| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

[ f ]ご当地エクスプローラ -> 日本 (新着順一覧)

2009年06月24日

戦前から続く「ホタル番」から残念な新聞カメラマンまで、ホタル記事総まくり

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 日本 ]

ホタル鑑賞の心得
・ホタルを捕まえないようにしましょう。
・車のライト、カメラのフラッシュ、タバコの火などの強い光は出さないように。(ホタル同士のコミュニケーションのさまたげになります)
・懐中電灯の使用は最低限にしましょう。
・ゴミは持ち帰りましょう。
・ホタルの出ない場所でも、タバコのポイ捨てはやめましょう。タバコの吸ガラで土壌や水が汚染されてしまいます。
・地域の方に迷惑をかけないようにしましょう。(大声、花火、エンジン音など、騒音に気をつけて)
・近隣の方の迷惑にならないよう、駐車場所に気をつけて。
・トイレなどは事前に済ませていきましょう。
・危険な場所に入らないようにしましょう。
[ link ]
↑よくまとまっているので引用。全国統一のこうした心得集みたいなものがあるといいなあ〜:wink:

前記事に続いてホタル話。毎年この時期になると、ホタル記事が各地の地方紙や全国紙地方版をかざります。そのなかからいくつかピックアップしてご紹介。

まず、滋賀県米原市の「天の川ほたるまつり」。ここでは「長岡のゲンジボタル及びその発生地」として国の特別天然記念物に指定されています。“無脳”阿部雅之記者と同じ中日新聞の記事ですが、戦前からの地元「ホタル番」の歴史を教えてくれて、ありがとう大橋聡美記者。
 国の特別天然記念物に指定されている米原市長岡のゲンジボタルが、今年も美しく舞う季節を迎えた。災害や環境悪化の影響で一時は激減したものの住民は80年もの間、地元に息づく命を守り続けてきた。
 ゲンジボタルは、清流にのみ生息するとされ、長岡では1926(昭和元)年、地元青年らが「ホタル番」となり保護運動を始めた。
 運動が功を奏して1940年代までには多くのホタルが舞うようになり、戦時中には「敵機襲来の標的にされるのでは」と住民らが不安に思うほどの光を放っていたという。
 地元の堀江正裕さん(66)は「当時はホタルが流れるように近寄ってきて自分たちを包み込んでくれるほどだった」と懐かしむ。
 しかし、52(昭和27)年に国の特別天然記念物指定を受けた後の59年、伊勢湾台風の影響で長岡を流れる天の川が決壊。ホタル繁殖場所の大半が流失。その後は、種蛍2000匹余りを人工ふ化させる取り組みや、農薬を制限するなど町を挙げてホタルの光を取り戻す試みを続け、少しずつ当時の風景に近づいている。
[ 近江長岡ホタル祭り、光の舞を楽しんで - 中日新聞滋賀版5月29日 ]

[ 記事全文 ]

2009年04月11日

日本の古代ローマ風呂で異国情緒を味わう外国人観光客?

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 日本 ]

「世界最大級の旅行クチコミサイト」をうたうTripAdvisorというサイトがありまして、「外国人からの注目度が高かった観光名所ランキング」を発表してます。

GIGAZINEでは
由緒ある観光スポットに混じって「スシ・オンセン・アニメ」をキーワードとする観光名所がランクインしており、「ポケモンセンター東京」や「スパワールド」「大江戸温泉物語」など、国内の観光スポットランキングでは見られない意外な施設が上位に登場しています。
ってまとめてますが、一位の築地市場を筆頭に意外と陳腐で、「こんなんでいいのか?」というのが素直な感想。けっこう移動距離の短い、手ごろなところで観光を済ませてるんですね外国人観光客。

もうちょい足を伸ばせば、もっといいとこいっぱいあるのに。…ってことは、まだまだ日本の観光資源には「のびしろ」があるともいえます。

9位の「スパワールド」には笑ってしまいました。古代ローマ風呂とかイタリア青の洞窟風呂とかイスラム風呂とかで、日本人に混じって異国情緒を味わっているのでしょうか?

あと、19位の「北海道神宮」って…?なんで?

変だなあ。

2009年01月09日

いまや日本は「文化のメッカ」

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 日本 ]

…となっているという、アメリカからの報告です。
アメリカのとある高校で過去10年で日本語の生徒が3倍になっている、という話。先月ラジオでやってました。勉強する動機はマンガ、アニメ、ゲーム。
カナダのBritish Columbia大学でも2001年までの5年間で日本語履修者が3倍増。東京は、50年代のアメリカ人にとってのパリのように「文化のメッカ」となっている、と。
[ 日本語学習者が世界で急増 - On Off and Beyond ]
文化のメッカかあ。こうゆう話、もっとテレビでやればいいのに。まあ「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」では時々やってますけど。あそうだ、若い子って意外とテレビ見ますよね、きのうNHK教育テレビの「青春集合!アラハタのすべて〜Around20〜」観てて思いました。「キャラをつくる」「キャラがかぶる」って完璧バラエティのパクリですからね。
[ 記事全文 ]

2009年01月07日

日本の科学者が開発する「モバイル宇宙トイレ」

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 日本 ]

これが実用化されたら介護現場でも使えるかな?


[ 記事全文 ]

2009年01月04日

日本の食材は「宝の山」

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 日本 ]

いま、埼玉のFMラジオ「NACK5」で服部幸應先生の番組をなにげに聴いてたら、「世界料理サミット2009 TOKYO TASTE」というイベントが2月9日から東京国際フォーラムで開催されるそうです。

で、軽く聞き逃したんですが、「欧米シェフにとって日本の食材は宝の山」というようなことを服部先生が言ってたような。何が?枝豆とか言ってました?
日本の食文化は、わが国の経済産業の基盤かつ世界に誇るべき、優れた知的財産であり、日本のイメージを高める重要なコンテンツの一つとして国際的に注目されております。
[ link ]

[ 記事全文 ]

2008年12月10日

広告と看板の国ニッポン

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 日本 ]

東京在住スペイン人SEのHector Garcia氏が撮った写真群。こう見ると、たしかに日本は広告と看板だらけかも。


IMG_0731
Originally uploaded by kirainet

[ 記事全文 ]

2008年12月07日

外国人があこがれる日本の要素

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 日本 ]

現在の日本には、外国人があこがれる要素がたくさんある。例えば、
 1)世界の食通たちは、日本の寿司にあこがれている
 2)世界のアニメオタクたちはアニメの母国日本にあこがれ、聖地アキバ(秋葉原)を訪れることを夢見ている
 3)アジアの若者たちは、日本の若者風俗や原宿のファッションにあこがれている
 4)中国の富裕層は、銀座や新宿で買い物することにあこがれている
 5)台湾をはじめ、アジアの多くの人たちが日本の温泉に興味を持っている
 6)香港やシンガポールの人々は、北海道の雪景色にあこがれている
 7)オーストラリアのスキーヤーは、北海道ニセコの雪にあこがれている
これら寿司・温泉・アニメ・雪などは、日本独特の希少資源であり、観光客誘致の切り札になり得るのである。
[ 押し寄せるアジアの観光ビッグバン (2008/03/01) ]

[ 記事全文 ]

2008年11月28日

(竹害)日本はやがて竹林に覆い尽くされる?

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 日本 ]

 県内の今年の竹林面積が1124ヘクタールと、1975年と比較して2倍に拡大したことが、人工衛星のデータを使った県の調査で分かった。記録に残る75年の572ヘクタールと比較すると、面積で舟橋村の1・6倍の竹林が新たに出現した計算になる。竹林によりほかの森林の生育が妨げられるなどの影響も出ており、県は来年度、竹の消費を促すための組織を立ち上げ、竹林の管理に本格的に乗り出す。
 竹林の面積調査は70年代以降、人手不足であまり行われず、今回は人工衛星がとらえた地表の反射光の波長(色)から竹林を割り出す手法を初めて取り入れ、衛星のデータと航空写真を対照させて面積を計測した。
 氷見市や高岡市など、標高が比較的低い県西部の里山に集中する分布の仕方は75年と変わっておらず、元々あった竹林が急速に広がっていた。タケノコ採りや竹細工などでの竹林の利用が減り、人手が入らなくなったことが主な原因とみられる。
竹林32年で2倍(2008年11月19日 読売新聞富山版) ※リンクはGoogleキャッシュ
「竹害」はたぶん、日本各地で大変なことになっている。
[ 記事全文 ]

2008年11月27日

群馬発、大型ショッピングモール過当競争の行く末は?

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 日本 ]

 伊勢崎市東部に今月20日開業した「スマーク」は、前橋市内の「けやきウォーク前橋」、高崎、太田両市内の「イオンモール」と並び、県内4軒目の大型ショッピングモールだ。来春には前橋市南部にも新モールの開業が予定され、集客競争はさらに過熱しそうだ。地元からは「すでに飽和状態だ」と“競争後”を不安視する声も出ている。
 太田市にある関東学園大の駒田純久准教授(流通論)は、「差別化や個性をうたっても、競争の結果、逆に画一化される」と話す。売り上げ増のため、各モールとも多くの客に支持される店舗をそろえたいからだ。
 スマークが進出した伊勢崎市では、中心市街地の核施設の一つだった西友が来春までの撤退を決めた。郊外型店舗の隆盛と中心市街地の低迷という構図が続いて久しいが、「主戦場はすでに郊外に移った。価格競争になれば、各テナントの対応がモール生き残りのかぎになるだろう」(駒田准教授)との予測も出始めた。
 県は、大型商業施設を対象にした「地域貢献ガイドライン」を策定中で、来年度から対象施設には7項目の計画書を提出させる。この中には「撤退時の対応」も盛り込んだ。
 県幹部の一人は「現時点でもモールは多過ぎる。過当競争の行く末を考えると厄介だ」と話した。
〜大型商業施設過熱する競争 続々誕生「飽和状態」の声(読売新聞群馬版2008年11月23日)

[ 記事全文 ]

2008年11月18日

地域情報は宝の山、掘ればザクザク出てくるかも!

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 日本 ]

灯台もと暗し。宮城県に限らず、魅力的な地域情報は全国的にもまだまだ眠っていて、掘り起こし甲斐がありそうです。その数やバリエーションの豊富さを考えると、「眠れる巨人」といったところでしょうか?
 JTB東北(仙台市)が企画したツアー「旅百話・みやぎ」の売り上げが好調だ。特徴はパンフレットに、知る人ぞ知る食材など地元ならではの情報をたっぷり盛り込んだこと。宮城県外の客を想定して商品を開発したが、申し込みの中心はむしろ県内客で、ローカル情報が足元の需要を掘り起こした。観光需要低迷の中、同社は「ニーズは足元にあった」と、東北他県でも同様の商品開発を進める考えだ。
 重視したのは、地域の新しい魅力の発信。各地の口コミ情報を集め、隠れた名物を多数、盛り込んだ。
 例えば大崎市の老舗精肉店のドレッシングや登米市の名物「油麩(ふ)」を使った丼、蔵王町の昔ながらの豆腐店など。JTBは「パンフが、手軽な旅行と身近な情報を求めるニーズを掘り起こした」とみている。
 JTB東北の岩泉理喜男国内企画課長は「地元住民しか知らないような街の魅力を発信し、新たな需要を創出したい」と話す。
宮城ツアー地元で人気 パンフに口コミ情報満載(河北新報2008年11月14日)

[ 記事全文 ]
«Prev || 1 | 2 || Next»