| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2005年08月15日

意外と深い、竹細工の鈴虫

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 甲信越・中部 ]

丁字屋の駐車場面には売店があって、そこに竹細工を作って売っているおじさんがいます。以前、長男がまだ小さかった頃(5〜6年前)、竹の水鉄砲を買って、名前を彫ってもらったことがあります。

今回は竹で作ったオスの鈴虫が入った、小さな虫かごを買いました。


おじさんに、近くに「匠塾」というところがあり、そこで竹細工の教室とかやっていることを教えてもらった。⇒「駿府匠宿

この虫かご、「駿河竹千筋細工」と言うらしい。するがたけせんすじざいく、と読む。

日本の伝統的工芸品館こちらのページには、
江戸時代初期に、主として武士の内職として始まりました。19世紀中頃、竹細工の技を持っていた岡崎藩士が、清水猪兵衛に細工の技法を伝えたところから、この技を駆使して菓子器や虫籠を作り、東海道を上り下りする旅人に工芸品として売るようになりました。
…とある。かなり歴史のあるものらしい。

しずおか木使いネットこちらのページには、
明治6年のウィーン国際博覧会では、日本の特産品として紹介されて人気を集め、これを機に海外輸出が増えました。
…とある。うん。この繊細さは特産品。

駿河竹千筋細工の虫かごについては、こちらにも詳しい。

⇒この記事をふくむカテゴリー [ 甲信越・中部 ] もどうぞ。
at 17:52:07 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/locality/item_525.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

佐久山御殿山もみじ祭2011 - [ f ]ご当地エクスプローラ
利根川サイクリングロードで変わった自転車おじさん…? - [ f ]ご当地エクスプローラ
とろろ汁の丁子屋がブランド再構築中につき… - [ f ]ご当地エクスプローラ
雨にも負けず「八木橋」ワイドスターマイン - 第60回熊谷花火大会 - [ f ]ご当地エクスプローラ
戦前から続く「ホタル番」から残念な新聞カメラマンまで、ホタル記事総まくり - [ f ]ご当地エクスプローラ