| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2006年06月22日

嫁にいったクルマ達

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : 青空整備日誌 ]


手前はカリーナ(昭和56年式)、その向こうはタウンエース(昭和62年式)。長らく苦楽を共にしてきたこの2台、昨日、嫁にもらわれていきました。

虚脱感で落ち込んでいますが、第二の人生(車生?)と前向きに送り出してやりたい。

追記:(ひとりごとです)

カリーナは、いつか再生させてやるという夢かなわず。ほったらかしのまま幾年月で、すまん。人生は意外と短いもんだと近頃痛感。おれはスタちゃんで精一杯。

タウンエースは、最後はパーツ保管庫としてよく機能してくれた。おかげで3年にわたるスタ再生も片付いた。ボディの腐りや、NOx法さえなければ、まだまだ現役バリバリなのに、残念だ。

⇒この記事をふくむカテゴリー [ 青空整備日誌 ] もどうぞ。
at 08:35:28 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/diary/item_779.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

スーパーラストガードで超手抜き防錆対策 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
バッテリー再生事業、全国展開へ - [ f ]ふらっとどらいぶログ
[新常識]暖機運転をしてはいけない理由 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
嫁にいったクルマ達 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
現場のおっちゃん - [ f ]ふらっとどらいぶログ