメチャに「拡散」していくべきだと思うし、国土交通省が音頭をとる超小型EVも大手自動車メーカーが開発を主導しているようではまだまだだとも思う。

そしておなじく朝日新聞p35文化面には『フリー』のクリス・アンダーソンのインタビュー記事。最近『MAKERS─21世紀の産業革命が始まる』という本を出したということで、記事には「ものづくり 民主化の波」「私的な工作からビジネス」「大量生産の独占終わる」といった見出しが書かれている。



以前買って机の棚に置いてある、Makerムーブメントの中心人物の書いた『Made by Hand ―ポンコツDIYで自分を取り戻す』では、著者マーク・フラウエンフェルダーの体験記を通して「Makerとは何か」とその本質に迫っている(=プライベートな事象)のに対して、クリス・アンダーソンが書くと社会変革調(=社会的な事象)になってしまうのが面白いといえば面白い。

まあ、日本には「オールドタイマー」という、かなり似てるけど出自の違う独自文化はあって、ぼくはそちらの洗礼を受けたタイプではあるんですが。

そろそろ、こういう時代が来てる感じですね。「ノリモノメイカー(ズ)」もそろそろ本格始動しないと。

2012年01月19日

ドイツ人が熱狂する自作の乗り物、エンジン付ビールケース(Motor Bierkisten, Beer Scooter)

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : 自作の乗り物 ]

ビールケースにエンジンを搭載、それに乗って走るという、かなり面白いハンドメイドの乗り物がドイツにあります。各地でレース(Bierkistenrennen,Motor-Bier-kisten-Rennen)も行われていて、相当な盛り上がりを見せているようです。

コチラのサイトには2010年にドイツのホーエンタン(Hohenthann)というところで行われたレースの画像がいっぱいありましたので、何枚か拝借しました。

まずはビールケースに収まったマシンの外観。みんな、Hohenthannerってビールのケースを使ってます。地元のビール会社が町おこしのイベントにスポンサードしてる形なのかな。

[ 記事全文 ]

2011年11月21日

アマチュア乗り物ビルダーの生きる道:EVはアマチュアのためにこそある!?

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : 自作の乗り物 ]


IMGP6123
Originally uploaded by frunderbird
先日の休みの日、秘密基地に行ってました。

筑波サーキットのとなりにあるATG・オートルックツクバガレージの貸しガレージに、250ccの自作バギーや、広島の師匠からいただいた50ccの手作りゼロハンカーが格納してあります。ガレージの奥にはオーバルダートコースがあって、時々走らせてもらっています。
久しぶりにゼロハンカーを走らせようと思っていて、まずは去年ヤフオクで買った別のCB50エンジンに換装する作業をすすめているところです。

そしたら、「これ、自作なんですか?」と、いくつか向こうのガレージの方から声をかけられて、いろいろと世間話をしました。その方は学生フォーミュラの製作指導をしていたことがあるということで、どこかの学校の先生のようでした。いろいろと話をさせていただいたのですが、いちばん印象に残ったのは、「学生フォーミュラの衰退」についてです。

ぼくらの自作バギーも学生フォーミュラも、素人が乗り物を作っているという点では同じなのですが、学生フォーミュラの場合、卒業したOBが就職先の自動車メーカーとかからプロのノウハウを持ってきちゃうんだそうです。まあ、レベルアップにはなりますよね、間違いなく。でも結局、学生フォーミュラと言いながら、ほとんどプロが作ったに等しい、モンスターみたいなマシンが出来上がっちゃったと。
その方は「衰退」という表現を使っていたと思いますし、話を伺った僕も、それは衰退だと感じました。

ゼロハンカーの大会も似たような経緯をたどりました(ちょっと違いますけど)。もともとは町おこしのイベントとして始まって、最初はほんとに普通のお父さんが自宅の軒先で作ったような素朴なマシンとか、6輪車とかの奇抜なマシンとかがあって、わいわいガヤガヤと楽しくやっていたようです。実際、最初の頃はスタート直後にタイヤが取れちゃうマシンとかが続出して、完走するのも大変だったと聞きました。でも、レースで勝つのはそういうマシンではない。結局、回を重ねるたびに、板金屋さんとか自動車ディーラーとか、プロの技術や施設を持つチームが生き残っていきます。当然ながら、そういうとこはノウハウを蓄積していき、トラックに何台も積んで会場にやってきます。一方で徒手空拳の「軒先ビルダー」は何もかもが敵わないので、次々に辞めていきます。…そして次第に、一部のマニアックな有志の集まりとなっていきました。ノウハウが蓄積されるほど、多様性は排除され、敷居の高いコンペティションになっていったのです(ちなみに、ゼロハンカーは50ccという非力なエンジンを使っていることから、普通のレーシングマシンとは違ったノウハウが求められます。過去に何回かワークスが参戦したのですが、一台も勝てなかったみたいです)。

※手作りゼロハンカーについては僕が以前つくったコチラのサイトをご覧ください。
(ところで今はどうなっているんでしょうか?)
[ 記事全文 ]

2010年07月11日

空飛ぶ車“トランジション(Transition)”が規制をクリア、来年発売へ

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : 陸海空ファンビークル ]

さっき「アッコにおまかせ」を見てたら空飛ぶ車“トランジション(Transition)”の話題を伝えていた。
・車であると同時に軽飛行機であるが、あくまでも車。
・価格は1台(1機?)1720万円。
・アメリカですでに70人が予約済み。
・来年、2011年秋に発売予定。

で、調べてみた。

[ 記事全文 ]

2010年04月24日

ミャンマーの“手作り自動車”

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : 陸海空ファンビークル ]


今朝(2010年4月24日付)の朝日新聞9面「週刊アジア」に衝撃:x:の記事が載っていた。

「手作りカー ポンコツ野郎 頼れるやつだ」と題された記事。
エンジンは、むき出し。車体は角張っていて、フロントガラスや屋根は、雨季だけ取り付ける。恐ろしくポンコツに見えるが、エンジン音はやけに力強い。
ミャンマー(ビルマ)東部シャン州の少数民族地域では、人や農産物を荷台に満載したトラックをよく見かける。そのトラック、世界各国からかき集めた中古部品を組み合わせた手作りカーだ。
州都タウンジー近郊の村にあるハンさん(47)の工房は開業して10年余り。近くの町にある国産車工場に通い詰めて車の仕組みを研究。見よう見まねで製作を始めた。中国車のエンジンと日本車のギヤボックスやダッシュボードを使い、車体は鉄板から自分で作る。1台の製作期間は約1カ月。値段は日本円で70万円ほどで、すでに100台以上は作った。
軍事政権下で規制が厳しく、中古車輸入は政権にコネでもない限り至難の業だ。日本製なら20年前の中古ワゴン車でも500万円する。そこに手作りカーの需要が生まれる。
「いい道路なら60キロは出せる。ただし、速度計を付けるかどうかはオプション」とハンさん。10年ほど前にハンさんのトラックを買ったタンさん(38)は、「特に故障はないし、外国の車より、こっちの方がミャンマーの田舎に合っている」。車検を通る車ではないから、あまり遠出はできないという。(武石英史郎)
すごい:heart:
[ 記事全文 ]

2010年01月31日

「電動スクーター」中国から日本へ

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : 陸海空ファンビークル ]

けさNHK「おはよう日本」で7時30頃からやっていた、NHK岡山のレポートの内容をメモ。

タカハシカメラを経営する岡山県倉敷市の高橋廣道さん。今年から中国製スクーターの国内販売。

・時速30キロ
・家庭用コンセントで充電
・1回の充電で60キロ走行
・販売価格は20万円以下
・ガソリン車と比べて10分の1の費用(燃費、経費すごく安い)
・原付免許で運転可

生産元は中国大手メーカー「緑源」、年間50万台を生産。
高橋さんはPSEマーク取得の要請(充電器に)。この春からPSEマークがついたものが出る。

スタジオでの解説。
電動スクーターはこの他にもさまざまな動きがある。日本ブランドでモーターを中国で生産、それを輸入する。去年の東京モーターショーでは国内大手メーカーが電動スクーターを発表(=ホンダの電動カブのことだと思うけど)、今年夏発売。
[ 記事全文 ]

2009年11月19日

特集「ここまできた 時代をつかむ電気自動車」(NHKニュースおはよう日本、2009年11月19日)

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : 陸海空ファンビークル ]

今朝の「NHKニュース おはよう日本」で、特集「ここまできた 時代をつかむ電気自動車」というのをやっていたのでその概要。

まずサイトによれば、
走行距離が短いとされてきた電気自動車だが
今週、充電なしで550キロの長距離走行を実現
さらに町工場やレーシングカー専門企業も参入
”新時代の車”をめぐる新たな動きをリポート
とあります。

ぼくがOAを見たのは朝7時台。

まず長距離走行のネタ。個人的には電気自動車(EV)は近距離専用と割り切ったほうがいいと思っているのでこれにはあまり興味なし。

次にタケオカ自動車工芸の電気自動車「ミリューR」。タケオカは少なくともぼくにとっては有名企業なので説明省略。

そしてダイハツハイゼットデッキバンをベース車に電気自動車にコンバートした田中精彦さん。ガソリン車を時代遅れと感じたのだと言います。同感。改造費約75万円(車体含む)。車検も通り公道も走れます。

そしてEVコンバートをビジネスにしたタジマモーターコーポレーション。放送では費用は約100万円、これはええと…モーター代含む、だったかな?(記憶おぼろげ)。で、日刊自動車新聞(2009.11.11)を見ると、この「EVコンバージョンキット」、
バッテリーを除いたコストは「100万円を下回る」
ということです。EV化の対象はガソリン貨物車。バッテリーはリチウムポリマー電池で、充電時間は約8時間、航続距離はフル充電で約100km。ルーフには充電補助用ソーラーパネル設置。最高出力は140wとあるけど最高時速は書いてないんでわかりません。

さいきん、「さよならエンジン、ようこそモーター」という気分です。エンジン車はバブル期あたりに完成してしまった感があり、それはそれで素晴らしいことですが、電気モーター車は構造のシンプルさ、それにともなう製作とメンテナンスの簡単さと、参入障壁の低さ…いろんなメリットがあると思います。これまでのガソリン車ではありえなかった新しい発想、斬新なデザインにも大きく期待したいです:-P
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 10 | 11 | 12 || Next»