イイコト・ニュース社
Home > 国内ニュース > Page.3
国内のイイコト・ニュース
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»

2009年10月03日

屋久島が電気自動車アイランドに?


 鹿児島県は2日、縄文杉で知られる世界自然遺産の屋久島で、観光用レンタカーなどに電気自動車の導入を目指す検討に入ったことを明らかにした。同県は屋久島を二酸化炭素(CO2)の排出量ゼロとする構想を掲げており、電気自動車の普及による環境保全に取り組む。
 手始めに9月末、県は三菱自動車の電気自動車「アイ・ミーブ」5台を公用車として島内に導入。急速充電器も2カ所に設置する。山が多い島内を電気自動車で十分に走行できるか検証し、宿泊施設など関係業界と協議の上で将来は観光用にも拡大したい考え。
 今後、レンタカー業界関係者を交えた研究会を開き、島内に約500台ある観光客用レンタカーを「徐々に電気自動車に置き換えたい」(地球温暖化対策課)という。
[ 屋久島でレンタカーに電気自動車 環境保全、鹿児島県が検討 - 共同通信2009/10/02 ]
いいんじゃないでしょうか屋久島。
屋久島の道路はおおむね外周道路で成り立っていて(+ヤクスギランドや白谷雲水峡に向かういくつかの山道)、走行距離もだいたい読めるので、電気自動車の導入に適していると思います。
そんで、充電ポイントをバス停みたいなというか小さな道の駅というか、観光パンフやちょっとした売店置いたりして。団体旅行がある一方、若い子のひとり旅も多いので、東屋みたいなのを置いて、旅人同士、旅人と島民のちょっとした交流の場とかにすると楽しいかも。

あそこはレンタサイクルの需要も高いですが、ロングラン可能な電動アシスト車もあると楽しそうですね。サルの出る西部林道とか、気持ちよさそうです。
[ 続きはこちらを ]

2009年10月01日

伝統の防寒具「ねこ」、「なぎそねこ」としてブランド化(長野県南木曽町)

 木曽郡南木曽町吾妻地区の伝統的な防寒具「ねこ」を特産品化し、地域おこしにつなげよう−と、地元でねこを作ってきた50〜80代の女性7人が29日、「南木曽町ねこ製作協同組合」を設立した。「なぎそねこ」としてブランド化し、催しでのPRや地元保育園児への寄贈など、さまざまな活動を繰り広げる計画だ。
 ねこは袖のないはんてんのような形で、中に綿が入っていて背中を温める手作りの防寒具。手を動かして作業しやすい。名称の由来は「ねんねこはんてん」「猫のように温かい」など諸説あるという。
 この日、町内で開いた設立総会では「伝統と品質を守り、広く特産品として紹介することを通じて町の発展に寄与する」とした規約を承認。黄色の猫のシルエットをデザインし、白地に黒字で「なぎそねこ」と書いた約3センチ四方の統一タグが披露された。
 会長に就いた吉村早苗さん(52)は「ねこ一枚でストーブも必要ない。全国に広げたい」と話している。
 ねこはサイズや生地の質に応じて1着1500〜6000円程度。以前から町内外の商店など約20カ所で販売しているが、徐々に統一タグを付けた商品を増やしていく。問い合わせは町商工観光係(電話0264・57・2001)へ。
[ 防寒具「ねこ」特産品化へ 南木曽の女性7人が組合設立 - 信濃毎日新聞9月30日 ]

[ 続きはこちらを ]

2009年09月30日

2009年09月29日

2009年09月28日

このブログをメールで購読
メールアドレスを入力



検索

メニュー一覧

最新記事

Powered by


Powered by Nucleus CMS

track feed