| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

全ブログ新着順一覧

2011年11月21日

アマチュア乗り物ビルダーの生きる道:EVはアマチュアのためにこそある!?

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : 自作の乗り物 on [ f ]原動機Blog ]


IMGP6123
Originally uploaded by frunderbird
先日の休みの日、秘密基地に行ってました。

筑波サーキットのとなりにあるATG・オートルックツクバガレージの貸しガレージに、250ccの自作バギーや、広島の師匠からいただいた50ccの手作りゼロハンカーが格納してあります。ガレージの奥にはオーバルダートコースがあって、時々走らせてもらっています。
久しぶりにゼロハンカーを走らせようと思っていて、まずは去年ヤフオクで買った別のCB50エンジンに換装する作業をすすめているところです。

そしたら、「これ、自作なんですか?」と、いくつか向こうのガレージの方から声をかけられて、いろいろと世間話をしました。その方は学生フォーミュラの製作指導をしていたことがあるということで、どこかの学校の先生のようでした。いろいろと話をさせていただいたのですが、いちばん印象に残ったのは、「学生フォーミュラの衰退」についてです。

ぼくらの自作バギーも学生フォーミュラも、素人が乗り物を作っているという点では同じなのですが、学生フォーミュラの場合、卒業したOBが就職先の自動車メーカーとかからプロのノウハウを持ってきちゃうんだそうです。まあ、レベルアップにはなりますよね、間違いなく。でも結局、学生フォーミュラと言いながら、ほとんどプロが作ったに等しい、モンスターみたいなマシンが出来上がっちゃったと。
その方は「衰退」という表現を使っていたと思いますし、話を伺った僕も、それは衰退だと感じました。

ゼロハンカーの大会も似たような経緯をたどりました(ちょっと違いますけど)。もともとは町おこしのイベントとして始まって、最初はほんとに普通のお父さんが自宅の軒先で作ったような素朴なマシンとか、6輪車とかの奇抜なマシンとかがあって、わいわいガヤガヤと楽しくやっていたようです。実際、最初の頃はスタート直後にタイヤが取れちゃうマシンとかが続出して、完走するのも大変だったと聞きました。でも、レースで勝つのはそういうマシンではない。結局、回を重ねるたびに、板金屋さんとか自動車ディーラーとか、プロの技術や施設を持つチームが生き残っていきます。当然ながら、そういうとこはノウハウを蓄積していき、トラックに何台も積んで会場にやってきます。一方で徒手空拳の「軒先ビルダー」は何もかもが敵わないので、次々に辞めていきます。…そして次第に、一部のマニアックな有志の集まりとなっていきました。ノウハウが蓄積されるほど、多様性は排除され、敷居の高いコンペティションになっていったのです(ちなみに、ゼロハンカーは50ccという非力なエンジンを使っていることから、普通のレーシングマシンとは違ったノウハウが求められます。過去に何回かワークスが参戦したのですが、一台も勝てなかったみたいです)。

※手作りゼロハンカーについては僕が以前つくったコチラのサイトをご覧ください。
(ところで今はどうなっているんでしょうか?)
[ 記事全文 ]

2011年11月06日

ブレない「ビジョン」が求められる時代

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : news on [ f ]ふらっとどらいぶログ ]

朝日新聞の日曜版、GLOBEの2011年11月6日号に、「商品選び、消費者に新たな視点 企業に求められる振る舞いは」という、ブランド・アセット・コンサルティング社長ジョン・ガーズマ氏への取材記事がある[ link(411.6KB)(紙記事スキャン→PDF) ]。
これによれば、
価格やブランドといった従来の判断基準ではなく、その企業が重視する価値観や地域への貢献に着目して商品を購入する消費者が世界中で増えている。
企業が成長していくためには、消費者との間に共通の価値観を創造し、消費者の信頼を獲得していくしかない。「企業の社会的責任(CSR)」をPR戦略の一種にすぎないと考えている企業も多いが、その重要性は一層重みを増している。
というのだ。

これと同じ主張を、数日前にも読んだ。『「応援したくなる企業」の時代』(博報堂ブランドデザイン、2011.6刊)だ。
「企業の目的は収益の最大化である」という、あまりに当然と思われていた前提にも疑問が投げかけられはじめている。その根底には、「企業の目的は本当に収益だけなのだろうか」という素朴な疑問があることが多く、デイヴィッド・ボイルの『ニューエコノミクス』やブルーノ・フライの『幸福の政治経済学』に代表されるように、とくにリーマンショック以降、こうした問題提起は数多く見られるようになった。企業は収益を最終目的とするのではなく、人びとの幸福や満足度を目的とするべきだという議論だ。
そして、震災をきっかけに起こった、僕ら自身の静かな変化についても触れられている。
企業人として、さまざまな疑問を感じた人も少なくないように思う。企業は本当に世の中の役に立てているのか。自社の利益だけを考えて、右肩上がりの成長をめざしつづけていていいのか。立ち止まってそんなことを考えはじめた人たちが、とくに目立つようになったと感じる。あの大震災をきっかけに、モノに対する意識のもち方はもちろん、企業の存在意義やコミュニティの意義も含めて、社会的な価値観が大きく変わりはじめているといっても過言ではないだろう。
そこで問われるのは、企業やビジネスの本質的な部分のあり方ではないかと私は思う。どうすれば企業が真に世の中に役に立つことができるのか。企業と生活者との関係は本来どうあるべきなのか。そして、この先、企業社会はどうあるべきなのか…。社会の根底が揺さぶられたいま、こうした命題がこれまで以上にはっきりと突きつけられている気がする。
先行きが読めない時代だからこそ、これからの企業には、根底から一貫した、芯のブレない骨太の「ビジョン」や「スピリッツ」、その企業らしい、その企業ならではの「信念」や「理念」がこれからの企業活動には求められているという。「消費者みずからが歩み寄ってくる関係の構築」が必要なのだと。

また、こんな指摘もしている。
以前の日本経済はビジネスの目標が現代に比べてずっと明確だった。企業が開発した新しい機種は、生活に便利さや豊かさをもたらしてくれた。バブル崩壊を機にビジネスのあり方は一変。一気に冷え込んだ消費に、企業は「どうしたらさらに売れるのか」を重視、生活者重視のマーケティングが基本となった。その結果、市場にはほとんど差異がないモノばかりがあふれるようになってしまった。その結果、企業はモノやサービスを無理やり売ろうとする存在としてぼんやり認知され、自分たちにメリットをもたらす仲間と思われるどころか、悪くすれば、敵のような存在としてとらえられてしまうことすら起こっている。
見かけだけ消費者にいい顔をして実は搾り取れるだけ搾り取ろうと虎視眈々と狙う利己的な態度では、いずれ消費者にそっぽを向かれる。

たとえばスーパーを思い描いてみる。商品の陳列から何から、客がついつい手を伸ばしいろいろと(余計なものも含めて)購入してしまうのは、スーパー側にしてみれば「利益の最大化」なのかもしれないが、客の幸せという面ではどうか。なにしろ、行くたびに散財してしまうのだから、幸せなわけない。

ところで、いっとき各地で盛り上がった、「「放射能から子どもを守る会」的な活動が急速に冷え込んでいるみたいだ([ link ])。飽きた、ということもあるかもしれないけど、どうやら、ただ「放射能から子どもを守りたい」と立ち上がった市民を「いいカモ」と見た従来的運動家やその他怪しげな信仰宗教やらよくわからんセールスやらが彼らにプロモーションをかけ(=「子どもを放射能から守る」に色んなことをくっつけたセールス)、「いやいや俺らそんなつもりじゃないから」と一斉にドン引きしてしまった、ということのようだ。変わらなきゃいけないのは企業だけじゃないみたいで。

2011年04月04日

足こぎ自家発電で夜桜ライトアップ作戦

手作り風呂宮城へ

2011年04月01日

被災地で中小企業の技術が活躍

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : イイコト・ニュース社 カテゴリー : 国内ニュース on イイコト・ニュース社 ]

首都圏の中小企業が独自技術を使った製品やサービスで東日本大震災の被災地を支援する動きが相次いでいる。電力が不通の地域で工事をせずに手軽に使える移動式の太陽光発電装置や、同僚や家族と日々の状況を情報共有できるソフトウエアなどを無償で提供する。被災現場のニーズをくんだ、各社ならではの復興支援に知恵を絞っている。
照明機器製造の相光技研(相模原市)は相模原市が17日、友好都市の岩手県大船渡市に送る支援物資とともに、移動式太陽光発電装置を運んでもらい、大船渡市内の避難所に無償で提供した。
2メートル四方の太陽光パネルが5枚付き、折り畳めば移動も可能。昨春、主に野外イベント向けに開発したが、1世帯10時間分の電力が確保できる。避難所では照明やテレビの電源、携帯電話の充電に使われる。「1週間近く電気がなかった避難所の夜に明かりがともった時には、みんなが歓声を上げてくれた」(同社)という。
金属加工の松村機械製作所(群馬県太田市)は自社製作の小型風力発電機3台を、群馬県を通じて停電が続く東北地方の被災地に送る。設置場所が決まれば社員を派遣して発電機とバッテリーを据え付ける予定だ。
~中小の技術被災地で活躍、首都圏、支援に一工夫、移動式太陽光発電、情報共有ソフト。(2011/03/31日本経済新聞地方経済面東京)

[ 記事全文 ]
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |...| 241 | 242 | 243 || Next»