| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

全ブログ新着順一覧

2013年01月14日

スーパーな庶民に凡庸なエリートがぶら下がる奇妙な国ニッポン

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : fratdrive日記 on [ f ]ふらっとどらいぶログ ]


けさ(2013年1月14日)の朝日新聞11面、アメリカ総局長立野純二氏の「日本のブランド力 「生活文化大国」の道がある」がナイスだったので紹介。
国際コンサル会社「フューチャーブランド」が昨年11月に発表した最新ランキングによると、日本は、スイス、カナダに次ぐ第3位。ブランド王国フランス(13位)や英国(11位)、米国(8位)よりも上は本当か?同社の北米統括ダニエル・ロゼントレイターさんは「驚くには値しない。日本は安定した常連国だ」とこともなげに言う。
国家ブランドはほかに「GfKローパー広報&メディア社」も毎年発表しており、そちらも昨年日本は6位。どちらも世界の人々に国の分野ごとのイメージを聞き取りした調査という。日本は政治の自由度や外国人に厳しい雇用などが弱点だが、テクノロジーと観光、伝統文化で最高得点を稼ぎ、総合上位につけた。
 産業技術が世界一とは買いかぶりでは?特許の世界動向の専門家パトリック・トマスさんによると、確かに特許数は中国が今や世界一だが、技術の価値を考慮した指標では「米国と日本が今も世界で抜きんでた巨人だ」という。
…(略)…
GfKの上級副社長シャオヤン・チャオさんは、日本は「生活様式」大国をめざせるのに、とかねて考えていたそうだ。省エネで環境を守り、先端技術で生活水準を保ち、世界がうらやむ和食を食べ、米英の競争型とは違う助け合いの長寿社会を営む。北欧とアジアのいいとこ取りの社会文化を伸ばし、そして世界に提言できる潜在力がある。
以前、「美術と工芸と技術の国ニッポン」と書いたことがあるんだけど、テクノロジーを技術、観光を美術(+自然か?)、伝統文化を工芸と読み替えれば、ほぼその通りと言える。

で、日本文化の特異な点は、これらの多くを、「非エリート」つまりそのへんのおっちゃんおばちゃん、兄ちゃん姉ちゃんが支えているということだ。アメリカ文化はアップルもマクドナルドもディズニーもハリウッドも、トップにいる一部の超エリート達がぐいぐい引っぱっている(たぶん)のに対し、日本文化は街に個人経営(に見せかけてる風も多いけど)のラーメン屋がいっぱいあって頑固な店主が各自こだわりの味を披露している如く、マンガやアニメの如く、大勢のオタッキーな技術者がわらわらと様々な技術開発を進め(大企業内外)、どこに行っても細やかな心遣いの接客を受けるわ、京都は大昔からの超絶テク職人たちの一大ショーケース状態だわ、伝統工芸品から回転寿司から和食から盆栽からフィギュアから陶芸から世界をうならせるハイクオリティをそのへんの何気な人たちが何気にやってるわ、つまりは「非エリートハンパねえ国」なのにもかかわらず一部の親は子が非エリートの道に進むのを嫌い高学歴こそが人生を保証するのよ的受験戦争に突入するわけですが、しかしどうも日本のエリートは世界水準からすると見劣りがする。たぶんあんまり向いてないんでしょうね気性的に。で、エリート社会では自分たちを「世界水準から劣る俺たち」と正しく認識しているために自己評価が低く発信も不熱心という状況になるのでしょう。

これからは自己認識を「凡庸なエリートにぶら下がられているスーパー庶民が支える国ニッポン」と改め、エリートはどうせ給料に見合った成果ろくに出してないんだからその金を非エリートの現場職やら非正規雇用者やら田舎やらに再配分してはどうでしょうか。きっといい国になります。

2013年01月06日

蹴散らして前へ!

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : fratdrive日記 on [ f ]ふらっとどらいぶログ ]

  
昨日のNHK「おはよう日本」(2013年1月5日OA)で、今年の大河ドラマ「八重の桜」の脚本を担当する脚本家の山本むつみさんがインタビューで語っていた。
Q.震災への思いをふまえ、山本さんに現代へのメッセージを書いてもらいました。
A.ちょっと乱暴な言葉なんですけども、「蹴散らして前へ!」って書いてあるんですけど、これ、実は第3話のサブタイトルなんですよ。無理だなと思ってる状況の時でも、一回突き破ってやってみれば、まわりの状況が動いて世界は変わるので、世界を変えるのは自分が蹴散らしていく力だから、ちょっとこんな乱暴な言葉で申し訳ないですけど、なんかそういうのでやっていくといいかなあと。
たしかに乱暴な言葉ではあるのだけど、ぼくはこの言葉に強い感銘を受けた。本人の意図とはちょっと違うかもしれないけど、旧世代に対する、新世代のいわば「闘争宣言」として。

いま、テレビ番組だけに限っても、新しい世代の台頭というか、「やってやる、言ってやる、突き破ってやる」という非常に強いエネルギーやメッセージを感じることがままある。
(それをココとかココとかに乱暴に書き記した)

たぶんみんな、311で覚醒したんだと思う。まああんなことが起こって何も変わらないとすれば失格で、当たり前なんだけど、でも最近、その噴き出し方がハンパない気がする。そして、そのマグマ噴出を見るにつけ、日本は大丈夫だ、いや大丈夫どころじゃない、震災なんて軽々と乗り越えてやっていける力を僕らは持っているんだと感じる。

震災とくに原発事故というのは、いわば、旧世代が作り上げた旧日本のシステムを根底からひっくり返さなきゃならない事態に僕らが立ち至っていることを見せつけられたということだと、僕には思える。原発神話など、たんなる作り話だ。どこでもいいから原発近くをドライブするだけで感覚的にわかるはずだ。裸の王様のごとく、存在しないものを存在するかのように思い込まされてきただけだ。この嘘を飲み込まなければ大人になれませんよ、この資源小国はやっていけませんよと、あたかもそんな言説を疑うことなく受け容れなければ人として存在できないかのような暗黙の了解のもとに。でも違った、僕らはやはり、疑うべきは疑い、言うべきは言うという、人として当たり前のことをするべきだったのだ。

旧世代がでっちあげたカラクリだとか枠組みだとか秩序だとか、そんなものはクソ食らえだ。そんなものを僕らに押しつけるなんて筋違いもはなはだしい。
蹴散らして前へ、前へ進んでいこう。僕らにはその力がある。

(山本むつみさんはこの他にも、いろんな、「へー」と思うことを語っていました。こころざしを持った、素晴らしい脚本家さんだと感じました。単に綾瀬はるかが観たいだけでしたが、心を入れ替えてちゃんと観ます、八重の桜。

2012年11月13日

「ノリモノメイカー(ズ)」の時代が到来!?

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]原動機Blog カテゴリー : 自作の乗り物 on [ f ]原動機Blog ]

ぼくのfront pageに、
次世代ノリモノの研究開発プロジェクト「ノリモノメイカー」を主宰
と書いた。これは、これまで続けてきた「自作バギー道楽」の発展構想。いまのところは構想どまりで、やったことといえば関連ドメインを確保したぐらい。内部メモ的にいろいろアイデアを温めたり情報を集めたりはしている。

「メイカー」というのは知ってる人は知っている、「Makerムーブメント」からとっている。ただ、Makerムーブメントのことをよく理解しているわけではないんだけど。

で、けさの朝日新聞。まずp8経済面の経済気象台では「多様なクルマを楽しむ」と題して、日本にも多様なクルマを楽しむ文化があれば、
個性の数だけ夢は膨らみ、夢を追う若い世代が将来の産業の担い手となる。
困難は多くても、夢を語り、多様で個性的なクルマをつくって楽しむ場の育成が、自動車産業大国の地位を発展させていくうえで必要だと思う。
と説く。



最後の「自動車産業大国の地位」なんてとってつけたようなものは要らないと思うけど、主旨には賛同。また、ノリモノをつくるという行為は、受験で満点をめざすのと同様、1つの完成形に限りなく近づければ近づけるほど「ヨクできました」となるのではなく、多様な着地点に向かって飛んだり跳ねたりするようなハチャメチャに「拡散」していくべきだと思うし、国土交通省が音頭をとる超小型EVも大手自動車メーカーが開発を主導しているようではまだまだだとも思う。

そしておなじく朝日新聞p35文化面には『フリー』のクリス・アンダーソンのインタビュー記事。最近『MAKERS─21世紀の産業革命が始まる』という本を出したということで、記事には「ものづくり 民主化の波」「私的な工作からビジネス」「大量生産の独占終わる」といった見出しが書かれている。



以前買って机の棚に置いてある、Makerムーブメントの中心人物の書いた『Made by Hand ―ポンコツDIYで自分を取り戻す』では、著者マーク・フラウエンフェルダーの体験記を通して「Makerとは何か」とその本質に迫っている(=プライベートな事象)のに対して、クリス・アンダーソンが書くと社会変革調(=社会的な事象)になってしまうのが面白いといえば面白い。

まあ、日本には「オールドタイマー」という、かなり似てるけど出自の違う独自文化はあって、ぼくはそちらの洗礼を受けたタイプではあるんですが。

そろそろ、こういう時代が来てる感じですね。「ノリモノメイカー(ズ)」もそろそろ本格始動しないと。

2012年09月23日

画像ポップアップウィンドウ変更

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]雑記系 カテゴリー : Nucleus on [ f ]雑記系 ]

文中に埋め込んだ画像をクリックすると、ポップアップウィンドウでオリジナルサイズの大きな画像が見られるのですが、これまでは、ポップアップした画像をクリックすることでウィンドウを閉じるようにしていました。というかそれがデフォルトだったのですが。
でもどうもこの閉じる動きがありがた迷惑というか、使いにくい気がしてきたので、画像ポップアップウィンドウのスキンを変え、ポップアップ画像をクリックしても画面が閉じないようにしました。
画面を閉じたい場合には、右上の「×」ボタンをクリックするという、通常の動作をしてください。

2012年04月21日

昼寝するメダカ

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : fratdrive日記 on [ f ]ふらっとどらいぶログ ]


昼寝するメダカ
Originally uploaded by frunderbird
うちの庭には小さな池が作ってあります。土を掘り、陶芸用の粘土を敷きつめた池で、去年の秋からここに黒メダカ5匹を飼っています。寒かった冬も5匹ぜんぶが元気に越して、今では毎日すくすく、エサをぱくぱく食べて元気に泳いで遊んでます。

これは4月10日の昼頃に撮った写真。まだ保温用の不織布とかを池にかぶせていた時です。水温は15度。エサを与えていたんですが、3匹しか集まってこない。おかしいなと思ったら、池の端の浅瀬で2匹がこのようにじっとしています。一瞬死んでるのかと思いましたが、よーく観察すると、口がちょっとぱくぱくしたり、尾びれが軽く動いたりしてます。やがて、集まってきた仲間に起こされて動き出しました。そしたらあっという間にいつもの動きに戻って、エサをぱくぱく、元気にすいすい。

…メダカの生態についてよく知らないんですが、たぶんこれって、寝てますよね?

その後も、このようなシーンを何度か目撃。とりわけここの浅瀬部分はお気に入りのようで。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 241 | 242 | 243 || Next»