| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2007年12月24日

本日、地球はイルミネーションでいっぱい。

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : fratdrive日記 ]

きょうはクリスマスイブ。近所のスーパーマーケット、オードブルコーナーは大盛況。ケンタのチキンは売り切れでした:*o*:

まずは、ジングルベルにあわせて動くクリスマス・ライトショー。カリフォルニアから。


[via Spluch]

次に、光が作り出すアート。"lightwriting"だそうです。ベルギーにて(←コレはクリスマスとは無関係)。


[via Spluch]


イギリスからのニュース。大金はたいて10,000の豆電球を使っている民家。やってるのは"Christmas-crazy"のAlex Goodhindさん(23歳)。
[The house with 10,000 fairy lights Metro.co.uk]

民家なら日本国内も負けてません:-P

館林市瀬戸谷町の瀬戸谷団地で、23軒の住宅の垣根などにカラフルなイルミネーションが点灯され、各地から家族連れがマイカーで見物に訪れるなど、人気となっている。
団地中心部は「クリスマスロード」とされ…。
〜館林の瀬戸谷団地イルミネーション(読売新聞群馬版2007年12月16日

さいたま市南区根岸の不動産管理業栗原賢治さん(56)の自宅の庭に、色鮮やかな高さ約14メートルのクリスマスツリーや全長約3メートルのクジャクなど、手作りのイルミネーション細工が飾られている。
〜自宅キラキラ 南区(読売新聞埼玉版2007年12月23日

下関市安岡町1の住宅のイルミネーションが近所の話題になっている。豊国学園高(北九州市)3年の福冨恭平君(18)が約1万4000球を使って自宅を飾ったもので、サンタクロースや雪だるま、ツリーなど、きらびやかな電飾を見物に、多い日には約40人が訪れる。
費用は総額で100万円近くかかっており、小遣いだけでは足りないため、親から借りている。
〜自宅のイルミネーションが評判・下関の高校生 1万4000球で自宅飾る(読売新聞山口版2007年12月23日

笛吹市石和町広瀬の住宅街の一角で、民家7軒が共同で、家の屋根や壁、庭の木に電球を飾り付けてイルミネーションを行い、話題になっている。
〜住宅彩るイルミネーション(読売新聞山梨版2007年12月21日

黄色や赤色、緑、オレンジ。次々に色が変わる“松江城”の横でサンタクロースがターザンのように跳び、ピンク色のトナカイが走る――。「光の遊園地」のような光景が松江市西浜佐陀町、会社員曽田興治さん(64)方に広がっている。
今年は電球、発光ダイオード(LED)約4万個を使った40種類の“作品”が200坪の敷地内にきらめく。
〜光の遊園地 松江の民家(読売新聞島根版2007年12月21日

唐津市浜玉町大江地区で、今冬も住民手作りのイルミネーションが家屋や広場を飾っている。16戸の生け垣や壁にライトがめぐらされ、アニメキャラクターや動物の図柄が明滅。広場には約8000個の電球で作った高さ12メートルのツリーが輝き、親子連れやカップルを温かく包んでいる。
電飾は住民でつくる実行委員会が7年前から取り組み…。
〜地域住民が手作りイルミネーション 浜玉町(佐賀新聞12月20日
…各地でえらいことになってます。詳しくはリンク先の記事を。

イルミネーション以外のクリスマスネタもついでに。

気仙沼市の製氷会社「岡本製氷」で、「氷のクリスマスツリー」づくりが急ピッチで進められている。
高さ27センチ、直径16.5センチ、重さ約6キロの氷柱に、クリスマスツリーを閉じ込めたもの。緑、黄色などの電球が氷の中で点灯すると、辺りは幻想的な雰囲気に包まれる。常温で1日程度持つという。
透明で、気泡をほとんど含まない氷柱にするため、独自の技術で約1週間かけて徐々に凍らせていく。今年は、白色のクリスマスツリーを新たに準備した。全国各地から、約350個の注文が寄せられているという。送料込みで、販売価格は4500円。
〜聖夜彩る氷のツリー(読売新聞宮城版2007年12月4日)

そのほか、山口市が日本のクリスマス発祥の地であることをPRしてたり、愛知県岡崎市では明日までメリークリスバスが走ってたり、サンタクロース姿で走る「サンタクロースマラソン」が行われたり(23日、京都市)、猫の「たま」駅長がクリスマス仕様の赤い衣装で休日出勤したり、赤い服を着たペンギンがヨチヨチ歩きをしたりと、そりゃもう日本列島大騒ぎ、クリスマス一色です:star1.0:

その他もろもろ。リンク先のみ以下記

【AFP】サンタクロースの自宅はキルギス、プレゼント配達スピードは34マイクロ秒

サイトから点けたり消したりできるクリスマスのイルミネーション

田園地帯に10万球輝く(伊勢新聞)

田んぼにイルミネーション 安来市伯太町有志(日本海新聞)

冬の夜彩る幻想世界 糸満市西崎の上原さん宅(琉球新報)

イルミネーション:出雲の高畑さん宅、今年も点灯 被災地や紛争地支援募金も(毎日新聞島根版)

…んなわけで世界の皆さん、メリークリスマス:heart:

■関連記事:
イルミネーションでつながった地域のきずなと、要塞の街
超絶的クリスマスイルミネーション in 北テキサス
(サンタを)信じる者は救われる?
渋谷のクリスマスイルミネーション vol.3
渋谷のクリスマスイルミネーション vol.2
渋谷のクリスマスイルミネーション vol.1

⇒この記事をふくむカテゴリー [ fratdrive日記 ] もどうぞ。
at 18:38:38 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/diary/item_1083.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

新年を祝う意味を改めて考えた。 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
「空気を読んで笑うな!」(悪夢ちゃん) - [ f ]ふらっとどらいぶログ
スーパーな庶民に凡庸なエリートがぶら下がる奇妙な国ニッポン - [ f ]ふらっとどらいぶログ
蹴散らして前へ! - [ f ]ふらっとどらいぶログ
昼寝するメダカ - [ f ]ふらっとどらいぶログ