| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2009年01月09日

スキー場は共倒れの危機に瀕している。

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 甲信越・中部 ]

いずれも長野県の記事ですが、どこのスキー場にも共通する課題ではないでしょうか。
 利用者減に悩むスキー場の今後を考える県の検討会は18日、「スキー場は共倒れの危機に直面しており、経営統合や廃止も視野に入れた対応が必要」とする提言案をまとめた。年内に出される正式提言を受けて、県は来年から、具体的なスキー場振興策を検討する。
 県内のスキー場利用者数はピークの1992年度の約2100万人と比べ、昨年度は約4割に落ち込んだが、同じ期間にスキー場は109から5か所減っただけで、半数以上で赤字経営となっている。こうした現状を受け、提言案は「すべてのスキー場存続は困難」との結論に達した。
[ スキー場「共倒れの危機」 県検討会 統廃合の必要性指摘 - 読売新聞長野版2008年12月19日 ]
むしろ、よく営業を続けているなという気もするのですが。

 昨冬、スキー・スノーボードに行ったのは、わずか1割――。リクルート・じゃらんリサーチセンターに県が委託した調査で、スキー離れが改めて浮き彫りになった。客の多くが、温泉や料理など「スキー以外の何か」を求めていることも分かった。同センターの服部卓郎さんは「過去と同じサービスや手法では集客できない」と指摘した。
 調査は、今年3月上旬にインターネットで実施し、首都圏、関西圏、東海圏と県内の20〜60代の男女1555人から回答を得た。
 その結果、スキー・スノーボードに最近いつ行ったかは、「昨冬(07〜08年)」が11%にとどまった。「2年前」も7%、「3〜10年前」は26%だった。「11年以上前」(33%)と「スキー・スノーボードはやらない」(23%)を合わせると6割近くに上った。
 自由回答では、「スキーの後は温泉に入り、地ビールや地酒を飲みたい」「夜はライトアップされたゲレンデで、パーティーやライブイベントがあればいい」など、スキー以外の楽しみを求める声が多かった。
 研修会で講師を務めた服部さんは、「伊豆の温泉や海外が戦う相手」と話した。
 研修会に参加した黒姫高原スノーパークの小林奈美絵さん(26)は「リフト割引などだけでは集客できないことがわかった」と話した。
[ 「スキーだけでは集客困難」リクルート分析 - asahi.comマイタウン長野2008年11月28日 ]
まあ、うちは行きますけど多分。子どもたちも全員滑れるようになったんで。ファミリースキーだと「子どものスキー上達」って要素があるので、やめるにやめられないですね。

■追記:こういうのもありですね。

 草津町の草津国際スキー場では、一般の観光客もゲレンデまで登り、眼下に広がる眺望を楽しむことができる「雪山観光」が行われており、多く人たちが大自然の迫力を味わっている。
 観光客たちは山麓(ろく)駅から白根火山ロープウェイに乗り、標高約二千メートルの山頂駅まで白銀の世界の“空中散歩”を満喫。さらに逢(あい)の峰ロマンスリフトを使ってたどり着いたゲレンデの頂上には、雄大なパノラマが広がる。付近では樹氷が陽光に輝き、至仏山や日光白根山なども望める。
 「気温が低く空気の澄んだ快晴の日が好条件。寒さ対策も絶対忘れずに」と同スキー場。
[ 草津国際スキー場 標高2000メートルの「雪山観光」 - 上毛新聞ニュース2009年1月9日 ]
■関連記事:
加山キャプテンコースト - 2009年02月22日
加山キャプテンコースト - 2007年02月18日
[Podcast]リフト動画 in 加山キャプテンコースト
[Podcast]ミニスノーモービル in 加山キャプテンコースト
[Podcast]お子様スキー in 加山キャプテンコースト
[Podcast]直滑降ムービー in 加山キャプテンコースト

⇒この記事をふくむカテゴリー [ 甲信越・中部 ] もどうぞ。
at 00:08:38 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/locality/item_1313.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

佐久山御殿山もみじ祭2011 - [ f ]ご当地エクスプローラ
利根川サイクリングロードで変わった自転車おじさん…? - [ f ]ご当地エクスプローラ
とろろ汁の丁子屋がブランド再構築中につき… - [ f ]ご当地エクスプローラ
雨にも負けず「八木橋」ワイドスターマイン - 第60回熊谷花火大会 - [ f ]ご当地エクスプローラ
戦前から続く「ホタル番」から残念な新聞カメラマンまで、ホタル記事総まくり - [ f ]ご当地エクスプローラ