| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2008年06月02日

ものを噛むと頭が働くことが脳画像で判明

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : fratdrive日記 ]


ロッテ ガム
Originally uploaded by Hina Nakashima


ものを噛む“チューイング”、脳の作業記憶が向上(放射線医学総合研究所プレス発表)

ものを噛むことが脳に刺激を与え、得た情報を一時的に保つ「作業記憶」の向上をもたらす効果があるということが脳画像(fMRI)の計測で判明したそうです。

また、「ものを噛む」行為(チューイング)は集中力を増強させ、認知成績や注意を増強する効果があることが最近の研究で明らかになってきているのだとか。

実験ではガムが使われましたが、煎餅とかでも効くんでしょう。
…ってことは、ハッピーターン食べつつデスクワークや打ち合わせってのも、(見た目はともかく)意外とイイってことでしょうね:heart:

[via Garbagenews.com]



⇒この記事をふくむカテゴリー [ fratdrive日記 ] もどうぞ。
at 17:27:58 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/diary/item_1149.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

「空気を読んで笑うな!」(悪夢ちゃん) - [ f ]ふらっとどらいぶログ
スーパーな庶民に凡庸なエリートがぶら下がる奇妙な国ニッポン - [ f ]ふらっとどらいぶログ
蹴散らして前へ! - [ f ]ふらっとどらいぶログ
昼寝するメダカ - [ f ]ふらっとどらいぶログ
真面目に働くのは正しいことか? - [ f ]ふらっとどらいぶログ