| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2004年12月29日

第7回「川の日」ワークショップ 交流懇親会

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : news ]


一日目の夜には交流懇親会があり、ここで、復活選考に向けたアピールが行われた。

夜の敗者復活アピール大会

*動画は自宅ストリーミングサーバーからお送りしています。サーバーの仕様についてはこちらを、障害情報などはトップページをご覧ください。

最初はわりとマトモに始まりました。
No.610 足守川(岡山県):岡山市立足守中学校 科学部
「環境を守る輪を仲間や地域に広げよう」
岡山市立足守中学校科学部

20041229-appeal610.wvx(113byte)

どうもこのあたりからおかしくなってきた。
No.403 藁科川(静岡県):静岡みずがき倶楽部 ←森清和賞
「静岡みずがき倶楽部(カッパと悪がきの交流会)」
しずおか流域ネットワーク

20041229-appeal403.wvx(113byte)

かわいいぞ!
No.201 中津川(岩手県):盛岡市立杜稜小学校
「未来に向かって─「夢の中津川」を作ろう─」
さっきの静岡みずがき倶楽部はいかにもガキって感じでそれはそれでナイスだが、わが家にも似たようなガキが3人いるので、ただガキだからというだけで「子どもっていいねえ〜」などと口にする気にはなれない。ところでこちらは、みんなで振り付けしつつ歌っているのがかわいい。

20041229-appeal201.wvx(113byte)

くやしいぞ!
No.404 愛知県下全域の河川、水路、湖沼、水田:リリオの会、国土交通省中部地方整備局中部技術事務所(官民協働)
「愛知のメダカの学校調査」
愛知のメダカの学校調査
発表態度が悪くて一次審査で最下位敗退したことを悔しがる、知り合いの今枝さん。

20041229-appeal404.wvx(113byte)

ここから決定的におかしくなった(いや、面白くなった)。
No.407 御祓川(石川県):川への祈り実行委員会 ←グランプリ受賞
「排水路対抗!御祓川浄化大会・オリジナルソング「川への祈り」」
「キャッチフレーズ:御祓川が結ぶ ヒトとミセとマチ」
株式会社御祓川

20041229-appeal407.wvx(113byte)

おそるべし佐賀水ネット!
No.812 厳木川(佐賀県):厳木川飲む水を大切にする会
「唐津の子ども達にいい水を飲ませたい」
うーんと、このアピール大会の模様はすべて収録しているが、「佐賀水ネット」のノボリが出てくるのは、これでたしか5回目である。佐賀県民の団結ぶりには、目を見張るものがあるのだ。

20041229-appeal812.wvx(113byte)

アピール大会のトリはこれ。
No.305 柏尾川(神奈川県):日本大学生物資源科学部 緑地・環境計画学研究室 ←入選
「頑張れミズキンバイ!! 救え、絶滅危惧種! 〜大学生の奮闘〜」
緑地・環境計画学研究室

20041229-appeal305.wvx(113byte)
(with No.407 御祓川)

*この復活アピール大会は完全収録してますので、「うちのアピールを出せ〜」等のリクエストがあれば対応しますです。

■関連記事:
[Podcast/MPEG4]敗者復活アピール大会 in 「川の日」ワークショップ
第7回 川の日ワークショップ haruchiroのレポート
第7回「川の日」ワークショップ 個人的レポート
第7回「川の日」ワークショップ パネルギャラリー
第7回「川の日」ワークショップ 二日目
第7回「川の日」ワークショップ 一次選考
第7回「川の日」ワークショップ 大会概要

⇒この記事をふくむカテゴリー [ news ] もどうぞ。
at 18:41:19 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/diary/item_270.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

「ソニー復活」が意味すること - [ f ]ふらっとどらいぶログ
ブレない「ビジョン」が求められる時代 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
放射線量基準データ - [ f ]ふらっとどらいぶログ
放送局はどっちを向いているのか。被災者か視聴者か。 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
メディアが「フリー」化していく時代に… - [ f ]ふらっとどらいぶログ