| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2007年06月07日

ウェブの文章スタイルをめぐる考察

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : fratdrive日記 ]

雪国の世界(ウェブの文章編)」より。
いろんな日記サイトやエッセイサイトをめぐり歩いていると、どうも個人のホームページなるものに出されている文章には何種類かの典型的なスタイルがあるように見える。そこで、昔読んだ本をヒントにちょっとした遊びを思いついた。
…と、いろんなスタイルで川端康成の『雪国』を書いている。本人は鋭いつもりの悪口雑言系、なんかコドモ女っていうかー系、エリート意識丸出しの鬼畜系、大丈夫か君、系、エッチな話もOKよの人妻等系、自分で読んで恥ずかしくないかのダメ詩人系、掲示板荒らしの方々系。1999年に書かれたものらしいのだけど、いまでもこんな感じってところがなんだかなあ。。。

その1つ、「本人は鋭いつもりの悪口雑言系」を以下に。
 日本国内で汽車に乗ってトンネルくぐるってだけなのに、なにが「こっきょう」だよ。ただの「くにざかい」じゃねーかそんなの。田舎もんがど田舎行くってだけなのに、何をそんなに気張ってやがんだか(笑)。
 おまけに向かいの座席の小娘も気にくわねぇ。あたり一面雪景色なんてのは見りゃあわかるだろ。夜も更けてるのに、そんなとこで窓開けられたら寒いってんだよ! このクソブス! 駅長に用事があんなら駅に着いてからしゃべれ。わざわざ大声で呼びつけてあいさつなんかしてんじゃねえ! 汽車は信号待ちしてるだけだ!
 だせえ格好の駅長も一言ぐらい注意しろ注意。なあにが「お帰りかい」だよ。安全第一が駅長の仕事だろ、職務怠慢だぜ。
 島村はぼーっとしすぎ。ちゃんとしろちゃんと。主人公なのに(爆)。


⇒この記事をふくむカテゴリー [ fratdrive日記 ] もどうぞ。
at 18:04:51 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/diary/item_879.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

新年を祝う意味を改めて考えた。 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
「空気を読んで笑うな!」(悪夢ちゃん) - [ f ]ふらっとどらいぶログ
スーパーな庶民に凡庸なエリートがぶら下がる奇妙な国ニッポン - [ f ]ふらっとどらいぶログ
蹴散らして前へ! - [ f ]ふらっとどらいぶログ
昼寝するメダカ - [ f ]ふらっとどらいぶログ