| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

全ブログ新着順一覧

2011年04月04日

手作り風呂宮城へ

2011年04月01日

被災地で中小企業の技術が活躍

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : イイコト・ニュース社 カテゴリー : 国内ニュース on イイコト・ニュース社 ]

首都圏の中小企業が独自技術を使った製品やサービスで東日本大震災の被災地を支援する動きが相次いでいる。電力が不通の地域で工事をせずに手軽に使える移動式の太陽光発電装置や、同僚や家族と日々の状況を情報共有できるソフトウエアなどを無償で提供する。被災現場のニーズをくんだ、各社ならではの復興支援に知恵を絞っている。
照明機器製造の相光技研(相模原市)は相模原市が17日、友好都市の岩手県大船渡市に送る支援物資とともに、移動式太陽光発電装置を運んでもらい、大船渡市内の避難所に無償で提供した。
2メートル四方の太陽光パネルが5枚付き、折り畳めば移動も可能。昨春、主に野外イベント向けに開発したが、1世帯10時間分の電力が確保できる。避難所では照明やテレビの電源、携帯電話の充電に使われる。「1週間近く電気がなかった避難所の夜に明かりがともった時には、みんなが歓声を上げてくれた」(同社)という。
金属加工の松村機械製作所(群馬県太田市)は自社製作の小型風力発電機3台を、群馬県を通じて停電が続く東北地方の被災地に送る。設置場所が決まれば社員を派遣して発電機とバッテリーを据え付ける予定だ。
~中小の技術被災地で活躍、首都圏、支援に一工夫、移動式太陽光発電、情報共有ソフト。(2011/03/31日本経済新聞地方経済面東京)

[ 記事全文 ]

2011年04月01日

閖上の朝市復活「地震にも津波にも絶対に負けません」

イイコト・ニュース社、再開です。

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : イイコト・ニュース社 カテゴリー : おしらせ on イイコト・ニュース社 ]

しばらく仕事が忙しくて実質休止していたイイコト・ニュース社ですが、本日から再開します。

3月11日に発生した東日本大震災は未曾有の被害をもたらしました。津波によって多くの方が亡くなり、たくさんの町が丸ごと破壊されました。3週間たった今でも大勢の方が避難所暮らしを余儀なくされていますし、住み慣れた故郷を離れて集団避難した町もあります。福島第一原発も依然として危険な状況が続いています。

復興への道はかなりの長期戦になるでしょうし、これまで通りの生活に戻れないことも相当あるのではと思います。また今回の大震災は、直接被災された方々ばかりではなく、ここ日本に住む僕ら、そして世界に住む僕らにとっても、「これまで通り」からの変革を突きつけているように思います。それが何なのか、これからどう生きていけばいいのか、僕は僕なりに、考え続けていこうと思っています。

そして、僕にできることの1つとして、イイコト・ニュース社を再開することにしました。いま、「イイコト」が必要です。僕らを前に進ませてくれるのは、不安や恐怖ではなく、希望です。それはたぶん、前に進もうとしている誰かの姿だと思います。

昨日と同じ明日は来ないかもしれないけど、でも、昨日よりいい明日が来ることを信じて、そしてそれを次の世代に引き継いでいけるように、できることをやっていきたいと思っています。

なお、イイコト・ニュース社は今後活動の枠を広げることも視野に入れています。ご賛同、ご協力いただける方は、私あてにご連絡を。連絡先はコチラです。

2011年03月19日

放射線量基準データ

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : news on [ f ]ふらっとどらいぶログ ]



放射線量についての各種データをまとめてみました。画像をクリックしてください。
年間の数値は毎時に換算していますが、健康被害については、あくまで年間被ばく量で判断すべきと思われます。ご注意ください。

ソースは以下の通り。正確性の保証がないものも含まれています。日本(平均)、そしてブラジルのガラパリについては2つの異なる数値があります。

文科省…文科省のPDFより。
埼玉県…原発事故に関する本県での放射線量について - 埼玉県ホームページ
東大病院放射線治療チーム…ツイート「日本国民一人当たりの医療被ばくは1年間の平均で約2~3mSvです」から、2.5mSvとして計算。
世界の高自然放射線地域data…コチラより。

そして「健康に影響を与えるレベル」については、「人の発がんリスクが問題になる被爆線量は200ミリシーベルト以上。100ミリシーベルト以下ならば健康上の問題になるレベルではない」(朝日新聞2011/3/16朝刊32面」「Q.どのくらいの値で、健康への影響が出始めるのか。A.年間の被ばく量が100ミリシーベルトを超えないことを目安にしている。」(朝日新聞2011/3/17朝刊32面)から、100ミリシーベルト/年として、11.4マイクロシーベルト/時と計算。

なお、私はプロのリサーチャー(=情報取材の専門家)としてできるだけ正確な情報を伝えるようにしていますが、放射線については素人です。間違っている点もあるかもしれませんので、その点をご理解ください。できれば専門家の意見を伺いたいところです。

追記:2011-03-21 10:52
ここで「放射線量」と書いているのは「線量率」が正しいかもしれません。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |...| 241 | 242 | 243 || Next»