| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2009年01月30日

民放テレビ局の営業利益推移グラフ

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : news ]



自動車メーカーは化粧品メーカーなどと並んで民放の大得意客だし、昨今の不景気は手痛いどころの騒ぎじゃないでしょうね。一方、Amazonにしろ楽天にしろ好調ネット通販はテレビ広告なんて関係ないし。

ただ、番組制作現場にすれば、ウミを出すいいチャンスなのかもしれないと思います。良質な人材とプロダクションは大恐慌でも生き残れるでしょう。低予算でもいい番組は作れますし(カネをかけないと作れないものもありますが)。

ところでこのブログ、この手のネタの取り扱いには執念を感じさせるのだけど、なんでだろうなー。

■関連記事:良心のある番組

⇒この記事をふくむカテゴリー [ news ] もどうぞ。
at 23:57:03 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/diary/item_1345.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

「ソニー復活」が意味すること - [ f ]ふらっとどらいぶログ
ブレない「ビジョン」が求められる時代 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
放射線量基準データ - [ f ]ふらっとどらいぶログ
放送局はどっちを向いているのか。被災者か視聴者か。 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
メディアが「フリー」化していく時代に… - [ f ]ふらっとどらいぶログ