| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

全ブログ新着順一覧

2012年02月19日

真面目に働くのは正しいことか?

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : fratdrive日記 on [ f ]ふらっとどらいぶログ ]

マジメに働くって、あるいはサボるって、どういうことなんだろう。
ただ言われたことを言われた通りにやるとか、朝から晩まで休みなしにぶっ通しで働くとか、そういうことがいわゆる「真面目に働く」ってことなんだろうか。

仮にそうだとしたら、真面目に働くことは正しいことだろうか。
正しいことじゃないんじゃないか。

たとえば社会をより良い方向にしていくとか、やりたいことがあるとか、そういう基本的な、向かう方向の正義性がなしに、ただ言われたことを言われた通りに働くのは、正しいことじゃないでしょう。
業務を指令する上司だとか会社組織だとかが仮に腐ってて、悪の組織だったりして(←あんまりそういうことはないけど)、あるいはバカの組織だったりして(←かなりありうる)、社会とそこに暮らす僕らをとんでもない方向に向かわせているとしたら、全然正しくないでしょう。

もしからしたらですよ。
「いっぱい働かないと食えない」というのは、向かってる方向が間違ってるからじゃないですか。
正しい方向に向かっていれば、同じだけの苦労量で、もっと豊かな「アガリ」が得られて、働いてる僕もハッピーだし社会もハッピー、ってことにならないですかね。
だから、正しい方向に向かって働けば、朝から晩まで休みなしにぶっ通しで働くとか、そういうことにもならないんじゃないでしょうか。
違うかな。

なにか「先人の名言名句」のたぐいでそんな言葉があったような気がしたけど思い出せないので、かわりに吉田松陰のこの言葉を記しときます。
夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。
故に、夢なき者に成功なし。
ひとりができることなんてたかが知れてるけど、その小さな枠のなかで、できるだけのことをするには、ただ何の考えもなしに誰かの言うなりになって馬車馬かブロイラーのようにこき使われて神経をすり減らしててはいけないと思うんです。
振り返っても何も残らない人生なんて、くそったれですよね。

けさのNHK「小さな旅」は伊香保温泉が舞台。それを見ながら人生について考えてみました。
[ 記事全文 ]

2012年02月12日

あくまで技術立国で生き残れ日本。

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : fratdrive日記 on [ f ]ふらっとどらいぶログ ]

アメリカのコメディアクションドラマ「チャック(CHUCK)」にハマっています。シーズン3第6話で、ドバイで武器展示会(?)のシーンが出てくるのですが、ここに「日本製レーザーペン」というのが登場します。ペンの形をした小型のレーザーで、主人公はこれで手錠を焼き切って危機を脱出します。ここで「日本製」とは、最先端ハイテク、正確精密の代名詞として使われています。
(あと、「箸で寿司を食べるのはハイソなんだそうで」)

いま、日本の「ものづくり」に批判が集まっています。たとえばこんな。
いつもの袋小路 宋文洲のメルマガの読者広場
宋文洲さんのメルマガは愛読しているのですが、この意見に関してはちょっとどうかなと思ってます。

「コモディティ化」ってよくいわれるんですけど、それってただの流行なんじゃないかなあ。流行に乗って、日本の強みを捨ててしまったら、それこそドツボじゃないかと。

たぶん世界中で「メイド・イン・ジャパン」はよく知られています。チャックに出てくるレーザーペンのように、ハイテクといえば日本製、最先端といえば日本製、故障がなく精密無比で信頼できる工業製品といえば日本製、そうしたイメージを、世界中の多くの人が持っているのではないでしょうか。
(ドイツと日本、かな。かつて同盟を結び世界から孤立した二国ですねえ…)

日本といえば1941年12月の太平洋戦争開戦当時はろくな国と思われてませんでした。日本軍が優秀な戦闘機・優秀なパイロットで敵を次々撃破するのを見た相手国は、ドイツ人パイロットが操縦してるんじゃないかと思ったのです。「あの」日本がまさかこんな優れた戦闘機を作り優れた操縦をするとは、思っていなかったのです(一方の日本側も、自分たちがこれほどだとは思っていなかったようで、予想以上の戦果に大喜びしてしまったのですが)。

あれから70年。都市爆撃で荒廃した国土を再建させたばかりか、世界に冠たる技術立国としてその名をゆるぎないものにしています。
それを捨てるなんて、もったいない。ありえない。

というわけで、日本の生きる道は、技術立国としての日本のアイデンティティをさらに強化する、これに尽きると思います。
とにかく最先端を究めつづける。世界の中で日本のポジションを確固としたものとする。

「この世界には日本が必要だ」
…世界の人たちにそう思ってもらえれば、世界から孤立したかつての忌まわしい歴史を繰り返さずとも済みます。世界にシェアされる日本になれば、自国の軍隊も他国の力による保護も要らない。
世界に貢献し、世界に必要とされる日本をめざしましょう。
そのために、技術。

(明治維新以来の日本は、いかにして列強各国に伍して生き残っていくかが最大命題でした。日本という国を存続させること自体が大変だったのです。かつてはそれを、力で達成しようとしました。「技術力」というポテンシャルが開花したのは戦後です。自分たちの技術を磨くことで国が存続するのであれば、そんなに幸せなことはないと僕は思います)

※日本にはリーダーシップが足りませんが、ぼくはそれでいいと思います。かりに日本が某国のようなしたたかさ、某国のような強力な指導力、そんなものを身につけてしまったら、かえって世界から嫌われるんじゃないかと。

(この記事は殴り書きです。いろいろ検証を省いてます)

2012年01月19日

ドイツ人が熱狂する自作の乗り物、エンジン付ビールケース(Motor Bierkisten, Beer Scooter)

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : 自作の乗り物 on [ f ]原動機Blog ]

ビールケースにエンジンを搭載、それに乗って走るという、かなり面白いハンドメイドの乗り物がドイツにあります。各地でレース(Bierkistenrennen,Motor-Bier-kisten-Rennen)も行われていて、相当な盛り上がりを見せているようです。

コチラのサイトには2010年にドイツのホーエンタン(Hohenthann)というところで行われたレースの画像がいっぱいありましたので、何枚か拝借しました。

まずはビールケースに収まったマシンの外観。みんな、Hohenthannerってビールのケースを使ってます。地元のビール会社が町おこしのイベントにスポンサードしてる形なのかな。

[ 記事全文 ]

2012年01月11日

「ソニー復活」が意味すること

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : news on [ f ]ふらっとどらいぶログ ]


asahi20120109
Originally uploaded by frunderbird
iCloudとクラウドメディアの夜明け』(本田雅一著、ソフトバンク新書、2011年8月刊)を読み、「ソニー社長に平井副社長昇格へ」という1月7日の記事を読んだうえでこの記事を読むと、今後のクラウド時代、いったんはアップルに敗れたソニーの「復活」が近いうちに始まるのではと思えてきます。朝日新聞2012年1月9日朝刊7面「米音楽産業 激変の波(ワールドけいざい)」。

ただしそれは、あの輝かしい「メイド・イン・ジャパン」が復活するということではありません。

日本の町工場から始まったソニーは、製造業からも日本からも脱却して生き残っていくのでしょう。それが「世界のソニー」の生きる道であり、同時に、これからの日本の生きる道でもあるのではないかと思います。

今後、「日本」が復活する日はおそらく来ない。日本というローカル単位で復活しないからです。
「日本の製造業」が復活する日もやはり来ない。業種のボーダレス化も同時に進んでいくからです。
[ 記事全文 ]

2011年11月26日

「朝のカンタンとろろ汁」のススメ

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : fratdrive日記 on [ f ]ふらっとどらいぶログ ]

先日、『甘い物は脳に悪い―すぐに成果が出る食の新常識』という、ちょっと「釣り」系なタイトルに釣られてちょい立ち読みして、朝食の大切さを再認識。

で、「朝のカンタンとろろ汁」とゆーのをやってみたら、これがけっこうナイス。けっこうスグに作れるので忙しい朝にもいいし、お腹いっぱい食べられるし(朝からおかわりもいい感じ)、お米いっぱい+長芋って、朝の栄養摂取的にもいいと思うだよね(知らないけど)。腹もちもいいし。

ってわけで、作り方。

まず用意するもの。
・長芋。スーパーで150円前後の、カットしたやつ。
・めんつゆ。ぼくはヤマキの安いのを買った。店頭価格178円。

1.長芋はコンロの火で表皮のヒゲを焼き取ってから、水で流しながらタワシでゴシゴシこする。表皮を包丁で削り取るなどというもったいないことはしません。
2.すりばちに長芋をすりおろす。大根おろしを作るような、普通のおろし器でいいと思います。ぼくはとろろ汁の名店丁子屋で買った陶器製のを使ってます。
3.すりおろしたとろろを、すりばち+すりこぎでさらにすります。適当でいいです。
4.めんつゆをお湯でちょっと薄めて(べつに水でもいいのかな?)、とろろに混ぜます。どれだけ薄めるか、どれだけ混ぜるかで味が変わってきます。味見をしながらちょっとづつ、がいいかも。

以上で出来上がりです。あつあつのごはんにかけて食べましょう。
ふだん作ってるのよりもちょっと甘いんだけど、まあいいや簡単にできるし。

アレンジとしては、うずらの卵を混ぜるとか、ネギとかの薬味系をトッピングするとかもありでしょう。あと、めんつゆのかわりに濃いめの味噌汁を使うのも、もしかしたらいいかもしれない。醤油と味噌とでは風合いが違うので、それは各自のお好みで。

ちゃんと作りたい向きの方は、ぜひ↓の僕のサイトを参照してください。

■関連リンク:うまいとろろ汁の作り方
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 241 | 242 | 243 || Next»