| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2007年07月05日

三河弁を話すミカン形ロボット、目下開発中

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : ゆるニュース ]

中日新聞愛知版2007年6月20日「三河弁話す接客ロボ 蒲郡のメーカーなど開発へ」より。以下一部引用。
温泉旅館の接客などに生かそうと、蒲郡市内の工作機器メーカーや鉄工業者らが大学研究者と一緒に、三河弁を話す蒲郡みかんの形をしたロボットを開発することになった。年度内に試作機を作る。
みかんロボットは豊橋技術科学大(豊橋市)の岡田美智男教授らの研究グループが開発した対話ロボットを基にする。
温泉などの保養施設がそろう蒲郡の特性を生かして商議所などが進める「癒やしとアンチエイジング(抗加齢)の郷」づくりのシンボルの一つにしたい考え。小池高弘副会頭は「ロボット製造業という新産業創出にもつなげたい」と話している。


…えっとまず、「三河弁を話す蒲郡みかんの形をしたロボット」というコンセプトがゆるい。

三河弁なんて「じゃんだらりん」だけでしょ。あと「お湯がちんちん」「えらい」「おまえっちゃーさー」ぐらいかな。「ほいでさいがー」まではさすがに使わないよね。

それより、蒲郡みかんはローカルすぎる。せめて三ケ日みかんにしてくれ。全国知名度が全然違うんだから。

元記事には写真も載ってるが。なんか目玉オヤジみたいでビミョーにキモいぞ。キモカワいくはないぞ。

それにしても「癒やしとアンチエイジングの郷」とは大きく出たな蒲郡。ぼくは岡崎出身だが親父が蒲郡だったんで長らく本籍は蒲郡だったから故郷も同然、できれば応援したいと心から思っているんで、がんばってね。

みかんじゃなくってさあ、大あさりなんてどうかな。話しかけると貝殻をかぱっと開けてご挨拶、とか。

だめかな?



⇒この記事をふくむカテゴリー [ ゆるニュース ] もどうぞ。
at 17:26:59 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/locality/item_910.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

佐久山御殿山もみじ祭2011 - [ f ]ご当地エクスプローラ
利根川サイクリングロードで変わった自転車おじさん…? - [ f ]ご当地エクスプローラ
とろろ汁の丁子屋がブランド再構築中につき… - [ f ]ご当地エクスプローラ
雨にも負けず「八木橋」ワイドスターマイン - 第60回熊谷花火大会 - [ f ]ご当地エクスプローラ
戦前から続く「ホタル番」から残念な新聞カメラマンまで、ホタル記事総まくり - [ f ]ご当地エクスプローラ