| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2004年12月29日

第7回「川の日」ワークショップ 二日目

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : news ]

大会議室にて復活選考、二次選考とすすみ(←すいません取材に行けなかった)、公開討論会でグランプリなど決定。
(選考結果などは公式サイトを参照)

選考ポイントとキーワード

選考のポイントは、プログラムによると4つ。
1.“いい川”をめざすための斬新な発想や着眼
2.地域住民と川との関わり
3.市民参加や共働のプロセス
4.工夫された手法や技術

グランプリ等を決定する公開討論会において、コーディネーターらによって、“いい川”“いい川づくり”のキーワード化がされた。
総合コーディネーター、延藤安弘氏によるキーワードは以下の通り。
・提案と協働
・再生と融合
・表現と交流
・否定の肯定
・継続と結実

(延藤安弘氏)

■関連記事:
[Podcast/MPEG4]敗者復活アピール大会 in 「川の日」ワークショップ
第7回 川の日ワークショップ haruchiroのレポート
第7回「川の日」ワークショップ 個人的レポート
第7回「川の日」ワークショップ パネルギャラリー
第7回「川の日」ワークショップ 交流懇親会
第7回「川の日」ワークショップ 一次選考
第7回「川の日」ワークショップ 大会概要

⇒この記事をふくむカテゴリー [ news ] もどうぞ。
at 18:43:59 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/diary/item_271.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

「ソニー復活」が意味すること - [ f ]ふらっとどらいぶログ
ブレない「ビジョン」が求められる時代 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
放射線量基準データ - [ f ]ふらっとどらいぶログ
放送局はどっちを向いているのか。被災者か視聴者か。 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
メディアが「フリー」化していく時代に… - [ f ]ふらっとどらいぶログ