| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2007年06月10日

持ち運びできる丸形住宅「くじらアパート」

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : news ]

ビミョーに気になったので。



持ち運び住宅を京大生開発 カタツムリ姿で東海道へより。
 京都大農学部4年の林剛平さん(22)=京都市左京区=が9日までに、持ち運びできる丸形住宅「くじらアパート」を開発した。3輪車に載せ、カタツムリのようなユーモラスな姿で11日から約1カ月間、京都から東京までの東海道を旅しながらPRする予定。

 農学部で木造建築の研究を続ける建築家志望の林さんが、子どものころに思い描いた“秘密基地”のイメージを基に考案した。直径約1・6メートルで重さ約60キロ。木製の骨組みに防水処理を施した和紙を重ね張りし、床には畳を敷いた。

 昨年9月から、和紙や畳の職人らの協力を得て作り上げた。

 旅行中はこの住宅で寝泊まりし、実用性をアピール。1つ80万円で販売する計画もある。林さんは「子どもの遊び部屋やイベント用などに使ってほしい」と話している。

(2007/06/09 09:19 更新)


⇒この記事をふくむカテゴリー [ news ] もどうぞ。
at 15:06:11 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/diary/item_895.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

「ソニー復活」が意味すること - [ f ]ふらっとどらいぶログ
ブレない「ビジョン」が求められる時代 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
放射線量基準データ - [ f ]ふらっとどらいぶログ
放送局はどっちを向いているのか。被災者か視聴者か。 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
メディアが「フリー」化していく時代に… - [ f ]ふらっとどらいぶログ