| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2008年11月09日

メール本来の利便性はいつから置き去りにされたのだろうか。

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : news ]


Bus Driver
Originally uploaded by rymie
←写真は、フィンランドのバスの運転手が運転中にメールしてるところ。
携帯電話の利用について、多くの学校で講演しているNTTドコモ・モバイル社会研究所の遊橋裕泰主任研究員も、子どもが携帯メールに振り回されている現状に危機感を感じている。
「本来メールとは、自分が都合のよい時に書き、相手も都合のよい時に読んでもらうものです」。学校でそう話すと、生徒たちは意外そうな表情でざわめくという。メールを受けたらすぐ返すことが習慣化し、便利なツールというより、厄介なものと受け止められつつあるためだ。
〜2008.06.30 毎日新聞「新教育の森:深夜も返信「面倒」、携帯メールの呪縛」
こうしたメールの利便性を、ケータイ世代の今の子どもたちは知らないんだな。ちなみに、ぼくはメールをすぐ返すことは滅多にしません。



⇒この記事をふくむカテゴリー [ news ] もどうぞ。
at 11:11:23 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/diary/item_1225.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

「空気を読んで笑うな!」(悪夢ちゃん) - [ f ]ふらっとどらいぶログ
スーパーな庶民に凡庸なエリートがぶら下がる奇妙な国ニッポン - [ f ]ふらっとどらいぶログ
蹴散らして前へ! - [ f ]ふらっとどらいぶログ
昼寝するメダカ - [ f ]ふらっとどらいぶログ
真面目に働くのは正しいことか? - [ f ]ふらっとどらいぶログ