| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2005年01月19日

三度目の高田馬場店

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : スガキヤラーメン ]

【ケータイ投稿】昼の12時台入店、満席ではないものの昼どきらしい混み合い。前回同様、ふつーのスガキヤラーメンと、どて丼のセット。一緒に持ってきてくれるよう頼む。従業員の顔ぶれは前回とあまり変わらない印象。店内活気あり、声よく出ている。とりわけ、もっぱら食券を受け取って注文を通す女の子と、奥でたぶん調理にあたる男の子。前回気になった「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」の声かけだが、今日は良かった。認識する限り確率100%。ただ、すべて従業員全員が声を出しているわけではなかったと思う。料理が出るまでの待ち時間は、ふつう。少なくとも、遅いとは感じなかった。頼んだ通り、一緒に持ってきてくれた。どて丼だが、前より良かった。見た目あまり変わらないかもしれないけど、具もわりと載ってたし盛りつけもそこそこ。メニュー写真みたいなものを求めるのは、きっと高望み。ラーメンは、スープがちょっと熱かった。あとは文句なし。腹一杯になったし、なんていっても、こんなにしょっちゅうスガキヤを食べられる幸せ。食べ終わって席を立つと、すかさず「ありがとうございます」の声が。嗚呼三度目の正直。

帰宅後追記:

すべて従業員全員が声を出しているわけではなかったと思う。
というのは、客の出入りに対して常に従業員全員が「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」と声を出しているわけではないという意味。
先日松屋で体験し、ここのコメントに書いたように、
出入りがあるたびに誰かが「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」というと続いて他の従業員もそろえて声を出す。
という機械的なルールでやったほうが、従業員側にとっても楽だと思うのだけど。
ひるがえって考えてみると、SC内に展開しているスガキヤ従来店舗って、こういう声かけ、あったっけ?気にしてなかったけど。

⇒この記事をふくむカテゴリー [ スガキヤラーメン ] もどうぞ。
at 13:26:29 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/diary/item_354.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

関東寿がきやファンクラブ、活動終了 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
なんやねんスガキヤ - [ f ]ふらっとどらいぶログ
三度目の高田馬場店 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
スーちゃんがいっぱい - [ f ]ふらっとどらいぶログ
かつての関東スガキヤ出店マップ - [ f ]ふらっとどらいぶログ