| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2005年08月07日

川遊び(2005年)、川はガキのもの

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 日本の四季 ]

きょう、毎年恒例の川遊びに。これと同じところにて。

ぼくの帰省先である愛知県内の、とある小さな川。地元のひとだけが知っていればいいので、場所は書きません。甥っ子の近所で、うちの子も一緒に遊ばせてもらっている。

今年は雨が少ないので水量が少なく、川幅が狭くて浅くなっていた。魚を見るにはいいのだけど、泳ぐには具合が良くない。で、「滝」と呼んでいる、瀬のようなところを岩づたいにちょっとだけ上流に入ってみると、そこは別世界。静かな渓谷っぽい景観で、流れも強くなく、深さもほどほど。「流れるプールみたいだね」と次男が言ってたけど、まさに天然のプールって感じ。うちの子たちはそこで思う存分に泳ぎました。

こんな景色。いいでしょ。


子どもたちが来た。


おれも行くぜ!


子どもたちが泳ぐ。


下流はこんな感じ。


以下、河原で感じたことをば。

川はまず、そこに住む地元の方のもの。自戒もこめて、「よそ者が我が物顔に押しかけてくる」などと言われないようにしないと。ましてやゴミで散らかし放題など言語道断。

そして、川はガキのもの。ガキに思いっきり川で遊ばせてやりたいし、遊ばせてやってほしいと思う。子どもは大人より弱い立場なのだし、童心にかえった大人など邪魔で恥ずかしいだけの存在かもしれない。ちっちゃな子どもの遊ぶ小川でモリを手に魚獲りに夢中になり、小魚を突き刺して「鮎が取れたぞ」と周囲の失笑を買うのは勝手かもしれないし、君がゲットしたいのは鮎じゃなく昨日の花火大会でナンパした女の子かもしれないけど、君たちはもう大人なのだから。

それからBBQなんだけど、河原に着くと猫も杓子も陣地広げてバーベキューという状況に、少しうんざり。ぼくもやってきたクチなので、あまり言える立場にないけど。道具や材料の準備も大変。いい炭で焼くには早めに火を起こしたりするなど手間もかかる。ちゃんと後片付けをするのも一苦労。もっとさくっと、川を楽しんでもいいんじゃないだろうか。カセットコンロでうどんを煮てもいいし。手間いらずだし、おいしいよ。


それとクルマ。ここは駐車場などないので、土手に寄せてとめるんですけど、せめてクルマが通り抜けられる幅がないと、困るんじゃないかなあ。うちのドミちゃんは軽トラ並みの車幅しかないんで抜けられるからいいけど、皆さんがお乗りになっているご立派な車幅だとねえ…。ふだんは台数がそんなにないから、幅のあるとこだけで済んでたけど、今日は台数がハンパじゃなく、狭いほうの土手までこの通りに延々と。

⇒この記事をふくむカテゴリー [ 日本の四季 ] もどうぞ。
at 23:46:41 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/locality/item_517.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

佐久山御殿山もみじ祭2011 - [ f ]ご当地エクスプローラ
利根川サイクリングロードで変わった自転車おじさん…? - [ f ]ご当地エクスプローラ
とろろ汁の丁子屋がブランド再構築中につき… - [ f ]ご当地エクスプローラ
雨にも負けず「八木橋」ワイドスターマイン - 第60回熊谷花火大会 - [ f ]ご当地エクスプローラ
戦前から続く「ホタル番」から残念な新聞カメラマンまで、ホタル記事総まくり - [ f ]ご当地エクスプローラ