| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

[ f ]ふらっとどらいぶログ -> fratdrive日記 (新着順一覧)

2008年10月20日

選択の自由が人を不幸にするという主張

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : fratdrive日記 ]

「「選択の自由」という考え方がいかに人を不幸にしているか」(週刊東洋経済2008.10.25)という記事がちょっと面白かった。内容は、東京大学東洋文化研究所准教授・安冨歩氏のインタビュー記事。一部抜粋。
選択肢は多いほどいい──。「選択の自由」を重んじる市場経済。だが『生きるための経済学』(日本放送出版会)の著者・安冨歩氏は「選択の自由」こそが現代社会の生きづらさにつながっていると指摘する。
──「選択の自由」という概念を否定されているのはなぜですか。
選択肢それ自体が悪いのではありません。「選択肢は多いほうがいい」「最良の選択肢を選ばなくてはいけない」といった考えがいかに人を不幸にしているか、その破壊性を問題にしているのです。そもそも、最もよい結果を出す選択肢を選ぶことは無理です。ですから、いくら選択の自由があっても、幸福を保証してはくれません。
で、安冨氏は50種類の商品を選択する組み合わせが1125兆組にも上ると例を示したうえで、「消費に限らず現実社会で最適・合理的な選択肢を選ぶのは無理。それなのに選んだことに対し、「自己責任」と言われても困ります」という。で、現在の市場経済に蔓延する計画制御的な発想ではなく、「創発」を促すことが大事であるとし、フィードバックの重要性を説いているのだがこのあたりは正直いってよくわからない:|

記事は最後に、「現代社会は、勝手に描いた理想と現実のギャップに悩み、起きてもいない問題に翻弄されている。そうではなく、問題が起きたら隠蔽せずに問題と向き合ってフィードバックしていけばいい。そうすれば、人間が本来持つ力によって、どんな困難な問題も乗り越えていけるはずです」と結んでいる。

…よくわからない部分がキモのようなので、よく読んで僕なりに解釈してみると、ざっとこうなる。

予測をしたり計画を立てたりしない。先のことはわからない、で片付ける:lol:
したがって評価もしない。ぶっちゃけ、なるようになる:hahaha:
ただ、出来事を注意深く観察して欠点を指摘する。過去の教訓には素直に反省する:cry:
あとは勘に頼って個々の潜在能力を引き出す。ひらめきだけで突っ走れ:mrgreen:
…で、いいのか?
[ 記事全文 ]

2008年10月20日

浦和レッズ再建計画

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : fratdrive日記 ]

最近スタジアムに行ってないのでよくわからないのですが、レッズ、メタボ化してないですか?

サポーターの応援に疑問を感じます。
以前は試合内容に即してたと思うんですが、いまの応援はどうも腑に落ちない。

まあ、コレなんですけど。

いまのレッズが駄目なのは、もしかしてサポーターが原因なんじゃないかなあ。ほんらいは試合が主で応援が従なのに、応援が主で試合が従になってて、試合を見てないんじゃないかなあ。大観衆に囲まれてるのに無観客試合と同じでは、選手もやる気を喪失するんじゃないかなあ。

※主従を考えること自体がおかしいというご意見もあるかと思いますが、わかりやすく表現したかっただけで他意はありません。

営業的にメタボ体質になってて、それがレッズの足かせになってるんじゃないかなあ。

で、メタボ脱却のために、金のかかるスター選手を放出したらどうでしょう。彼らなら、レッズ以外にも活躍の場はいくらでもあるでしょう。スター選手がいなくなればサポーターも減るかもしれませんが、減ったサポーターはすなわちバブル部分。残ったコアなサポーターとの間で密接かつ良好な関係をチームは再構築すれば良いと思います。

強豪クラブではなくなるかもしれませんが、別にそんなことどうでもいいです。僕らの浦和レッズであり続けてくれることのほうが、少なくとも僕にとってはずっと大事です。

…ま、一サポーター(というより岡野サポーター?)の戯言です。
[ 記事全文 ]

2008年10月12日

男の手抜き料理、鶏から揚げ丼

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : fratdrive日記 ]


山田うどんのメニューに「鶏から揚げ丼」を見つけたのがそもそもの発端。カツ丼の作り方を見ながらトンカツの代わりに冷凍唐揚でやってみたら超簡単。しかもけっこううまい、おまけに安い。

これは発見!と思ったら、「唐揚丼 OR から揚げ丼」でぐぐるといっぱい出てくるのね。なあんだ。

もうひとつ、から揚げを使ったメニューとして、「唐揚おにぎり」もあります。これも「唐揚おにぎり OR から揚げおにぎり」でいっぱい出てきますが、から揚げというおかずが内蔵されているのでこれだけで食事が済んでしまうという非常に手間いらずのおにぎりです。育ち盛りの子どもがいるご家庭とかでどうぞ。

どうしようもないわたしが歩いてゐる(種田山頭火)

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : fratdrive日記 ]

山頭火といえばラーメンのチェーン店を思い浮かべる人が多いでしょう。ぼくも美瑛店で初めて食べて「うまい!」:-Pと感じ、原宿店で食べて「まずい!」=:[と感じ、暖簾分け店(?)で食べて「…」:-(と感じ。カップラーメンはおいしかったんだけど気がついたらレトルトがなくなっててショック:*o*:

で、自由律俳句の俳人、種田山頭火。あることがきっかけで興味を持ち、先日、ちくま文庫の『山頭火句集』を買って読んでいます。

いちばん気に入っているのがコレ。

どうしようもないわたしが歩いてゐる

実際、種田山頭火って、どうしようもないひとだったようです。
昭和9年5月22日の日記には次のように書いている。
「煩悩執着を放下することが修行の目的である、しかも修行しつつ、煩悩執着を放下してしまうことが、惜しいやうな未練を感ずるのが人情である、言ひ換えると、煩悩執着が無くなってしまへば、生活─人生─人間そのものが無くなってしまうやうに感じて、放下したいやうな、したくないやうな弱い気を起こすのである。」
山頭火にとって煩悩執着は人一倍つよく、放下に及ぶまでには至らなかったようである。ために行乞途上においても人間味たっぷりで、ときには世間的にひんしゅくを買う愚行をしでかした。無銭で大酒を飲んだり、果ては女を買うこともあったから評判は悪い。これは僧侶の身にあってはならぬこと。破戒だ、破戒だ、とみずからも慙愧にたえず後悔する。が、大真面目な持戒の生活は長続きせず、いわば自戒、破戒、懺悔、自戒へと繰り返すサイクルの中で、山頭火の俳句は生まれていったともいえる。
〜『山頭火句集』解説(村上護)
でも、この「どうしようもない」山頭火が残したものというか、伝えたものというか、それを考えると、どうしようもない人間にも意味や価値があるということになる。とすると、じゃオレもワタシもどうしようもないままでいっか、と現状肯定的な気分になったりするのだけど、それは良し悪しだなあと思ったり。

ほかに、彼のこんな句がぼくは好きです:heart:

この旅、果もない旅のつくつくぼうし

まっすぐな道でさみしい

こほろぎに鳴かれてばかり

涸れきった川を渡る

分け入れば水音

すべってころんで山がひっそり

あの雲がおとした雨にぬれてゐる

こんなにうまい水があふれてゐる

酔うてこほろぎと寝てゐたよ

孤独な旅の情景と心情が浮かんできます。ときにユーモラスなのも好きです。
なんでも、自由律というのは短ければ短いほど、いいんだそうで。ではぼくも一句。秋になってもつい先日までセミが鳴いていましたが、それを詠んでみました。

きょうもまだセミの鳴く夕暮れ
(作:2008-09-08)

…まだまだまだまだ、ですね:ase:


[ 記事全文 ]

2008年09月21日

フットバッグ(動画)

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : fratdrive日記 ]



きのう家族でスポーツデポ行って、サッカーコーナーでふと購入したフットバッグ(Foot Bag)、390円。「お手玉感覚のリフティングボール」とあったのでサッカーのリフティング練習用かと思い、これなら室内でやってても物を壊すこともなく安全、最近サッカースクールに通い始めた子どもの練習用&ぼくの息抜き用に買ったんだけど、ぐぐってみてびっくり。こんな奥深いものだったとは。

2008年09月17日

温暖化防止へ肉食減らして IPCC議長が提言 - 神戸新聞(9/8)

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : fratdrive日記 ]

エコの名のもとにマイバッグやマイ箸は流行るけど、これは無理だろうな。儲からないからなあ。
 【ロンドン8日共同】7日付の英日曜紙オブザーバーによると、昨年ノーベル平和賞を受賞した「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」のラジェンドラ・パチャウリ議長が、地球温暖化防止のためには畜産業から発生する温室効果ガスの削減が重要で、世界の人々が「(1週間に)1度は肉を食べないようにし、消費量を減少させるべきだ」などと語った。
 食肉生産の過程で発生する温室効果ガスは、人間の活動に起因する世界の排出量全体の約2割に及ぶ。同紙によると、パチャウリ氏は「食習慣の変革」は自動車など交通手段の省エネ化と比べて実行が比較的容易で、温室効果ガスの削減にも即効性があると主張した。
 パチャウリ氏はインド出身で、厳格な菜食主義者。

パソコンの上の猫の写真12枚 - らばQ

2008年09月11日

「ゴンゾウ」続編希望!

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : fratdrive日記 ]

テレ朝担当者向けに書いています。

ゴンゾウ、きょう最終回で寂しい。
いまOAのドラマでいちばん面白かった。
(初回は「?」だったけど)
このクールはオープニングとして、続編を希望します。

手慣れたドラマ、キャスティングだけのドラマ、プロットだけのドラマ…とかもいいけど、訴えたいメッセージのある、制作者の息づかいが感じられるようなドラマは、いいと思う。

ドラマに限らないけど。

2008年09月02日

インターネットは「無邪気で破壊的な一見さんを増殖させるツール」なのか。

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : fratdrive日記 ]


川遊び
Originally uploaded by Kanko*
「清流ファシズム」というテーマを考えていたら、こんなニュースが。
清流遊び 目立つマナーの悪さ - 2008年8月16日 読売新聞滋賀版(※リンク先はGoogleキャッシュ)
 比叡山から琵琶湖に注ぐ大宮川。ふもとのケーブル駅近くにある日吉大社の境内を流れ、地元の人や下流の寺院が今も、生活・農業用に取水しているという。暮らしの中に息づく昔ながらの清流だ。
 ところが、近年、インターネットのブログなどを通じて知られるようになり、県内外から水遊びに訪れる人が増えた。込み合う琵琶湖畔に比べて穴場とみえ、涼しい木陰で、水着で川に入ったり、スイカ割りをしたり、犬を連れて来たり、ごみをそのまま放置したり。
 なかには、水を引き入れるために並べた石を勝手に動かす人もいる。サワガニを捕るつもりらしいが、「一番困る」という。見つけた下流の寺院の人らが元通りに直している。
 日吉大社の関係者がマナーを注意しても「川は県の管理のはず。なんでお宮が注意するのか」と“逆ギレ”されることも。地元の人は「遊ばせてください」と断ってくるが、ほとんどの人は脇道から、無断で入る。
 「下流の迷惑になるし、あくまで神社の境内ということを忘れないでほしい」。約15年勤める受付の女性(63)は訴える。
 息子2人と川遊びに来た帰省中の主婦(37)は「来る人のマナーが悪くなったとは聞いていたが」と渋い表情。すぐそばでは、別の女の子が水着で……。
 遠くから来た行楽客は、地元の人たちが〈生活の川〉として大宮川を利用しているのを知らないだけで、悪意はないのだろう。
 ただ、大宮川は地元の人たちみんなのもの。一人ひとりがもう少し配慮して、誰もが楽しめる空間になれば。そう願う。
おっしゃる通り、悪意はないのでしょうけど、そういう問題かなあ。たぶんそこは、「知る人ぞ知る隠れスポット」なのでしょう。これまで地元の人しか知らなかったがゆえに暗黙のルールが成立していた場所が、ネットという飛び道具で不特定多数に知られるようになり、無邪気な消費者がイナゴのように荒らしにくる。あるいは下手すると彼らはケータイという武器を持ってるから、その場から「いいとこあるよ〜おいでよ〜」なんて集客かけたりすれば、ますます荒らされる。

同様の事例は枚挙にいとまがないだろう。たとえばココ。甥っ子が近所に住んでて、うちの子も小さい頃はずいぶんお世話になった。もともとは地元の子たちが遊ぶ小さな川だったんだけど、どうも年々人が増えた。地元の子が育つ→学校や職場の仲間を連れてはるばるやってくる、というパターンなのかもしれないけど、若者グループとかが何台もの車で大挙してやってきては、狭い河原にでかいタープを張り、盛大にバーベキューをやったりするようになりました。…つい先日も「場所を教えていただけませんか」と問い合わせがありましたが断った。

彼らの無邪気さはたとえば、若い男が銛(モリ)を持ってきてそれで魚を獲ろうとするところにもあらわれる(←じっさい数年前に目の前で見た)。たぶん、同行した若い女にいいとこ見せたかったのだと思うが勘違い。ここには銛で獲るような魚はいない(たぶん)。小魚ばかりだ(たぶん)。釣り糸だって危なくって迷惑なのに、小さな子供が遊ぶ川で銛はないだろう。しかし彼はきっと子ども時代に川遊びの原体験を持っていないので、「川=銛」と短絡的に考え、ひとりテンションがあがってしまったのだろう。いったいどういう場面を妄想してあんなの買ってしまったのか、想像するだけで笑える。

基本ルールを知らない無邪気な消費者がリアルな清流に来ると迷惑なので、バーチャルに閉じこもってていただきたいのである。

また、これはネット全体というよりmixiでよく見られることかもしれないが、地元しか知らない穴場情報を不特定多数に露出させるのはやめていただきたいのである。ホタルの生息地とかさ。善意の書き込みが悲しい結果を招くこともあるのだという想像力を持って、楽しいネットライフを送っていただきたいのである。

さらに、「こんな素敵なお店を見つけました」とかブログで紹介することが、ほめてるんだしお店の宣伝にもなるからいいじゃんと思っているかもしれないが、迷惑をしているお店もあるのだということを知っていただきたいのである。客が増えることはお店にとって必ずしもメリットばかりとは限らないのである。いっときばかりの一見さんがイナゴのように怒涛にやってこられると、お店ばかりか常連客も迷惑するのである。あんたらはお店の継続的繁栄などどうでもよくてあちこちつまみ食いをしてれば満足かもしれないけど、常連客にとってはお店がずっとそこにあることが何より大事で、そのために足しげく通って少しでも売り上げに貢献していつまでもおじさんおばさん元気でねと願っているのだから荒らしに来ないでいただきたいのである。

結局のところインターネットが「無邪気で破壊的な一見さんを増殖させるツール」として機能してしまうのはある意味でしょうがないけど、でも、そこんところどうにかならないかとも思ってしまうのである。ちなみにぼくはこのブログ、このサイトは常連さん向けにせっせと運営しているのでありまして、どうか今後もごひいきによろしくお願いいたします。

[ 記事全文 ]

2008年09月01日

人命軽視の地上波デジタル

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : fratdrive日記 ]


津波警報
Originally uploaded by iogi
防災の日ということで。

盆に実家に帰省したときのこと。実家には2台のテレビがある。台所の1台はアナログ、居間の1台はデジタルで、台所にいるとこの2台を同時に見ることができる。
で、同じ番組を見てると、タイムラグがある。測ってみると1秒以上もの時間差があることがわかった。

これはまずい。決定的にまずい。
調べてみるとすでに一部で指摘されている問題なのだけど、なぜこれが大々的に伝えられないのだろう。
地デジのタイムラグは緊急地震速報で致命的だ - ダイヤモンド・オンライン
[ link ]
緊急地震速報もだけど、津波警報も大事。以前、災害報道をテーマにした番組で過去の事例を調べたことがあったんだけど、1秒の差が生死を分けることもあったのでは?津波が来る、知ったら一刻でも早く高台に逃げる、そのアクションが1秒早ければ、襲いかかる津波に呑まれずに済んだ命があったのでは。…詳しくは忘れましたが。

地上波デジタルは人命軽視です。国を挙げて、被災者を切り捨てようとしています。いま口をつぐんでても、いずれ問題は顕在化する。人の命が失われてから、口をつぐんだ責任が問われます。

これを伝えないテレビメディア(報道局)はどうかしてると思う。
[ 記事全文 ]
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |...| 14 | 15 | 16 || Next»