| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

[ f ]ふらっとどらいぶログ -> news (新着順一覧)

2009年03月31日

土壁は地震に強い:岡山理科大で公開実験(伝統構法の会)

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : news ]


とても興味深い実験。
 土壁を持つ伝統的な建築物が、地震などで受ける圧力にどの程度耐えられるかを調べる公開実験が、2月28日と1日の2日間、岡山市の岡山理科大で行われた。
 NPO法人「伝統構法の会」(本部・東京)が主催。大震災では古い木造建築が倒壊しやすいと指摘される一方、被害が少ない伝統構法の建築物もあることが分かっている。
 柱と柱の間にヒノキ材5本を水平に通し、竹を縦横に敷いた骨組みに、矢掛町産の土を塗った土壁(縦3メートル40、横3メートル94、厚さ7センチ)を使用。左右に5〜45センチずつ揺らすため、油圧ジャッキを使い圧力をかけた。
 28日には土壁と桁(けた)、敷居との間にすき間がある「間仕切り型」で実施、1日はすき間がない「外壁型」で試した。外壁型では、約60人が見守る中、圧力が強まるごとに木材が「パキパキ」と音を立て、約15トンの圧力をかけ続けると、壁の土が崩れた。しかし、骨組みは残り、土を塗り替えれば再生できることが確認された。間仕切り型もほぼ同じ結果だったという。
 同会は土壁の耐久性を評価。壁の土が圧力を吸収、少しずつ崩れながら発散していると分析した。前川康会長(67)は「骨組みが崩れなければ、地震が起こっても家は倒れず、中にいる人を守ることができる可能性は高い」と話した。
[ 耐震性優れる土壁建築 岡山理科大公開実験 伝統的構法次世代に - 読売新聞岡山版2009年3月2日 ]

[ 記事全文 ]

2009年03月19日

コンニャクパウダー入りで小腹を満たす「コバラピタリガム」

2009年03月18日

ETC車載器助成は一週間でパンク

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : news ]

見込み、甘すぎるんじゃないでしょうか。
東北のカー用品店など「助成取扱店」では、希望者が殺到して車載器の在庫が底を尽く店が増え、ドライバーが「買いたくても買えない」と怒りを募らせている。助成期間は月内の予定で、何とか助成を受けようと店をはしごする人も。
オートバックスのフランチャイズ本部、オートバックスセブン(東京)によると、全国約500店のうち既に半数以上で在庫がない状態という。
国土交通省は「希望者が予想をかなり上回っており、メーカーに増産をお願いする。財団には助成継続を要請している」と言う。
[ ETCパンク 東北・希望者殺到、売り切れ店続出 - 河北新報2009年03月18日 ]

[ 記事全文 ]

2009年03月16日

ETC“特需”にニッポン中が大騒ぎ

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : news ]

ETCをめぐって全国で大騒ぎになっています。
 自動料金収受システム(ETC)車載器の購入費用の助成が始まり最初の週末を迎えた14日、県内のカー用品店などで車載器の売り切れが相次いだ。同時に店頭では、助成を受けるのに必要な「ETC車載器新規導入助成申込書」も不足。店によっては機器や申込書が新たに届く期日が不透明な状況も生まれ、「約10万台といわれる助成の対象に入れるのか」の声も。
[ ETC車載器の品切れ店続出 助成対象10万台入れるか? - 福島民友ニュース3月15日 ]
メーカー側は「前年同期比200%の生産」(三菱電機)とフル稼働状態にもかかわらず、「今後も車載器の商品を確保できるのか」といった店側の不安の声、「助成期間中に購入できないのでは」といった客側の不満の声も他紙に。

ぼくは助成開始翌日の3月13日、近所のオートバックスで並んで買いました。結局、3時間かかりました。安いものからどんどん店頭から消えていきます。なんとか9800円のアンテナ一体型ブザータイプを確保。ETCカードは店内発行機にクレジットカード入れたら即発行されました。商品価格+セットアップ代金−助成金で7,075円也。取り付けは後日、自分でやるつもり。

旅行業界、観光業界も盛り上がってきているようです。
[ 記事全文 ]

2009年02月11日

良心のある番組

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : news ]

 不景気にあえぐテレビ局が容赦のないリストラに動き始めた。
 各局とも制作費の大幅カットが断行され、すでにみのもんた、福留功男、徳光和夫といった高額ギャラ司会者の降板や打ち切りが続々と決まっている。さらに、その対象が大物タレントにまで及び始めたのだ。
 発売中の「週刊女性」によると、伊東四朗が今春限りで「脳内エステ IQサプリ」(フジテレビ)を降板。上沼恵美子が司会を務める名物ローカル番組「週刊えみぃSHOW」(読売テレビ)も打ち切りが決まったという。いずれも、1本200万円前後の高額ギャラだ。
「いよいよ、タブーなきリストラが始まりますよ」と、東京工科大教授の碓井広義氏(メディア学)はこう言う。
「在京キー局ですら赤字を計上しているだけに、今後もさらなる制作費カットが予想されます。テレビ局は費用対効果優先で考えているので、シビアな“間引き”が加速するでしょう。制作費の削減は、タレントの出演料をカットするのが手っ取り早くて効果的。大物タレントはギャラが高い分、逆に真っ先にリストラ対象になる可能性もありますよ」
[ 動き出したTV界の本格リストラ - 日刊ゲンダイ2009年2月6日(livedoorニュース) ]
テレビ各局業績悪化→制作費大幅削減→大物タレントのリストラ、というのは、わかりやすく食いつきやすい構図。そういう動きもあるかもしれませんが(知りませんが)、むしろ実力もないのに業界にぶら下がっている制作会社、制作スタッフのリストラをやっていただきたい、と思ってます。
[ 記事全文 ]

2009年02月02日

ボーイスカウトを引っ張っているのは女の子

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : news ]


Boy Scouts Galore
Originally uploaded by psmphotography


 ボーイスカウトで活動する女の子が増えている。かつては男子100%だったが、少子化などで女子を受け入れるようになり、今では隊員全体の約2割を占める。指導者からは「活動を引っ張っているのは女の子」との声も漏れ、「ボーイ」を名乗りながら、もはや女子の存在が不可欠になりつつある。
 ボーイスカウトは1907年、英国のベーデンパウエルが青少年の心身鍛錬を目的に創設。その名の通り「男の子」のイメージが強いが、週末ともなれば、山や川で、ベレー帽にカーキ色の制服を着た女子ボーイスカウトたちの姿を見つけることができる。
 ボーイスカウト日本連盟が女子の受け入れにかじを切ったのは95年度。海外では男女一緒に活動する国が多く、世界の流れに乗った形だ。県連盟の亀田永柳事務局長(66)は「少子化による男子の激減が大きい」と言う。97年度まで2千人台だった県内の男子隊員数は、07年度には約1千人に半減。「『みんなでキャンプ』より『1人でゲーム』を好む男子が増えた」
 県連盟では積極的な勧誘をしていないにもかかわらず、女子の数が07年度には243人、約20%にまで増えた。全国でも現在2万人を超える女子隊員が活動中だ。
 宇都宮市内のボーイスカウトに所属する小学5年の鈴木晴瑛(はる・え)さん(11)は入隊の理由を「野外活動が面白そうだと思った」と話す。冒険心をくすぐられた様子で「キャンプや魚釣りが楽しい。入ってよかった」。
 中臣正範・県連盟組織委員長(49)はむしろ「男子よりも、女子の方がまじめで活発。活動をまとめるのも女子の方が多く、活動を支える存在」と利点を強調し、「男子のひ弱さが目立ってしまうくらい」と苦笑いを浮かべる。
[ 女の子増加中 ボーイスカウト - asahi.comマイタウン栃木2009年02月01日 ]

[ 記事全文 ]

2009年02月01日

意外と虫のいい「浮遊ニッポン」〜今がよければ

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : news ]

ネットカフェ難民などいない。と、ぼくは思っています。
以前、ネットカフェ難民について調べて、ためしにネットカフェに宿泊(?)してみた体験から、そう思います。
定宿がなく、ネットカフェで睡眠をとるのは、たしかに空しい気分もあるかもしれない。
でも、キレイな空間で、狭いけど個室で、空調が効いて(効きすぎて喉に辛いかも)、パソコン使い放題で、マンガ読み放題で(読まないけど)、場所によってはシャワーもあって(順番待ちは辛いけど)、布団も無料貸し出しだったりして(みんな貸し出されちゃってたけど)、コーヒーとかドリンク飲み放題で、フロントにはまともな格好をした係員が立ってて「お客様」扱いしてくれる。

少なくとも「最底辺」ではない。

※ぼくが泊まったのは去年6月、「マンガ喫茶マンボー」渋谷センター街店。ナイトパック(6時間)1,290円。このときはあえてソファ席を選んだが、フラットブースやカウチソファ席(ソファを倒せばベット)もある。当時のメモ。
静かにうなる空調の音、ブルー基調の暗めな照明。
隣の物音。ケータイのバイブ、いびき…気になる。
ネットもテレビもマンガもシャワーもフリードリンクもある快適な?消費空間。だが声が出せない。息苦しい。
6時間を通していちばん辛かったのは、黙っていなければいけなかったこと。
…声を出せないのは辛いが、慣れてくるとミニホテル?に感じられなくもない。
あるいは家畜小屋?
ネットカフェは消費空間であって、そこにいるのは消費者。将来とか面倒なことを考えなければ、時々日雇い派遣で稼いで、ネットカフェやマックを転々として、ぼーっとしているだけでも暮らしていける。いまの日本の都市には彼らのためのインフラが整備されている。ホームレスという最底辺に落ちることなく、一歩手前で浮遊していられる。
[ 記事全文 ]

2009年01月31日

ダルビッシュ、無礼なケータイカメラを一喝?

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : news ]

ブルペンで一心不乱に投げ込むダルビッシュが、その手を休めた。そして視線の先を前方の捕手から横へ移動させ、威圧するように言葉を発した。「携帯の写真やめて。集中できない」。携帯電話で写真を撮ろうとするファンを一喝。その瞬間、ブルペンの空気が凍り付いた。
[ ダルビッシュ 写メ撮影「集中できない」 - デイリースポーツonline ]
こういうことをもっともっと言ってもいいと思う。

タレントが街を歩き一般人とふれあう趣向の番組で、ときどきテレビカメラが映し出すのが、そこに居合わせた(集まった?)人々がいっせいにケータイカメラをタレントに向けている姿。あれは理屈ぬきでたいへん不愉快な絵面であって、だからこそカメラはできるだけ映さないようにするのだろうけど、礼節というほど大げさなことではないにしろ、一斉にケータイカメラを向けられた当の本人の、仕事だしプロだから表には出さないにしても不快に感じる気持ちをもう少し汲み取っていただきたいと思うのだけど。
[ 記事全文 ]

2009年01月30日

民放テレビ局の営業利益推移グラフ

2009年01月27日

ネガティブ情報より解決策を

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : news ]

琉球新報の社説。
 景気に関するネガティブ情報がちまたにあふれている。
 ここまでネガティブ情報がはんらんすると精神までも萎(な)えてしまいかねない。「マスコミのネガティブ情報の連発も不況の一因」とのおしかりも受ける。
 日本、いや世界中が居酒屋で聞く中高年の「病気自慢」に似た「不況自慢」の状況にもみえる。
 いま必要なことは不幸な現状の分析や解釈より「解決」策だ。
 世界不況や金融危機は過去に何度もあった。今こそこれまでの経験を生かし、克服策を競い打ち出す時だ。
[ マイナス成長 「解釈」より「解決策」を - 琉球新報2009年1月26日 ]
なんでもかんでも不景気のせい、世界同時不況のせい、マスコミの風評被害だ、…と言ってりゃ幸せになるってわけじゃないから。
[ 記事全文 ]
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 10 | 11 | 12 || Next»