| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2009年01月01日

日本人との交流を望んでいるが自治会には入っていない外国人たち

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 関東 ]

 【宇都宮】市内に住む外国人は、日本人との交流や地域活動への参加の意欲は高いが、自治会には六割以上が入っておらず実際の交流は少ないことが、市国際交流プラザがまとめた「外国籍市民アンケート」で明らかになった。
 地域活動の項の「日本人との交流意向」を聞いた質問(複数回答)では、「日本語や日本の生活習慣を教えて欲しい」「地域活動などを通じて積極的に交流したい」など、交流を望む回答が九割を超えた。
 一方で、地域活動の基礎となる自治会に加入していない人は六割を超えた。加入していない主な理由は「自治会を知らない」「入る手続きが分からない」など。また、近隣の日本人との付き合いも「あいさつをするだけ」が五割を占め、「親しく行き来している」は一割にとどまるなど、実際の地域社会との交流は進んでいない現状が浮き彫りになった。
[ 宇都宮市在住外国人、市民と交流したいが自治会は敬遠 - 下野新聞2008年12月31日 ]


宇都宮だけでなく全国的に見られる傾向でしょう。かつて「不法滞在の外国人労働者」が急増したとき、あらぬデマが流布されるなど地域社会の感情的な拒否反応が各地で見られた。いまはそんなデマ騒ぎはないはずだが、在住外国人の存在をスルーする、まるでいないかのごとくふるまっているような日本人地域社会のありようが気になる。これからの日本は外国人なしには成り立っていかないはず(いや、すでに、というべきか)。その場しのぎ的見て見ぬふり的対応は続く世代に問題をなすりつけているだけではないか。(外国人に限らず)「やっかいな」人たちを放置プレイさせとく自治会は果たして本来の責務を果たしているのか、それともただの申し送り的名誉職でいいと思っているのか。

(さっきの紅白歌合戦でやたら「日本人ここにあり」とか鼓舞するパートがあったけど、あれは問題じゃないか。全体的に演出サイドの意志が感じられるいい番組だと思っただけに残念)

⇒この記事をふくむカテゴリー [ 関東 ] もどうぞ。
at 00:53:27 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/locality/item_1292.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

佐久山御殿山もみじ祭2011 - [ f ]ご当地エクスプローラ
利根川サイクリングロードで変わった自転車おじさん…? - [ f ]ご当地エクスプローラ
とろろ汁の丁子屋がブランド再構築中につき… - [ f ]ご当地エクスプローラ
雨にも負けず「八木橋」ワイドスターマイン - 第60回熊谷花火大会 - [ f ]ご当地エクスプローラ
戦前から続く「ホタル番」から残念な新聞カメラマンまで、ホタル記事総まくり - [ f ]ご当地エクスプローラ