| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2005年09月05日

ダジュール岩地、けっこういいかも?

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 伊豆 ]


下田の九十浜海水浴場から、国道136号で松崎を目指す。高台を走る道路沿いにけっこう広い駐車場があったので停めてみると、岩地海水浴場へ降りる階段が。ぼくの好みではないけど、子どもたちにとっては、この長い階段を降りていくのも楽しいかも。
少し先には、下へ降りる道路もあったが立ち寄らず。8月30日、11時30分頃。

以下、参考資料。

岩地海水浴場
入江になっているため、湾内の波はいつも穏やか。マリンスポーツをするにはうってつけ。例年の海水水質調査では最高ランクに位置するほど水がきれい。白い砂浜も印象的。

Travel@nifty

岩地ビーチ
カラフルな魚たちと一緒にシュノーケル
真っ白な砂浜が南国的な印象の渚で、「東洋のコートダジュール」とも呼ばれている。海水浴場は全長500m。白砂が沖まで続く。水質のランクは毎年A以上で、陸からでもコバルトスズメダイを見られるほど。5月から10月は砂浜の中央に船型の無料露天風呂も設置される。シュノーケルの好ポイントもアリ。

じゃらんnet

岩地ビーチ
まるで水晶のように、澄んだ水が美しい海岸
真っ白な砂浜が南国的な印象の渚で、「東洋のコートダジュール」とも呼ばれている。海水浴場は全長500m。白砂が沖まで続く。5月から10月は砂浜の中央に船型の無料露天風呂も設置される。

〜『クチコミじゃらん「クチコミ伊豆の本」』(平成16年3月16日、リクルート)

ところでこのアイテム(エントリー)のタイトルにした「ダジュール岩地」とは、ここの浜に設置された、船を浴槽にした露天風呂のことらしいけど、駐車場から見下ろしただけでは存在を確認できませんでした。防波堤に隠れて見えなかったかな。写真を見ると向かって右側には岩場もあるし、けっこういいかも。素通り残念。


岩地温泉
名   称:船型露天風呂・ダジュール岩地
電話番号:0558-42-0745
営業時間:24時間
定休日  :11月〜4月
露天風呂:混浴のみ1ヶ所
利用料金:無料
駐車場  :約210台

松崎町役場

舟の露天風呂 ダジュール岩地
伊豆西海岸の入り組んだ海岸線沿いに車を走らせていると、入り江に黄色い屋根の建物が並ぶ小さな集落が現れる。「東洋のコートダジュール」とも呼ばれる岩地に夏限定(5〜10月)で登場するのが舟の露天風呂。白い砂浜に置かれた湯船には熱々の温泉が満たされている。海水浴場の中にあるので入浴は水着着用。

じゃらんnet

ダジュール岩地露天風呂
「日本のコートダジュール」と呼ばれる、岩地(いわち)海岸の中央に設置されている露天風呂。全長7.6m、幅2.5mの船を湯船に仕立て、岩地温泉の湯を引湯したもの。湯船の中央には、高さ6mのマストも立っている。20名ほどが同時に入浴できる大きさだが、水着のままで入浴できるうえ、入浴料も無料とあって、海水浴シーズンは常に混雑している。ただし湯の温度は高めなので、入浴の際は充分注意を。

楽天トラベル

岩地温泉【ダジュール岩地】
その昔「東洋のコートダジュールを目指そう!」という町おこしがあり、海岸沿いの家々が一斉に屋根を黄色にしてしまったという過去も。さて、そんな岩地海岸に夏の海水浴シーズンと前後して、その名も「ダジュール岩地」なる舟の温泉が登場します。岩地海岸の防波堤の丁度真ん中辺りでしょうか。海水浴シーズンには、水着を着た沢山のファミリーなどで賑わい、楽しい雰囲気となっています。普通に湯浴みを楽しみたい方は夏休み時期をはずすのがオススメ。特に朝や夕刻には誰もいない海岸で海の眺めを独り占めです。ただし、あまりにシーズンを外し過ぎると舟の浴槽そのものが撤去されてしまうので御注意。脱衣所などは一切無しなので、女性は防波堤に沿って身を隠すようにサッと着替えるしかありません。この海水浴場は白浜よりも健全で海も穏やか。子供を遊ばせやすい雰囲気。舟のお風呂なんて楽しいし、ファミリーには特にオススメです。

はしご湯のすすめ

国道を走るとウコン色の屋根が目を引く集落が現れる。ここが岩地温泉。
スペインのコートダジュールを真似ているそうだ。
ここの露天風呂の湯船は何と本当の船。
砂浜のど真ん中にある。因みに無料で入浴は24時間OK。(但し4月28日〜9月下旬の開設)

きむ拳の名湯・秘湯批評


⇒この記事をふくむカテゴリー [ 伊豆 ] もどうぞ。
at 09:37:43 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/locality/item_552.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

佐久山御殿山もみじ祭2011 - [ f ]ご当地エクスプローラ
利根川サイクリングロードで変わった自転車おじさん…? - [ f ]ご当地エクスプローラ
とろろ汁の丁子屋がブランド再構築中につき… - [ f ]ご当地エクスプローラ
雨にも負けず「八木橋」ワイドスターマイン - 第60回熊谷花火大会 - [ f ]ご当地エクスプローラ
戦前から続く「ホタル番」から残念な新聞カメラマンまで、ホタル記事総まくり - [ f ]ご当地エクスプローラ