| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2008年06月16日

発生しないはずの場所でホタルが大発生する国ニッポン

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 日本 ]

ひじょーに気になったので全文転載。許せ毎日新聞。

ホタル:樗谿公園のカワニナ放流 県仲介の議論、打ち切り(毎日新聞鳥取版2008年6月7日)
 鳥取市上町の樗谿(おうちだに)公園で6日、ホタルの鑑賞会が始まり、今年もホタルの季節がやってきた。一方、餌になるカワニナの放流などでホタルを増やす活動の是非を巡る議論が県の仲介で今年1月から続いていたが、平行線のまま打ち切られた。【宇多川はるか】
 「樗谿ホタルの会」は、ホタルの保護や放流活動に取り組んできた。これに対し県立博物館の川上靖・自然担当副主幹ら専門家が「カワニナの放流が生態系のバランスを崩している」と指摘。県東部総合事務所生活環境局は昨年11月、カワニナ放流の抑制などを申し入れた。今年1月には「樗谿公園の今後の自然保護のあり方を検討する契機にしたい」と関係者らによる県主催の意見交換会を公開で開き、3月と5月にも非公開の意見交換会が開かれた。
 結局、3回の意見交換会でも専門家と同会の折り合いはつかなかった。カワニナ放流によって予想される影響として専門家側は、生態系のバランスが変化する▽本来ホタルが発生しない場所でホタルが大発生しており、誤った考え方を植え付けるのは環境教育の点からも好ましくない−−などと主張。川上副主幹は「生物の多様性が叫ばれる昨今、時代錯誤の活動だ」と指摘していた。
 一方、同会は、カワニナの放流活動が原因で姿が見られなくなったとされたカスミサンショウウオなどの希少生物について、公園の河川整備で水質が悪化したことや、園内の池に放流されたコイのふんなどによる水の富栄養化が原因−−などと主張した。公園を管理する市も「毎年多くの観光客が来ている市の観光スポット。必要最低限のカワニナを放流して、ホタルを飛ばしたい」と同会の活動に肯定的な姿勢を示していた。
 今春就任した県東部総合事務所の伊井野孝一・生活環境局長は「確かなデータがない時点では県として(同会)に何も言えない」と話し、「平行線のまま話し合いをしても仕方がない」として意見交換会はもう開かない意向。ホタルとカワニナの放流は同会と市に任せるというスタンスで、放流は当面継続されることになった。
…「本来ホタルが発生しない場所でホタルが大発生しており、誤った考え方を植え付けるのは環境教育の点からも好ましくない」という専門家側の主張に強く同意します。でも、ホタルやカワニナを放流してるのはここだけじゃありません。全国至るところでやってます。地方紙(&全国紙地方版)サイトをウォッチングしていて、各地の記者の地道な取材には頭が下がるのだけど、その反面、日々のルーティンに埋没して伝える前に検証すべきことをスルーしているのではと感じることがあります。メディアは思考停止してはいけない。この記事を書いた宇多川はるか氏には、ぜひともこの問題を継続取材してほしい。これは全国ネタです。

ところで、鳥取市は「毎年多くの観光客が来ている市の観光スポット」とかいう理由で会の活動を援護しているらしい。つまりは観光>環境ということですね。
ホタルの売買に関しては、養殖業者と自治体の担当者や関係団体との癒着も噂される。[ link ]
というのは本当ですか?

※近いうち、「清流ファシズムの犠牲になるホタルたち」という記事を書きます。

■追記:2009-02-01 13:52

東京ゲンジボタル研究所・古河義仁さんのブログからトラックバックをいただきました。ありがとうございます。また、承認が遅くなり、申し訳ありませんでした。
(あまりトラックバック来ないので、チェックをさぼってました。。。)

■関連記事:
生息できない過酷な環境にホタルを放つことが自然保護を考えるきっかけになるという理屈
戦前から続く「ホタル番」から残念な新聞カメラマンまで、ホタル記事総まくり
かよわくも無邪気なホタルたちとシンクロした夜(新潟県上越市大島区仁上)
悪徳業者をはびこらせホタルを苦しめる新聞“無脳”記者
幸せなホタルと、見世物のホタル

⇒この記事をふくむカテゴリー [ 日本 ] もどうぞ。
at 12:09:17 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/locality/item_1154.trackback

ホタルの独り言
ホタルの幼虫放流に関して:  今年も相変わらずホタル幼虫の放流が各地で行われている。ただ、新聞報道だけを見れば、今のところ1つの大きな特徴がある。それは、小学校の校庭や公園などに造った人工の河川やビオトープに、2〜3cmまで育った幼虫、数百匹〜数千匹を放流しているということである。専門家によるホタルの生態説明の後、コップに入った幼虫を「無事に大きく成長してね。」と放流する。  ここで私は疑問に思う。これら人工水路に放流す...
2009/01/07 18:06
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

戦前から続く「ホタル番」から残念な新聞カメラマンまで、ホタル記事総まくり - [ f ]ご当地エクスプローラ
日本の古代ローマ風呂で異国情緒を味わう外国人観光客? - [ f ]ご当地エクスプローラ
いまや日本は「文化のメッカ」 - [ f ]ご当地エクスプローラ
日本の科学者が開発する「モバイル宇宙トイレ」 - [ f ]ご当地エクスプローラ
日本の食材は「宝の山」 - [ f ]ご当地エクスプローラ