| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2008年11月06日

オバマ氏の大勝〜僕らは敵か味方か(21世紀的価値観)

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : news ]

米大統領選でオバマ氏が大勝した。それを伝えるテレビニュースでキング牧師のあの有名なスピーチ("I Have a Dream")が繰り返し流れて、泣きそうになった、というか涙が出た。

以前、「変革の世紀」というNスペの打ち合わせで、「命題」について話し合っていたとき、「インターネットは戦争をなくせるか」というお題を提案したことがある。オンラインゲームで世界中に仲間がいて、いざ戦争になったら、ネット仲間を撃ち落せるか?だから当時のぼくは「インターネットで戦争をなくせる」と考えた。でも実際には、価値観のまったく異なる、リアルではふれあう機会のない者同士がネットで対面すると、コミュニケーション不能の報われない争いに発展したりする。だから、「インターネットで戦争をなくせる」という考えはあまりに牧歌的だった。

でも、オバマ氏のメッセージは「インターネットで戦争をなくせる」という考え方のベクトルに近い気がする。編集で切り取られた断片的なスピーチを聞いた限りだけど。彼は、グローバリズムがすなわち世界中の競争相手との消耗戦を意味する世界から、僕らは敵じゃないんだ仲間じゃないか、と、協調を訴えている気がする。コミュニティという価値観の見直しにつながる気がする。グローバリズムというものが、「北斗の拳」的世界から、ポニョ的な世界(?)に意味合いを変えるかもしれない気がする。

21世紀的価値観がスタートしたような気がするのは気のせいかな?

■追記:2008-11-06 08:38

オバマ氏個人がどうというより、多くのアメリカ人が彼を支持し、変革を望んでいることが明白になったことが、とても興味深い。分断され、アトム化し、「すくみ」傾向にある日本も、これを機に変わるかもしれない。

■追記:2008-11-17 23:11



■関連記事:
モンスターはもう古い(あるクレーマーの告白)
寂しい「お客様」 - 分断された生産者と消費者

⇒この記事をふくむカテゴリー [ news ] もどうぞ。
at 00:58:04 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/diary/item_1223.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

「空気を読んで笑うな!」(悪夢ちゃん) - [ f ]ふらっとどらいぶログ
スーパーな庶民に凡庸なエリートがぶら下がる奇妙な国ニッポン - [ f ]ふらっとどらいぶログ
蹴散らして前へ! - [ f ]ふらっとどらいぶログ
昼寝するメダカ - [ f ]ふらっとどらいぶログ
真面目に働くのは正しいことか? - [ f ]ふらっとどらいぶログ