イイコト・ニュース社
Home > 海外ニュース > コンパクトな折りたたみ式電動バイク「YikeBike」

2009年09月27日

コンパクトな折りたたみ式電動バイク「YikeBike」





おー!これは面白い:heart:

動画見るとわかりますけど、乗り方が変わってます。ハンドルが逆さまについてて、このハンドルに囲まれたシートにちょこんと座る。座るといっても、ほとんど立ち位置と同じ腰の高さで、視点も高い。二輪車ではあるけどリアは補助輪で、ぱっと見には一輪車に近い感じ。


テイストはホンダの電動一輪車U3-Xに似てますね。パーソナルな移動ツールで、いかにコンパクトにするかという。コッチにも書きましたが、これまで僕らは遠くから近くまで、クルマやバイクという乗り物ですべてこなそうとしてきたんですけど、もうそういう時代じゃないんじゃないかって最近思うんです。で、近距離移動用にはこれまで自転車、最近は電動アシストも出てきましたが、ぼくらの日常的な移動であるこの近距離移動をいかに効率化するかっていうか…。移動ツールはコンパクトであればあるほど道路をみんなでシェアできるし、移動エネルギーも少なくて済む。自転車に近い低移動エネルギーで、行動範囲をより広げられれば、全体としての移動エネルギーを減らせる。…温室効果ガス25%削減というのは、こういう技術革新の果てに達成されるものではないかと思うんです。それに社会+法制度。コンパクトシティ化、道路の再構築、道交法の見直し。

たとえば、従来(現行)の主要移動ツールである自動車は、高速道路+国道での長距離移動用にする。それ以外の道は自動車のプライオリティを大幅に下げて、歩行者、自転車、そしてこのYikeBikeみたいなパーソナルモビリティを優先させる(←渋谷センター街みたいな感じ?)。いまは原動機がついているかどうかで車両区分をしてますけど、その区分を見直して、自転車も含めて何らかの車両区分にする。できるだけクルマを使わずに普段の移動がさくっとできるようになれば、温室効果ガスも減るし、ぼくらも困らないしむしろ楽しい:-o

やっぱり、モーターで動かす(電動)ってのはエンジン駆動に比べて設計の自由度が高いし、発想次第でいろんなものが作れそうで面白いですね:wink:

さてこのYikeBikeのスペック。公式サイトをみると、最高速20km/h、30分の充電で10km走行可能、出力1.2kW、重量9.8kg。リンク先では電動自転車と紹介されてますけど、電動バイクですね。日本国内の現行法では保安部品とヘルメットが必須だと思う(よく知らないけど)。来年発売予定のようで、販売価格は3,500〜3,900ユーロ(日本円で約46万円から51万円)。頭金約1万円で申込可能です。とりあえずメアド登録しときました。ニュースレターとか送ってくれるみたいです。

なお、“YikeBike Limited”、所在地はニュージーランドになっています。どうも最近気になるのがニュージーランド。

※乗り物ネタは陸海空ファンビークル - [ f ]原動機Blogにもありますので、あわせてご覧ください。
2009年09月27日 at 12:10:12 | by fratdrive | 固定リンク |

トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/goodnews/item_1569.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。
このブログをメールで購読
メールアドレスを入力



検索

メニュー一覧

最新記事

Powered by


Powered by Nucleus CMS

track feed