| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2007年07月05日

ネット動画は当分儲からない。

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : テレビ◎ネット ]

…という共通認識はあるようだ。CNET Japanの動画共有のビジネス展開、まだスタート地点--第3回 JAPAN CREATOR'S NETWORKより。

「ワッチミー!」のひとからは、
「お笑い系に走るクリエイターは多いが、ここで放送コンテンツを超えるのは難しい。放送とかち合わない細かな情報系コンテンツなどにチャンスがあるのでは」とアドバイスを送った。
放送>通信の立場からの親切なアドバイスが。

そうかなあ。

ぼくはお笑いがキラーだと思う。動画のキモはエモーショナルな関係性だと考えているし、それに、こないだ考えた。動画というフォーマットでしか伝えられないものは何なのかと。そしたら、どうしてもお笑いだけが残った。

ポスプロを含めたパッケージとして、素人コンテンツが放送コンテンツを超えるのはたしかに難しい。でも、ぼくら別にポスプロの職人技に感動してテレビ見てるわけじゃないからさ。

(やや乱暴にいってしまうと)テレビを面白くしてる最大の存在は、放送作家。しかも、台本書きという実務に長けた作家よりむしろ、凡人が思いつかないアイデアを提供してくれる存在。彼らはもともと何の技術も持たないただの素人で、発想だけでのし上がってきた人たち(って言っていい?だめ?)。

それがテレビの核。

発想だけなら、素人コンテンツも放送コンテンツと同じ土俵で勝負できる。勝負にならないのは、たんに発想がプアなだけ。いずれ放送コンテンツを超える素人コンテンツが出てくるだろう。

テレビって結局、たくさんの人が見てるからこその影響力。数の論理でマスメディアの王様に君臨してるにすぎない。誰がどこでどう作ろうが、テレビ以上にたくさん見られるコンテンツが生まれれば、王様交代。

⇒この記事をふくむカテゴリー [ テレビ◎ネット ] もどうぞ。
at 16:48:49 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/diary/item_909.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

「空気を読んで笑うな!」(悪夢ちゃん) - [ f ]ふらっとどらいぶログ
スーパーな庶民に凡庸なエリートがぶら下がる奇妙な国ニッポン - [ f ]ふらっとどらいぶログ
蹴散らして前へ! - [ f ]ふらっとどらいぶログ
昼寝するメダカ - [ f ]ふらっとどらいぶログ
真面目に働くのは正しいことか? - [ f ]ふらっとどらいぶログ