イイコト・ニュース社
Home > 国内ニュース > 淡路島発「笑える」トイレットペーパー

2009年09月22日

淡路島発「笑える」トイレットペーパー



http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hyogo/news/20090920-OYT8T00022.htm

via kwout



 淡路市尾崎の製薬会社「ムネ製薬」が浣腸(かんちょう)の販売促進用に作ったトイレットペーパーが、広告業界などで注目を集めている。便秘のつらさをネタにしたコピーなどを印刷し、「トイレで笑える」娯楽性が人気の理由。17日からはレジャー・娯楽情報誌「ぴあ」のウェブサイトで、プレゼントとして取り上げられた。
 ペーパーには「リビングよりトイレで過ごす休日がある。便秘に土日はない」「行列のできるお店のトイレで行列を作った。店長も並んでました」など10種類のコピーを、製品のキャラクターとともに印刷。
 コピーは雑誌広告にも使っていたもので、広告業界で話題になり、ウェブサイト「@ぴあ」を運営するぴあ(東京)の目にとまった。「日用品は喜ばれるし、落ち着けるトイレでこっそり笑えるエンタメ性も十分と判断した」と担当者。
 ムネ製薬は今夏、島内の観光施設のトイレで使ってもらうキャンペーンも展開し、好評だったという。西岡一輝・営業本部長は「娯楽の分野でプレゼントになるとは驚いた。トイレで笑い、薬局で商品を手に取ってもらえれば」と話している。
[ 広告業界で娯楽性人気 トイレットペーパーにコピー - YOMIURI ONLINE(読売新聞)兵庫版2009年9月20日 ]
なんか使ってみたいですね、このトイレットペーパー。

…広告つきトイレットペーパーを破格値で販売するとか、どうなんですかね>広告会社各社。
スーパーやドラッグストアのチラシの目玉になるし、ぼくらも安い分にはうれしいし:wink:
2009年09月22日 at 08:42:26 | by fratdrive | 固定リンク |

トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/goodnews/item_1550.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。
このブログをメールで購読
メールアドレスを入力



検索

メニュー一覧

最新記事

Powered by


Powered by Nucleus CMS

track feed