| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2005年02月12日

分割式ブーツはやっぱダメ

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : 青空整備日誌 ]


ブレーキパットを換える前にコレを見る。ドライブシャフトブーツ。やっぱり、割れてる。駄目だ。

このあと、右も駄目なことが判明。なんかブレてるけど。


これまでの経緯↓

2004/05/01:近所の埼玉トヨペットにてドライブシャフトブーツ(アウタ)左右とも分割式のに交換。
2004/11/09:同じく埼玉トヨペットにてフロント左ブーツ一部外れてたのをタダでつけ直してもらった。
2004/11/13:フロント左ブーツ一部外れ、11/09のまま。同じく埼玉トヨペットにて、リフトアップ立会い、クレーム扱いで、フロント左ブーツ無料交換。
2005/01/07:同じく埼玉トヨペットにてフロント左ブーツ、グリースがややモレてると思ったが、リフトアップ立会い、モレてはいないとのこと。交換時のものではないかと。
2005/02/12:やっぱり駄目。しかも左だけでなく、右も駄目。

これで決定的。分割式ブーツは使えないし、これを交換用パーツに採用しているディーラーに責任あり。リアならいいかもしれないが、四駆のフロントは動くから、分割式では荷が重いかも。

ところで某所に2005/01/09に書いたモノを以下に転載。

うちのアシ車、四駆のカルディナは、フロントのドライブシャフトブーツの「割れ」という不安をかかえている。
トヨペットで去年5月、フロント左右ともブーツを分割式のに変えてもらったのだが、約半年後の去年11月、左の接合面の一部がはずれてるのを発見。つけ直してもらったが駄目で、1週間後にブーツ交換。昨年末、やっぱり左の接合面の一部にグリースがはみ出てるのを発見し、こないだトヨペットに行ったところ、ブーツの接合面は外れておらず、おそらく、装着時に漏れたものが残っていたのではないかという。
不思議だ。ブーツ交換後、何度か目視チェックをしているが、グリースはなかったはず。
しかし、たしかにブーツをモミモミしても、新たにグリースがはみ出してくることはない。
リストアップしたカルディナの下で、若い整備士といろいろ話した。彼は、分割式ブーツの未使用品もわざわざ持ってきて、説明してくれた。
そんなわけで、釈然としないままにトヨペットをあとにしたのだが、若い整備士の、自信にあふれた態度が気になった。

分割式ブーツはお勧めできない、というのが、年配の方の意見。おそらく、登場当初はひどくて、その記憶があるのだろう。一方、年々技術改良で品質を向上させてきて、若い整備士が就職した頃にはすでに一体型ブーツではなく分割式ブーツがデフォルトとなっていたのだろう。彼は分割式ブーツに対する疑念がまったくないように感じた。
しかし、分割式ブーツがわずか半年しかもたなかったという経験をぼくはした。そのとき対応したのは別の若い整備士だったが、なぜこうなるのか、という問いに対して、明確な回答は得られなかった。
若い整備士がみな自信にあふれている態度なのは、そこのトヨペットに限らない。なぜ彼らは、あんな自信があるんだろう。車のトラブルにはいろんな可能性がある。ああでもない、こうでもないと、行きつ戻りつしつつも非効率なトラブルシュートに明け暮れる、ぼくのようなアマチュアは論外としても。若い彼らは、判断に迷うようなややこしい修羅場を、どれだけ経験しているんだろうか。
スーパーオートバックスでオイルを買って帰ろうとすると、レジの若いお姉ちゃんが、「自分で交換するんですか」と驚く今日このごろだけど、テクノロジーの現実とはちゃんと向き合っていこうと思う。
…でもドライブシャフトブーツの点検って、めんどくさいんだよなー。

以下、翌日追記:
きょう(2005年02月13日)、埼玉トヨペットに行った。これまでの経緯を説明したうえで、
・分割式ブーツは、少なくともフロントにおいては使えない代物。
・これを交換部品として正式採用したディーラーにも責任あり。
・一体型ブーツに交換してほしい。分割式ブーツ以上に費用がかかる場合のオーバー分は払うが、全額支払うつもりはない。
・このトラブルを今後の整備にフィードバックしてほしい。
といった主張を述べた。

その後、現物を見たサービス主任がやってきて、意外なことを言う。
分割式ブーツは(正確にはブランド名である「スピージー」は、かな?)、接合部からある程度グリースが漏れるものだと。構造的に仕方ないのだと。これくらいの漏れは正常範囲内なのだと。異状ではないのだと。こんなもんなのだと。…だいたいそんな意味だった。

ぼくはまじまじと彼の顔を見た。凝視した。何言ってんだお前みたいな、信じられないみたいな顔で穴が開くほど彼を見て、しばらく「そんなバカな」「そうなんです」的な問答を繰り返した。

「一体型ブーツも、軸のバンドのとこからグリース漏れてるんですよ、インナーブーツ。見ますか?」
彼はそうも言ったが、話が違うだろと思ったので断った。

これまでの若い整備士の対応が一貫していないことを指摘した。
たとえば1月7日。「モレてはいない、交換時のものではないか」と、リフトアップしたカルディナの下で、整備時は言った。矛盾してるじゃないか。
対して、彼はうーんと唸り、何か言った。経験不足、教育不足、スキル不足みたいなニュアンスのことを言ったと思う。

左の接合部が外れたことについては、「うちのミス」と明言した。いっぺん外れてしまったことから、神経質になってしまっているのでは、とも言われた。

続いてぼくが指摘したのはこういうこと。左右とも、期間の差はあれども交換当初は漏れてなかったのに、ある時から漏れるようになった。ならば当然、その先に接合面が外れるという事態が考えられるのではということだった。
それに対して、「いや、それは違うと思う」と、首を横に振った。ぼくの指摘には納得できない顔をしていた。

製造元も「ある程度漏れる」と言っているのかと聞いた。すると、「それは言ってないかもしれないけど、現場レベルではこんなもんという認識」みたいなことを言った。

なかなか頑固な主任だ。若いのに立派だ、とほめてる場合ではない。ぼくはぼくで「納得できないシロちゃんモード」なのだ。
*シロちゃんというのは去年事故死した子猫なのだが、納得できないことが多い猫だった。
そんなこんなで彼も一歩も引かない。

では、何年もつのか。つまり、漏れてるけど外れない状態は何年もつのか。そう聞いた。
すると彼は、「製造元の保証は半年だけど、少なくとも2年はもつと思う」と言った。で、交換後2年以内にもし外れたら、クレーム対応してもらうってことになった。

はー。
彼もやっかいな客に疲れたと思うがぼくも疲れた。だいたいこんなに書くだけで疲れた。
とりあえず、漏れてるグリースを拭いてもらって帰ることに。彼はグリースを拭かず、ブーツを手でモミモミして、外れてれば空気音でわかるだろというトラブルシュートをしたようだったが、ぼくは、それもありだが手抜きではないか、本来的にはグリースを拭き取ったうえでモミモミして確認するのが筋だと主張、いや見てもらうために残したのだと彼、写真に撮ったしもういいんだとぼく、というやりとりもあった。

帰宅後思ったこと:
・改めて画像を見たが、これだけ漏れてて正常値とは、やはり到底信じがたい。だいいち飛散するじゃん、これじゃ。
・これまで何度も同じディーラーに持っていき、その都度、違うメカニックが対応したのだが、説明が一貫してないのは何故だという思いがやはりぬぐえない。11月9日、なぜ外れてるのをくっつけただけで済ませようとしたのか。手抜きか。1月7日、最初は「ほかのとこについてたグリースがここ(漏れてる部位)についたのでは」と言い、次に、「交換時、組付剤が乾くまでの間に漏れたものが残っていたのでは」と解釈を変更。交換後にチェックしたときには漏れは確認できなかったので、これはありえないだろうと思い、そう言ったのだが、その若いメカニックは、ブーツをモミモミして「でも漏れてませんから」という。たしかに、漏れてない。腑に落ちなかったが、漏れてないからしょうがない。しかし今回の主任の説明とは明らかに食い違う。「接合部が外れていなければ漏れない」あるいは「接合面をくっつけてやれば漏れない」と、過去対応したメカニックたちは思っていたはずだし、それが前提だったはず。そもそもそれがぼくの思い込みだったのだろうか。

一貫しているのは、今回の主任も含めて、みなぼくより若く、少なくとも分割式ブーツに対して何の疑念も抱いていないこと。主任は、「これまで問題を聞いたことがない」と言っていた。そして、なにかやけに自信満々なこと。ぼくは若い子の自信満々は信じない。自動車修理は素人だから場数で比べれば彼らのが経験豊富かもしれないが、「絶対なんてことはありえないんだ」という一般的経験値ではぼくのが場数を踏んでるはず(←根拠なし)。それとも、「クルマは壊れるのがデフォルト」という、長年の三菱スタちゃん暮らしで培った貧乏人根性みたいなものがもはや時代錯誤なのだろうか。

話を戻す。組付剤は「接合し易くするもので接着剤ではありません」という。スピージーブランドの製造元と思われるミヤコ自動車工業のサイトに書いてある。
付属しているのは接着剤ではなく潤滑剤、つまりはめる時、ゴムの滑りを良くする為のもの。乾いてしまえば、外れない。ゴムの中に仕込んだバネによって引っ張ればそれに伴って締め付けが強くなるという、巧いこと考えたものです。
通販サイトにも書いてある。

グリースが漏れるということは、この接合面にグリースが付着するわけで、当然ながら滑りが良くなるはず。しかもグリースは乾かない。ならば、いったん漏れてしまったら外れやすくなるはず。
でしょ?そうだよね?

とにかく、製造元に確認をします。ブランド名はTACTIから出してる「スピージー」だけど、これはミヤコ自動車工業の「Mタッチ」と同一商品であるはず。
もし製造元が「多少は漏れます」的回答であれば、サービス主任の主張が裏付けられることになるが、一方で、「多少の漏れはしょうがないです」的な説明を、あらかじめユーザーにしておく必要性も感じる。また、どの程度の漏れ以内なら許容範囲なのか、言葉を変えると、どの程度の漏れを見越して設計しているのかということも知りたいし、漏れる→滑りが良くなる→外れる、という発想の間違いを、具体的にしてもらいたい。
一方、製造元が「漏れません」と言うのなら、サービス主任の主張は正しくないことになる。この場合、またまたディーラーの作業ミスということになるのか、あるいは、製品そのものが駄目なのか、そのへんをはっきりさせてもらいたいと思う。

長文ですいません、納得できるまでとことんこだわる性分なので。

⇒この記事をふくむカテゴリー [ 青空整備日誌 ] もどうぞ。
at 19:30:11 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/diary/item_382.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

こがさんのサイトから流れて来ました。
初めまして たつ と申します。
やや古いM菱車2台(4G6系)イジリ管理してます(笑

自分もDラー整備が信じられないくちなので、なんでも自分でやるようになりました(笑

Dラーメカさんの多くはこちらがド素人だと決めつけて話をしてくるので困ったもんですよね〜
管理人さまの整備経験歴を話されてから、話を通した方が、もっと嫌がられて楽しいかも(爆

分割ブーツですが、日産部品のカイロ式の奴を4ヶ使って3年(2万キロ)経ちますが、今のところ問題ないです。

もっとDラー苛めちゃって下さいませ(笑
ではでは。
posted by たつ at 2005-03-04 23:52:58

車検時、ブーツ割れがあるとのことで、オレンジ色のカー用品店で、Mタッチをつけてもらいました。
その後、時は経ち、タイヤ交換時、確認したら、左側は、完全にパックリ全開になって、グリスが飛散している状態、右側も、一部外れて、グリスが漏れていました。
店員に聞くと、来週、修理できるとのこと、それまでは大丈夫?、高速にも乗るがと聞くと、大丈夫とのこと、ホントかよって感じ。
そして、再度、交換後の1週間後に確認してみたら、あらま、もうお口が開いてる。

私の場合、駄目でしたね。
posted by くろ at 2007-12-08 10:38:16

コメントありがとうございます。

分割式ブーツ、漏れなきゃ最高なんですけどねえ。

駄目ですねえ。
posted by fratdrive at 2007-12-08 10:44:19

古い記事ですが、分割ブーツの上にかぶせる分割ブーツが有ればいいのではないでしょうか?www
posted by メロンジュース at 2009-07-28 12:39:04

二重窓みたいな感じですね。…どうかなあ。
posted by fratdrive at 2009-07-28 14:23:26

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

スーパーラストガードで超手抜き防錆対策 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
バッテリー再生事業、全国展開へ - [ f ]ふらっとどらいぶログ
[新常識]暖機運転をしてはいけない理由 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
嫁にいったクルマ達 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
現場のおっちゃん - [ f ]ふらっとどらいぶログ