| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2009年03月19日

カキ食べ放題店、三重県鳥羽市で急増中

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 甲信越・中部 ]



 県内最大の養殖カキ産地の鳥羽市浦村町で、「カキの食べ放題」の店を開く養殖業者が急増している。不況で値崩れが進むなか、カキを確実に売りたい業者と、新鮮なカキを思いっきり味わいたい消費者の双方のニーズが合い、活気づいている。ほとんどの店が今月末まで営業しているという。
 業者が食べ放題の店を始めたのは、20年ほど前。当時は3軒ほどだったが、2年前にノロウイルスの風評被害で消費が低迷。「思う存分食べてもらって風評を吹き飛ばそう」と7、8軒に増えたという。
 さらに、昨年から不況風が強まり、売り上げを稼ぐ方法として食べ放題に注目が集まり、今シーズンは15軒に倍増した。県道鳥羽阿児線(通称パールロード)沿いに専門の店を構える業者もいれば、漁港周辺の加工場の一角でカキを振る舞ったりする業者もいる。食べ方も、焼いたカキを運んでくれる店や、客がバーベキュー式に焼いて食べる店など様々だ。料金は1人2千〜2500円と手ごろで、焼きカキのほか、店によってはカキ飯、グラタン、カキフライ、カキ汁なども付く。「飲み物や調味料は持ち込み自由」の店がほとんどだ。
 85業者が加盟する浦村かき組合の浜田英夫組合長(55)は、自ら経営する水産会社の加工場を改造して、20年前に食べ放題を始めた。最近、インターネットのホームページで食べ放題のことを知って訪れる客が増え、さらに店が増えたとみる。「多い日は80人から100人もやって来る。横浜から1人ではるばるやって来た人もいて、『こんなことをやってもうかるのか』と聞かれた」と笑う。
[ カキ食べ放題店 鳥羽に急増中 - asahi.comマイタウン三重2009年03月18日 ]
組合長さんのホームページ、浜英水産かな。いいなあ、ぼくも食べたい:mrgreen:

⇒この記事をふくむカテゴリー [ 甲信越・中部 ] もどうぞ。
at 17:39:09 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/locality/item_1388.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

佐久山御殿山もみじ祭2011 - [ f ]ご当地エクスプローラ
利根川サイクリングロードで変わった自転車おじさん…? - [ f ]ご当地エクスプローラ
とろろ汁の丁子屋がブランド再構築中につき… - [ f ]ご当地エクスプローラ
雨にも負けず「八木橋」ワイドスターマイン - 第60回熊谷花火大会 - [ f ]ご当地エクスプローラ
戦前から続く「ホタル番」から残念な新聞カメラマンまで、ホタル記事総まくり - [ f ]ご当地エクスプローラ