| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2007年08月09日

灼熱の坂戸で道教の神様に具体的なお願いをしてきました

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 埼玉県 ]

ブログで見てそこに行ってみるというのも悪くないよね(※そういや、はてなダイアリーってブログ黎明期には「ブログじゃない」扱いだった気がするけどいつの間に…)。

行ってみた先は埼玉県坂戸市。ラクダの「ひとこぶくん」と「ふたこぶくん」がいたこども動物自然公園の比較的近所。

台湾の伝統宗教である道教の神社、聖天宮というところです。「お寺ではなくて神社」と、解説してくれた方が強調していました。

参拝のやりかたを教えてもらいました。日本式とはずいぶん違います。お線香を手に持ったまま、心の中で、まず神様の名(三清道祖)を呼び、自分の名前と住所を告げ、お願いごとをできるだけ具体的に伝えるのだそうです。

「具体的に、ですか?」

とっさのことだったのですが、まあ何とか、具体的にお願いしました。

何でも、日本の神社は先祖供養ですが、台湾の神社は祈願なんだそうです。へええ、前向きなんですねえ。

それからビックリしたのがこれ、「龍柱(りゅうちゅう)」("YouTube"に発音が似てる)。石を彫って作ってるんだそうです。いまでも台湾にはこういうのを彫る職人さんがいらっしゃるそうですが、ここまで立派なものはなかなかないそうです。

龍柱と似てますが、本殿の前にあったのがこれ。数えてみると、9つの龍が彫られています。「9」という数字は台湾では最高?の数字なんだそうです。九龍はだから最高の龍なんですね。

左のまんなかあたり、龍が5つの指で金の玉を握っていますが、この金の玉は権力を象徴するものなんだとか。なんかこう、「権力」というワードがするっと出てくるあたり、日本と違うなあって感じます。隣国なのに。

とにかく龍と神様がいます。日本の「八百万(やおよろず)の神」のように、道教にもたくさんの神様がいるそうです。神様は雲に乗っています。そして龍は、雲の上に神様を運ぶための乗り物なんだそうです。

灼熱の猛暑日に見に行くところかどうかはともかく、凄いものを見たなーというのが率直な感想。その前に東松山市内の河原で放し飼いの犬2匹に襲われかけたことなんて吹っ飛んでしまいました。…やっぱり犬は鎖につないでおいてもらえないですかねえ。手に持ったペットボトルだけで応戦するのも大変だったんですよ:ase:

⇒この記事をふくむカテゴリー [ 埼玉県 ] もどうぞ。
at 23:51:08 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/locality/item_954.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

佐久山御殿山もみじ祭2011 - [ f ]ご当地エクスプローラ
利根川サイクリングロードで変わった自転車おじさん…? - [ f ]ご当地エクスプローラ
とろろ汁の丁子屋がブランド再構築中につき… - [ f ]ご当地エクスプローラ
雨にも負けず「八木橋」ワイドスターマイン - 第60回熊谷花火大会 - [ f ]ご当地エクスプローラ
戦前から続く「ホタル番」から残念な新聞カメラマンまで、ホタル記事総まくり - [ f ]ご当地エクスプローラ