イイコト・ニュース社
Home > 海洋楽研究所の水中ロボットが“えれーすげー”

2009年09月22日

海洋楽研究所の水中ロボットが“えれーすげー”





http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aichi/news/20090921-OYT8T00712.htm

via kwout

 海洋生物のロボットを製作している豊橋市池見町の海洋楽研究所主宰、林正道さん(47)の水中ロボット講座が21日、蒲郡市海陽町のラグーナ蒲郡のテーマパーク「ラグナシア」で行われ、大勢の家族連れでにぎわった。
 林さんはアルバイトをしながら三河湾のスナメリなどの研究をしていたが、体調を崩した7年ほど前から、建築廃材や発泡スチロールなどを使って本物そっくりのロボットを製作。全国各地でロボットの実演を通して、海の生き物の素晴らしさを伝えている。
[ ロボットに乗りスイスイ 蒲郡、海洋生物講座にぎわう - 読売新聞愛知版2009年9月22日 ]
水中ロボット、ですか!おどろきました。ぼくのふるさと、愛知県の三河地方にすごい方がいました(※ぼくは岡崎市出身、もともとの本籍地が蒲郡市)。

ホームページの海洋楽研究所には今後のイベント情報などが掲載されています。ちなみに水中ロボットはウミガメのほか、メカジキ、スナメリ、ホホジロザメ、シュモクザメ、シャチ、マッコウクジラ、ジンベイザメ、シーラカンス…と多数。

いやー。マジハンパないっていうか、えれーすげー(←三河弁、とてもすごいの意)っていうか。。。

じゃウミガメの動画をオリジナルサイズで改めて。

2009年09月22日 at 18:25:50 | by fratdrive | 固定リンク |

トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/goodnews/item_1553.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。
このブログをメールで購読
メールアドレスを入力



検索

メニュー一覧

Powered by


Powered by Nucleus CMS

track feed