| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2008年06月24日

埼スタにある「何か」とは?

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : fratdrive日記 ]

埼玉スタジアムの歴史を考える。02年の鈴木のあの伸びきり弾。04年オマーン戦のロスタイムの久保の冷静弾。05年北朝鮮戦の大黒のゲルト・ミュラーばりの反転弾。同じく05年バーレーン戦のあの自殺点。埼玉スタジアムは遠いから大嫌いなのだが、ジーコが好んだように、ここには「何か」があるかもしれない。
武藤文雄のサッカー講釈:埼玉スタジアムの「何か」
…何があるんでしょうね。たぶん、横浜の日産スタジアムには決してないものでしょうね。

ひじょーに静かに、ですが、最近、埼玉(という土地)が浮上しつつあることを感じます。で、それと、埼スタにひそむものとが密接に結びついているのではないかということを感じます。理屈じゃなくて、皮膚感覚です。

時代の最先端はもはや東京ではなく埼玉です…それは言いすぎでした。Tokyoは世界最大の都市です。



⇒この記事をふくむカテゴリー [ fratdrive日記 ] もどうぞ。
at 00:17:57 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/diary/item_1162.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

新年を祝う意味を改めて考えた。 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
「空気を読んで笑うな!」(悪夢ちゃん) - [ f ]ふらっとどらいぶログ
スーパーな庶民に凡庸なエリートがぶら下がる奇妙な国ニッポン - [ f ]ふらっとどらいぶログ
蹴散らして前へ! - [ f ]ふらっとどらいぶログ
昼寝するメダカ - [ f ]ふらっとどらいぶログ