| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2007年06月16日

「なにもない島」新潟県の粟島が気になる。

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 甲信越・中部 ]

こないだ、渋谷駅から家に帰ろうと、埼京線のホームに向かう長〜い通路を歩いてたら、こんなポスターが。

粟島。日本海に浮かぶ小さな島。

なんだか気になって調べてみたら、この島にぞっこん惚れこんでる人が、少なくとも3人はいることがわかった。


まず映画監督。「粟島映画で県人出演者選考へ」という新潟日報2007年6月13日の記事。
 粟島にほれ込み、島を舞台に自主制作映画の撮影を重ねる映画監督の松本卓也さん(30)=東京都在住、シネマ健康会代表=が、今夏に粟島映画第3弾の撮影に入ることを決めた。本県在住の出演者を選考するオーディションを7月1日、新潟市で開く。
(中略)
オーディションは新潟市中央区古町通5「缶詰カフェ」で午後4時半から。申し込みは29日まで。

 また、オーディションに先立ち、同所の国際映像メディア専門学校実習棟で松本監督作品を上映する。30日午後3時からは短編3本。同日午後6時と7月1日午後1時から、粟島作品第1弾「私は落ち 陽は赤黒く」、第2弾「ナイランド〜なくし者賛歌〜」。各回、事前予約で1300円。オーディションの申し込みと映画の問い合わせはNAMARA事務局、025(222)1125。
それから、「粟島を応援するのだ」というホームページ。粟島について、
釣り以外のレジャーが絶望的にないこの島にオレは10年ほど前からしつこいほど通いつめている。
島内への車の乗り入れが制限されているので忌々しいオートキャンパーも自分の足で幕営地を探さなければならないという痛快な場所だ。
と説明している。「粟島キャンプの軌跡」が面白い。ブログ全盛時代でもなおブログに背を向けてホームページをコツコツ更新してる知り合いが何人かいるけど、こういうの読むと、なんか、ブログ以前の1文字の重さってゆーか、味わい深い何かを感じるなあ。ま、転向組が言うことじゃないけど。

話を戻します。

で、次は粟島フリークス!というこちらはブログ。去年9月に書かれた最新エントリーでは、
今年も上陸しました。記念すべき10回目!
去年、「あわしま屋のおばちゃんに、「せっかく9回も来たんだから、10回来なさい!」
とはっぱをかけられ、なんとか10回上陸できました。

いや〜、何も変わってなかったなかったですね〜。
きれいな海も青い空も。あわしま屋のおばちゃんもおっっちゃんも相変わらず喧嘩してる
孫たちも。おいしい湧き水も酒屋のマスターもポポコのおばちゃんも。
で、その1年前、2005年9月には、粟島の魅力についてこう書いています。
粟島には今年で8回も行ってるんで、やっぱりいいところはいっぱいあります。
もともとは、前の会社の後輩が「新潟の粟島ってところに自分の先輩が2人で行ってきたみたいなんですけど、も〜死ぬほど、もういらねぇってくらい刺身食えたって言ってましたよ。」って聞いたのが8年前の夏前。
で、夏休みに入り、寝袋かついであてどもない旅に出たJRで見たのが粟島の吊り広告。「あっ、これあいつが言ってた所じゃん。」っていうのがキッカケ。(でも粟島って夏は禁猟みたいで、あまり刺身とか食えないんですよね・・・)

それで、今回の旅で粟島のどこがそんなにいいのか、改めて考えてみました。

まず1番は、空気、かな?
粟島の空気って、なんだか枝豆のようないいにおいがするんですよね。
田舎のにおいっていうのかな。とにかく安らぐんだよね。

2番目は、方言。
粟島のおばちゃんたちの会話を聞いてると、なんか癒される。
それと、粟島のおばちゃんたちって、ほんとに思いやりのある目をしてるんだよね。だからおばちゃんたちと話をすると、その目と方言で、すごく安らぎを覚えます。そんな気持ちにならないですかね?

3番目は、粟島の公式パンフレットにもあるけど、「何もない」こと。
海岸のスピーカーから響く無用な音楽もないし、余計なものが一切ない。
あるのはきれいな海と魚や貝やタコ。
その日に食べるものを獲って、流木で焚き火をして、焼いて、食って、飲んで、星を眺めて、倒れるように寝る。それ以外に何がいるかな?
…なるほどなあ。何もない島かあ。気になるなあ。

島と言ったら学生時代、八丈島でひと夏バイトしてたことがあります。天の川がきれいで、寮に帰る途中みんなで見上げてチャリ次々と脱輪しちゃったり、バイトしてるホテルのプールで泳ぎまくって真っ黒に焼けたり、居酒屋で知らない客にソーセージ投げつけられたり、茨城から来たバイト仲間にいじめられたり、いろいろあった夏だった。

島かあ。

⇒この記事をふくむカテゴリー [ 甲信越・中部 ] もどうぞ。
at 00:42:01 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/locality/item_896.trackback

ご当地エクスプローラ
「粟島に信号機」というニュース: 新潟日報2007年7月13日に、「粟島に初めての信号機を設置」というニュースが。粟島かあ:-o粟島(粟島浦村)に初めて設置された信号機の点灯式が13日、同村の粟島小中学校で開かれ、念願の信号機を使って全校で渡...
2007/07/14 17:05
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

はじめましてです 私も粟島が大好きで毎年のように行ってます キャンプする根性がないので専ら民宿ですが 今年は春にも行ってきましたし 夏にも行きます! 私は新潟県在住で夏には県北の笹川流れというとても綺麗な海で遊んでるのですが それでも粟島は別格です 雨が降っても濁りませんし最高ですよ! ただ数年前の事ですが 宿泊してる民宿に泥棒が入って 最終的にはすべて返ってきたのですが ただ 私のパンツが返って来ませんでした!
とまぁ こういう大事件もありましたが 一度いかがでしょうか、、、
posted by あわしまん at 2007-07-04 11:03:33

パンツは残念でしたねー。

これは一度行ってみるしかないかな〜!
posted by fratdrive at 2007-07-04 11:29:24

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

佐久山御殿山もみじ祭2011 - [ f ]ご当地エクスプローラ
利根川サイクリングロードで変わった自転車おじさん…? - [ f ]ご当地エクスプローラ
とろろ汁の丁子屋がブランド再構築中につき… - [ f ]ご当地エクスプローラ
雨にも負けず「八木橋」ワイドスターマイン - 第60回熊谷花火大会 - [ f ]ご当地エクスプローラ
戦前から続く「ホタル番」から残念な新聞カメラマンまで、ホタル記事総まくり - [ f ]ご当地エクスプローラ