| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2005年08月05日

盛夏に絶命するセミ

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 日本の四季 ]


今朝、自宅を車で出発、いつもの道を走行中、何かが下に当たった音がした。戻って見てみても何もない。
その代わり、その直線道路上には、なぜか息果てたセミの亡骸がたくさん。

夏まっさかり、セミの声にあふれる中、早くもその短い生涯を閉じるセミたち。おそらく夕方には、車に轢かれてぺしゃんこになっているはず。

心の中で合掌。

その後、長瀞へ向かった。途中でSLを撮ろうと待ち構えていたが来ない。どうやら一足先に行ってしまったみたいで残念。で、線路わきのコンクリートだかの上にまたセミ発見。よろよろしながら右に行ったり左に行ったり。もはや絶命寸前なのは明らか、もはや意識も朦朧としていて、自分がどこに行きたいのかすらもよくわからないままに、必死で這い回る。そのさまを、じっと見ていた。同じとこをぐるぐる回った挙句に、自分より大きな葉っぱに顔を突っ込み、動きが止まった。たぶん、暑かったのだろう。と思いきや、突然羽をばたばたさせて飛び立ち、あちこちにぶつかって落下。それでもまだ生きてごそごそしている。

奴はきっと、死という運命に必死に抵抗している。死んでたまるかという気迫だけで生きている。何が奴をそうさせるのか、何かやりのこした未練でもあるのか、わからないけど、そんなジタバタだった。

セミだってジタバタしながら、自分の生を全うしようと必死だ。シタバタしなきゃと思った。

⇒この記事をふくむカテゴリー [ 日本の四季 ] もどうぞ。
at 23:22:05 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/locality/item_514.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

佐久山御殿山もみじ祭2011 - [ f ]ご当地エクスプローラ
利根川サイクリングロードで変わった自転車おじさん…? - [ f ]ご当地エクスプローラ
とろろ汁の丁子屋がブランド再構築中につき… - [ f ]ご当地エクスプローラ
雨にも負けず「八木橋」ワイドスターマイン - 第60回熊谷花火大会 - [ f ]ご当地エクスプローラ
戦前から続く「ホタル番」から残念な新聞カメラマンまで、ホタル記事総まくり - [ f ]ご当地エクスプローラ