| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2006年04月07日

取材ってなんすか?

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : fratdrive日記 ]

いつまでも取材現場に立っていたいという気持ちも込めて「取材屋」と自称しているんですが、さて取材ってなんだろうかと、あらためて考えてみた。

※たぶん、[取材は電子メールに限る....かも。]を読んで考えてるうちに書いたメモをもとにしてます。

「取材する」を手元の和英辞典で調べてみると「gather data [materials] 」とある。つまりはデータ集め。

1.資料をあたる
2.関係者に話を聞く
3.現場に足を運ぶ

これらはいずれも「取材」。1つのテーマにつき、このすべてをこなすのが理想。印象や記憶、メモだけでなく、静止画、音声、動画などでおさえておくと、素材としても生かせる。

では、この中で1つだけ選べと言われたら。
ぼくは、「現場に足を運ぶ」にする。足を使ってネタを稼ぐのが、ネット時代となっても取材の基本だと思う(orネット時代だからこそ?)。

現場はやっぱり面白い。気になることがあったら、まず行ってみる。立ってみる。この目で見てみる。聞いてみる。感じてみる。…それが取材の根幹だし、取材屋としても一番大事にしたいトコロ。

取材は電子メールに限る」という意見にいったんうなずきかけながら、なんかおかしいなと思って内心撤回した。取材を受ける側にとってはたしかに都合がいいだろうが、取材をする側と、情報を受ける側にとっては都合がよくない。

メディアが情報を流通させるとき、3つの異なる立場が存在する。表現は不正確かもしれないけど、
・情報提供元(取材をうける人)
・情報仲介役(メディア。取材者)
・情報受信者(読者や視聴者)
この3者。

電子メールでの取材はたしかに、やりとりの記録が残るし、情報提供元にとっては、自分の発信したメッセージなりが情報受信者に正確に伝わる担保となりうる手段。でもそれって、広告とどう違うの?

情報提供元のPR記事(つまりは「ちょうちん」記事)を書くならわかるぜ。でも、金もらってないんだし(もらってたら問題だし)、情報を受信者に伝える主体は情報仲介役であるべき。主体的判断でもって情報提供元に取材し、そこから得たデータを、やっぱり主体的判断で編集し、責任をもって情報受信者に届ける。

情報提供元が情報仲介役に、事前チェックを求めることがある。やむなくそのリクエストに応じることもある。情報提供元が個人だったり中小企業だったりする場合には、伝えられ方によってはえらいダメージを受けることもあるので、防衛措置をとりたいという事情もわかる。でも、本来は、それもひっくるめて、情報仲介役が責任を持つべき。

逆に、情報仲介役が情報提供元に対して、これで出して良いかと確認を求めることがある。これも、情報仲介役が自らの責任を放棄しているという意味で、やってはいけないことだと思う。

情報仲介役が情報提供元におもねれば「ちょうちん」記事になってしまうし、情報受信者におもねれば単なるウケ狙いの記事になってしまう。どちらにおもねることなく、主体的に判断し、編集しなくては。それがメディアの公益性にもつながるし。

話がずれた。つまり電子メールだと、相手がどんな表情でそれを話しているかもわからない。取材者は「都合のいい存在」になってはいけない。会って相手の目をじかに見ながら聞かないとわからないこともある。たんなる情報の伝達屋では伝える中身に責任が持てない。

「相手が何を言ったか」ではなく、「相手がどう言ったか」を読み、さらに、「自分はどう感じたか」を軸に、伝える相手に伝える。[メディアの3つの責任]を、伝える立場は常に負っている。その主体性がいちばんクリアにあらわれるのが、「現場に足を運ぶ」という取材行為ではないかと、なんとか話をまとめたいワケです。

基本はアポなし。表現を変えると無断。プライベートの取材は、無断が原則。伝える相手に対する責任を第一に、これからも「あやしく」現場をうろついていきたいなあーってところでオシマイ。

⇒この記事をふくむカテゴリー [ fratdrive日記 ] もどうぞ。
at 23:18:49 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/diary/item_728.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

「空気を読んで笑うな!」(悪夢ちゃん) - [ f ]ふらっとどらいぶログ
スーパーな庶民に凡庸なエリートがぶら下がる奇妙な国ニッポン - [ f ]ふらっとどらいぶログ
蹴散らして前へ! - [ f ]ふらっとどらいぶログ
昼寝するメダカ - [ f ]ふらっとどらいぶログ
真面目に働くのは正しいことか? - [ f ]ふらっとどらいぶログ