| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2009年01月27日

ネガティブ情報より解決策を

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : news ]

琉球新報の社説。
 景気に関するネガティブ情報がちまたにあふれている。
 ここまでネガティブ情報がはんらんすると精神までも萎(な)えてしまいかねない。「マスコミのネガティブ情報の連発も不況の一因」とのおしかりも受ける。
 日本、いや世界中が居酒屋で聞く中高年の「病気自慢」に似た「不況自慢」の状況にもみえる。
 いま必要なことは不幸な現状の分析や解釈より「解決」策だ。
 世界不況や金融危機は過去に何度もあった。今こそこれまでの経験を生かし、克服策を競い打ち出す時だ。
[ マイナス成長 「解釈」より「解決策」を - 琉球新報2009年1月26日 ]
なんでもかんでも不景気のせい、世界同時不況のせい、マスコミの風評被害だ、…と言ってりゃ幸せになるってわけじゃないから。

むしろこういう状況だからこそ「Think! Think! Think!」、あくまで前向きに!

■関連記事:
景気回復は意外と早いのでは? - ふらっとブログ
仕事があるだけ幸せと思えという世論操作 - ふらっとブログ
不況という危機は自分や会社、地域を鍛える機会。
出口は必ずある。目の前にないと見えないだけ。
「イイコト」ニュース番組が作りたい!

⇒この記事をふくむカテゴリー [ news ] もどうぞ。
at 23:36:11 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/diary/item_1342.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

「ソニー復活」が意味すること - [ f ]ふらっとどらいぶログ
ブレない「ビジョン」が求められる時代 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
放射線量基準データ - [ f ]ふらっとどらいぶログ
放送局はどっちを向いているのか。被災者か視聴者か。 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
メディアが「フリー」化していく時代に… - [ f ]ふらっとどらいぶログ