| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2007年11月01日

[草津温泉]西の河原露天風呂の丸見え問題

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ご当地エクスプローラ カテゴリー : 関東 ]

こないだの日曜(10月28日)、2年ぶりに家族で草津温泉へ行ってきました。

朝6時すぎに家を出て、関越の東松山で乗って渋川伊香保で降り、道の駅こもちで人なつっこいノラ猫と遊んで、9時すぎには草津到着。台風一過でいい天気、湯畑周辺は朝から賑わっていました。

西の河原通りをぶらぶら歩いて西の河原露天風呂に。脱衣所から広〜い露天風呂に出て、おー空も高いし紅葉も色づいて…!と思ったら塀の向こうに通行人がいっぱい。

あ、見られた。

あわててしゃがんだ。

おっさんだけなら全然かまわないけど…若い女性に見られたりするとこっちも恥ずかしく身の置き場がなくなってしまうので、せめてあの塀を少し高くしてもらえないでしょうか。

お願いします!

(※注:女湯は見られないようです)

その後、西の河原公園で紅葉を撮ったりしてました。うちの子(小中学生)が撮ったのも混じってますが区別がつかないのでまとめてup!












次に、前回は工事中で入れなかった地蔵の湯に。いまはこうなってます。左の写真で手前にあるのが足湯。




中に誰もいなかったので撮らせてもらいました。こんな感じになってます。すごく効きそうな湯の感じは3年前と変わってませんでしたが、湯温は以前よりも低く、のんびり浸かれる適温って感じかな。皮膚病の治療なんかにはちょうどいいかもしれません。(※ぼくは水虫を草津温泉で治しました)。

昼飯を済ませてから、さらに千代の湯、白旗の湯とハシゴ。千代の湯は地蔵の湯よりも熱かったけど、体が慣れたら快適に。白旗の湯は、2つある浴槽の1つが猛烈に熱く、10秒ぐらいしかもちませんでした。いや〜暖まった!

午後2時前には車で出て、道の駅川原湯温泉を経由して、夕方6時すぎには帰宅。道中ちょい距離あるけど、できれば毎月でも行きたいなあと思いました。

(ただ、草津は食事がイマイチなんだよなあ…。お湯は最高なんだけどなあ…)

←おみやげその1:草津温泉ハップ。2年前に買ったのと、今回買ったのと。

←埼玉屋という骨董品屋みたいなところで、その店名に惹かれて買ったんですが。「袋に紙入れといたから。ハップ欲しかったら宅配で送るから電話して」と言われたんですが…袋にはこんな紙が。なんともいえずファンキーです。今後ともよろしくお願いします。




↑おみやげその2。ホテルみゆきの販売する天然温泉濃縮液「草津名湯の湯」。源泉を濃縮したもの、なんだそうです(⇒使ってみた感想は文末の追記に)。いっぽう、去年12月に不当表示問題が発覚した人工の「湯の花」は土産物屋から姿を消していました。

その他雑感。

1.車中泊仕様のクルマをあちこちで見た。最近、増えているんだろうか。

2.女性がカメラで撮りまくっている場面に何度か遭遇した。…引いた。

3.バイクはもう小僧の乗り物じゃないんだなと痛感した。

■関連記事:
温泉日本一は草津温泉
草津温泉(2005年10月16日)

■追記:天然温泉濃縮液「草津名湯の湯」(300ml)を家の風呂に使ってみました。
・「本品1本を1〜3回に分けてお使いください」とあるので1/3入れてみた→子どもが入ったが「ただの風呂だった」
・もうちょい足して1/2本分入れて入浴→やっぱしただの風呂だ。
・残り全部入れて1本分に→んーなんか皮膚がピリピリするかも。
・追い炊きしてみた→ピリピリはしなくなったが、なんか表面に垢みたいのが→すくって捨てたその湯が茶色い→これは成分か?(水道水の塩素と成分中の何かが結合?)
・結果、よく温まった。
・しかし1回1050円じゃ、さすがに高いだろ。ハップ1本2300円で2年もつんだぜ!

⇒この記事をふくむカテゴリー [ 関東 ] もどうぞ。
at 09:04:43 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/locality/item_1037.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

佐久山御殿山もみじ祭2011 - [ f ]ご当地エクスプローラ
利根川サイクリングロードで変わった自転車おじさん…? - [ f ]ご当地エクスプローラ
とろろ汁の丁子屋がブランド再構築中につき… - [ f ]ご当地エクスプローラ
雨にも負けず「八木橋」ワイドスターマイン - 第60回熊谷花火大会 - [ f ]ご当地エクスプローラ
戦前から続く「ホタル番」から残念な新聞カメラマンまで、ホタル記事総まくり - [ f ]ご当地エクスプローラ