| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2006年04月07日

素人動画配信必勝テク(?)

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : テレビ◎ネット ]

[ナイスな動画を探せ!]で面白いムービーを探しながら考えたこと。

ようは、「(動画も含めて)どんなコンテンツがウケるか」ということなんですけど。

ネットで情報発信してる人のなかに「俺の話を聞け!」というタイプがあると思う。人の話には耳を傾けず、ひたすら自説を押しつける…。会ってみればきっと悪い人じゃないんだろうなと思いつつ、正直、ありがた迷惑だったりとか。…拝聴すべき意見もあるかもしれないけど、たいていは辟易して遠ざかってしまいます。

動画もしかり。こちらの場合は、「俺の映像を見ろ!」でしょうか。なんつーか、素晴らしい映像作品って、見てて萎えちゃうのは僕だけでしょうか。iPodでも、ステキなオープニングタイトルを見ただけでスグに早送り。

たぶん、僕らは「素晴らしい何か」が欲しいんじゃなくって、「面白い何か」が欲しいのではと。屁理屈をいうと、「素晴らしい」の主役は作った人で、「面白い」の主役は見る人ではと。やっぱ自分が主役がいいよねー。

これまで、プロの映像制作テクを市民に伝授、という動きはいろいろあったと思います。でもそれって、言い方は悪いんだけど、プロの真似事だし、真似事したい人の自己満足だよね多分。「俺の話を聞け!」おじさんが日曜討論(?)のパクリをしているように。

たとえば、ドキュメンタリーっぽい映像作品。テレビのドキュメンタリー番組みたいなのをイメージして作ったりしてると思うんだけど。テレビの場合は、「ふとテレビをつけたらやってて、ついつい引き込まれた」というパターンがありますよね。だから地味なテーマでも、ある程度の訴求力があると思う。プロだから、いい素材を撮ってこれるし、お客さんを引き込むための工夫も知っている。

一方のアマチュア、というかネットの世界ではどうか。取捨選択フリーだから、何かのメッセージを持ったドキュメンタリー作品を見る人って、よっぽどレア。たぶん、もともとそのテーマに関心のあった人だけ。広がりが期待できない。そもそも、そんな長い動画見ないし

もし、あなたが何か人々に伝えたいメッセージがあるのなら、それをどう多くの人に見てもらえるのか、考えないと。

では具体的に、報道ドキュメンタリー系とか情報バラエティ系とかの番組制作プロセスにあわせて、「アマチュア動画配信必勝テク」を考えてみた。

【企画】

・プロも顔負けのビックリ発想⇒可能。もともと放送作家さんとか、アイデアだけで食ってるプロは存在する。

【取材】(ロケ前のリサーチ)

・いまやネットでけっこういいとこまでリサーチできるので、ここはプロアマ関係なし。

【撮影】

・プロを凌駕するテクニック撮影⇒無理だろ。
・プロにも撮れないビックリ撮影⇒事件事故とか偶然居合わせた動画とかはいけるけど、確率低く狙い撃ち無理。

【編集】

・プロを凌駕するテクニック編集⇒無理だろ。
・プロも顔負けビックリ編集⇒可能性としてはある。

…まとめてみると、ユニークな企画と編集で、アマでもプロを凌げる可能性はある。

ポイントはたぶん、「面白い」というとこに尽きると思う。携帯動画(=携帯デバイスに配信される動画)はサイズやビットレートの制約もあって、表現力ではハイビジョンにかなわない。だからなお、「面白い」とこにとことんフォーカスしていかないと。

さらにいうと、プロ作品よりもずっと、敷居が低くないといけない。単純に尺が短いとか、仰々しいオープニングタイトルをつけないとか、パンもズームも、インタビューすらもなく、面白い絵を寄りで一発、というのが、アマチュア動画発信のデフォルトスタイルではないかと思っています。…その敷居の低さって、たぶん、テキストブログの文体と同じ。



はあー少し頭すっきりしたぞ。よし僕もこの「必勝テク」(?)を学んで、面白い動画作るぞー。

⇒この記事をふくむカテゴリー [ テレビ◎ネット ] もどうぞ。
at 17:54:32 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/diary/item_727.trackback

テレビ◎ネット
「ビデオは難しい」という誤解: 以前書いた「素人動画配信必勝テク(?)」や「動画共有サービス必勝テク(?)」の続編。いろんな動画共有サービスが登場して、ネット⇒テレビの流れも生まれつつある。…のだけど、いまだに変わらないのが、「ビデオは難しい」という思い込み。動画共有サービス自身...
2006/10/19 18:06
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

庶民の生活に視点を移しはじめた米テレビ番組 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
市民ボランティアの動画配信(兵庫県相生市) - [ f ]ふらっとどらいぶログ
「“ウケる動画”の10のポイント」を検証してみる。 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
テレビなんて見なくても困らない。 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
[動画]忍者ネコ - [ f ]ふらっとどらいぶログ